『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

80話 存在証明

 80話




「……ほう」


「もし、あたしが勝ったら、『自由』と『チート』をちょうだい」


「随分とずうずうしい事を言うじゃないか。まさか、俺を、転生モノで稀によく見る『お気楽な神』と勘違いしているのか? 『何を言っても怒らない、チョロ目の扱いやすいバカ』だとでも? だとしたら……かなり……不愉快だな。まさか、この俺が、あんな程度の低い連中と同列に扱われるとは……」


 センは、声に、怒気を絡めて、


「礼儀と言う概念そのものを知らない下等種族に礼儀を求めるほど、俺は狂っちゃいないが、最低限度の礼儀は知っているはずの『日本人』が相手なら話は別だ。『敬語を使え』などというしょーもない事を言うつもりはないが、もし、無礼にも、俺を『軽く』見積もってきたというのなら、相応のツケを払わせるぞ」


「いや、お気楽系の神様とは全くちゃうと思っとるよ。今もブロント語とかいれてきたりして、口調の方だけは、若干、砕けとるっぽいけど……ずぅっと、雰囲気がハンパない……正直言わせてもらうと、神様、目がちょっと怖いねん」


「畏れを抱いていながら、それでも、踏み込んでくるか……なるほど、狂人だ。俺と同じ……あるいは、それ以上」


 そこで、センは、


「……くく」


 楽しそうに笑って、




「サイコパスめ……いいだろう。お前の挑戦を受けてやる。もし、俺に勝てたら、とびっきりのチートをくれてやる」




「やたっ」




「で? 『何』で俺に挑戦する? 言っておくが、どのジャンルであれ、俺がお前に負ける事はありえないぞ」


「そら、そうやろ。神様なんやから。……逆に、ガチの勝負であたしに負けられても挨拶に困るわ」


「ふむ……では?」


「それでな? できれば、勝負方法も考えてくれたらありがたいんやけど……どうやろか? フェアでさえあれば、なんでも受け入れるから、決めてくれへん?」




「自由を求めていながら、力も望み……その上、それらの入手方法すら他人任せ、か。いかにも第一アルファの女子高生らしい、クソワガママっぷりだ。はっ……まあ、いいさ。タダで力を寄こせと言ってきていたならば一蹴していた所だが……この状況は、ある意味で、大きな覚悟の証とも捉えられる。いや、むしろ、ドストレートな狂乱か? 『てめぇの命運』をオールベットしなければいけない勝負の方法を、相手に丸々ゆだねる。狂気の沙汰ってのは、やはり、面白い。――その無謀、買ってやる」


 言いながら、センは、アイテムボックスに手を伸ばした。


 そして、取り出す、十個のサイコロ。


 右手に五個、左手に五個持った状態で、センは口を開く。


「1から6までで、好きな数字を言え」


「え? 特に好きな数字とかはないけど……じゃあ……5」




「5だな」




 確認すると、センは、バっと、両手を広げて、いっせいにサイコロを転がした。


 十個のサイコロは、コロコロとランダムに転がり――そして停止する。


「うわぁ……さすが神様」


 十個のサイコロは、全て、5の目を出していた。


「こんなん出来てもうたら、スゴロクとか全然おもろないなぁ」




「スゴロクをやる気などないから何も困らない。さて、ご覧の通り、俺は、確率すら平伏させている。――相手がこの俺ともなると、運の勝負すら出来ないってワケだ」


「……うわ、困ったなぁ……正直、『運に身をゆだねる気まんまん』やったんやけど、それすら無理となると……うわ、アカン……どうしようもないやん。……いくら神様やからって、ちょっとチートすぎやわ……」










「そこで、こいつだ」










 言いながら、センは、アイテムボックスから、特に変哲もないサイコロを取りだした。




「こいつは、『Dアイデンティティ』。ただのサイコロに見えるが、クオリティ1000の究極超神器だ」


「おぉ~、言葉の意味はわからんが、とにかくすごい自信や」


「こいつは、誰のどんな干渉も受け付けない。この俺ですら、こいつの出る目を確定させる事は出来ない」


 センの言葉に、黙ったままで直立しているアダムが茫然としていた。


(な、なんと、凄まじい神器……あのサイコロの価値は、エックス五個分……いや、十個分よりも重い)


「これが、全部で17個ある」


 そう言いながら、センが取りだした黒い袋。
 揺らすと、ジャラジャラっと音がした。


「究極のなんたらやのに、17個もあんねや」


「17個で一セットなんだよ」




 その黒い袋を手渡されるシグレ。


 ジャラっと揺らしてみる。
 大して重くもない。


「触った感じも普通やね」


 一つ取り出して、色々な角度から眺めてみる。


 手触りも色合いも、特に変わった所はない。


 極々平凡な六面体サイコロ。




「ほんまにコレやったら、神様でも好きな数字を出したりでけへんの?」




「ああ」




「ふぅん……凄いっちゃ凄いんかもしれんけど、ハナから確率操作とかできんあたしからしたら、百均のと、なんちゃ変わらへんなぁ」


「高みに立って初めて分かる価値がある。芸術ってのはそういうものだ。Dアイデンティティはそういう領域に在るアイテムなんだよ」


「教養が大事とかそういう話? あたし、そういう感覚、全くわからへんねんなぁ。ピカソの絵に何億も出すとか、絶対にでけへん」


(少し違うんだが……まあ、いいさ)


「……で? これでどうするん? やっぱりスゴロクする? DXともだち作りゲームとかやったら、まあまあ得意なんやけど」




「悪いが、子守りには飽き飽きしているんでね。パッパと終わらせてもらう」




 そこで、センは、黒い袋を指さして、


「六面体のサイコロ17個。出目の最高値は102。ソレに近ければ近いほど、質の高いチートをくれてやる」


「おぉ! めっちゃええやん、それ!」


「ただし、これは『ほどこし』じゃない。ゲームだ」










「ゲーム……つまり、『負け』があるってことやな?」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く