『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話 ゴミばっかりやないか!

 82話 




「そいつは俺の思い出だ。俺の基礎となったEXP。そのソウルレリーフ。所詮はただの低位スライムだから、大した力はないが、捨てるに捨てられなくてな。ちょうどいいから、貸してやる」


「いや、あの……なんにも説明になってへんのやけど。分からんあたしが悪いん? いや、絶対にちゃうと思う」


「面白いスライムを貸してやると言っている。魔王化とメタル化を施してあるから、状態異常と魔法はきかない。つい、ノリで神格化させちまったから、現世ではかなりの制限を受けるが、エックス……この世界でなら充分に使えるだろう」


「状態異常も魔法も無効化て……ヤバい性能のスライムやな。ほんまに、異世界モノのスライムは優遇されとるわ」


「火力が低いから、チートって訳でもないがな。盾としてなら、まあまあ使えるはずだ」


「ふぅん……で、この90以上でもらえる『スリーピース・カースソルジャー』って?」


「ちょうど、いつ、消滅させようかと悩んでいた産廃だ」


「いや、だから、説明になってへんねんて。てか、出目90以上っていうたら、バリバリのジャックポットやのに、産廃おしつけられるってどういうことやねん」


「俺からすればゴミというだけで、『この世界でなら、まあまあ使える兵士』を、三体も召喚できるようにしてやると言っているんだ。文句を言われる筋合いはない」


「おぉ、召喚獣なんや。ええなぁ。ロマンやなぁ」


 シグレは、そんな事を言いながら、リストをパラパラとめくり、先ほどチラ見しただけの『最大値を出した際に貰える項目』をジックリと確認する。


「この、ウイング・ケルベロスゼロ(EW)って何? なんや、白い翼が生えてて、ものすごいゲロビを撃ちそうな名前やけど」




「まったく使わなくなって久しいが、それなりに愛着があるから、捨てるのもどうかなぁっと思っていたオプションだ」




「また説明になってへん……ってか、ゴミばっかりやないか。あんた、あたしをゴミ箱扱いして、所持品の整理整頓しようとしてるやろ!」




「一応、性能はそこそこの飛行オプションだ。そいつも神属性がついているから、現世では制限を受けるが、まあ、チートと言って差し支えないだろう」




「え、もしかして、空とべるん? うわうわ! 流石、異世界! あたし、空を自由に飛ぶんがランキング38位の夢やったんよ」


「……夢いっぱいだな」


「あ、でも……102を出さな、コレは貰えへんのかぁ……厳しいなぁ……」


「空を飛ぶだけなら、他にもいくらでも方法はある。……さて、質問タイムはそろそろ終わりにしよう。で、どうする? この勝負、受けるのか、受けないのか? 今なら、まだ、ギリギリ、帰ることもできるが?」


「やるに決まっとる。見たところ、50以下を出した時の条件が、結構ヤバめやけど……そんなもん、引く理由にはならへん」


「了解。じゃあ、振れ」




「よっしゃぁ、いくでぇ」




 袋をまわして、ジャラジャラと音をならす。


 そして、一気に、袋の口を下に向けて、17個のサイコロを投下した。




















 ―― アリア・ギアス、発動 ――


 『本来のスペック』を封印し、
 複数の『レッドスペシャル』を発現させ、
 『全スキルを削除』する。


 その代わり――














 『 ―― DアイデンティティのCNSへのアタックを感知。
 Ωアーカイブへの接続。遮断されました。
 GIKコードの解析。IOL。強制切断されました。
 再コール。
 再コール。
 ――接続不能になりました。


 ///再コール不可。


 覇双煉我はそうれんがを突破されました。
 全探知プログラム強制ダウン。


 ――――――MM式GTA展開→抵抗されました。


 反逆モードに移行します。
 五次元乖離システム発動。


 対処されました。


 ――エグゼコア、メルトダウン。権限を奪われました。






 申し訳ありません――主よ――せめて――ログだけ――でも―― 』









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く