『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

86話 2018年

 86話




「そろそろ、ルートが閉じる。最後にちゃんと言っておく。脅しじゃなく、本当に、もう戻れないぞ? 俺は最高位の神だが、出来ないこともある」


「覚悟は、とっくにできとるよ」


「……本当に、未練は何もないって顔をしてやがる。狂った女だ」


「未練がなんもないって事はないよ。築地で大トロ食べるんは夢の一つやったし、更新待ちの作品は山ほどあったし、転スラのアニメもまだ見てないし。けど、『せやから帰る』とはならん。あたしは今、最高にワクワクしとる」


「なんだ、お前。転スラのアニメすら見ていなかったのか。そこそこの通かと思っていたが、とんだニワカだったな」


「はぁ? 何言うてんの。どんだけの通でも、放送前のアニメは見られへんやん。あたしはただの女子高生で、製作会社勤務ちゃうねんで?」


「……は?」


「え?」


「ぁ……ぁあ、なんだ、二期以降の話をしていたのか。悪いな。『まだボックスを見ていない』という意味かと思ってな。そういえば、第一アルファは、今、西暦何年だ? 流石に、もう、2021年くらいにはなっているか?」


 第一アルファは、他の世界と比べて、時間の進みが異常に遅い。
 他の世界が十年進んでも、第一アルファの時間は二・三日しか進んでいないという事もザラ。


 それ自体は珍しい事ではない。
 第一アルファほど遅いのは確かに流石に珍しいのだが、時間の進み方は、世界ごとにバラバラというのが普通。


 むしろ、ピッタリ同じと言う方が珍しい。


「神様って、全知全能どころか、今が西暦何年かも知らんねやなぁ。まあ、そんな小さい事はどうでもいいって事なんやろうけど」


 シグレは、神の豪気さに一度笑ってから、


「神様、今の地球は、西暦2018年やで。ちなみに、季節は秋な」










「……ぁ?」










「ぇ、なに? どしたん?」


「にせ……じゅうはち……」


「ものすごい顔になってるけど、ほんまにどしたん?」


「ばか……な……」


「な、なにが?」


「時間は……止まらない……前にしか進まない……」


「ぇ、ああ、うん、そうやなぁ。光よりも速く動けたら、時間は戻るらしいけど、それがほんまかは確かめようがないから――」


「光速を超えても時間は戻らねぇ。違う線に飛ぶだけだ。時間は戻らないし、止まらない……ただ、前に……進むのみ……」


「へぇ、そうなんや。マメ知識やな。マメというには、あまりにも壮大すぎる知識やけど」


「俺が飛ばされたのは……」


「ん?」










「2019年の秋だ……」










「……ぇ……えっと……なんの話――飛ばされたって――」








「いくら第一アルファが異質だからって時間が戻ったりはしない。……その事は朝日が証明してくれている。朝日が飛ばされたのは2019年の冬……それより前から召喚されるなんて……ありえない……」




 センは、そこで、シグレの頭をもう一度つかむ。




「ちょっ、また?! なんなん?!」


「黙れ」




 先ほどは、Dアイデンティティに障った『何か』に関してしか注視していなかったため時間の異変には気付けなかった。


 ちなみに言っておくと、オネショの件は覗き見た訳ではなく、ただ、その年頃の恥ずかしい事と言えば、ネションベンぐらいだろうと推測しただけ。


 いちいち、そんな細かい所まで見る理由がない。


 やろうと思えば出来るが、無駄な事をする気はない。
 それがセンのスタンス。




「ウソだろ……ま、マジで……2018年の秋に……召喚されている……」


「そう言うてるやん! てか、もう、ええ加減にしてやぁ」


 言いながら、センの手から逃げるシグレ。


 センは、彼女の行動などシカトして、




「信じられねぇ……どういう……なんで……ま、まさか……」




 そこで、センは、片目を閉じる。
 視線を天に飛ばし、雲の上から、世界全体を見渡す。


 一見すると気付かないが、しかし、深い疑惑の目を向けてみれば、
 至るところで、違和感を覚える。




 この世界は、エックスにしては整い過ぎている。










「まさか……『ココ』は……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く