『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

75話 あるある

 
 75話






 『田中時雨』
 中三の冬に両親が亡くなり、超金持ちの伯父に引き取られる。


 シグレの伯父は、
 異質なAIを使った『創作物』の『鑑定サービス』でIT長者になった東大出。


 とある有名なネット小説投稿サイトで実験し、
 『ほとんど読まれていない作品』を対象に、大量かつ極めて細かく、


 『キャラクターの感情値バランスが、リアリティ指数の範囲内である。+15点』


 『クライマックスに向けてのフラグ建築数と伏線量が、
    興奮誘発度の指定ボーダーに達していない。-57点』


 などと高速オート採点した上で、自分のサイト上に、


 『本当に面白いランキング』として発表したところ、


 反論・反感も多かったが、それ以上に、
 『確かに、これが本当のランキングだ』という声が大きく、
 彼のシステムは、一気に注目を集めた。


 今では、ハリウッドの脚本精査でも、そのシステムが採用されており、
 彼の総資産は異常な域に達している。




 シグレの伯父は、潔癖症の完全自己完結型人間。
 シグレに対しての興味は、道端の石コロとピッタリ同列。


 シグレの伯父は、その人生において、『己』以外を一切必要としていない。


 ――自分さえいれば、世界は完成する。
 そういう人間。


 『一応は弟のガキだ。大学でるまでの金は出してやる。しかし、それ以降は関わってくるな。俺の家にもくるな。面倒事は全部自分でなんとかして勝手に生きろ。来年から高一なら余裕だろ。俺は中一の時から自立していたぞ。俺と同じ事をしろとは言わんから、俺の邪魔だけはするな』




 ※




「――なるほどな。ココではないドコかに行きたがっていた理由は分かった。しかし、お前の容姿で、ハブられるものか? AAA+の容姿など、そうそういないぞ」


「え、えへへ、そんな褒めても、なんちゃ出ぇへんで?」


「何もいらんから、さっさと答えろ」


「あ、はい……えと……あんまり言いたナイんやけど、あたしのクラスでイジメがあってなぁ……対象は、あたしやなくて、気の弱い感じの男子やって……なんか、クラス全体が、『その人をイジメな、空気が読めてない』みたいな妙な雰囲気になってなぁ」


「ふむ、まあ、人間関係あるあるだな。第一アルファだけではなく、どの世界でも起こっている当たり前の日常風景だ。それで?」




「……さすが、神様。達観しとるなぁ……」


 センの言葉を受けて、シグレは、一瞬、何か言いたげな顔を浮かべてみせたが、
 かるい皮肉をはさむだけで、


「ぇと、ほんでな。あたし、イヤやってん。イジメに参加するんが、どうしても。……あ、正義ぶっとるんやないで? そこは間違ぇられたらイヤやからな? その男子を助けたかったとか、そんなんは一切ないから。ただ、その男子を攻撃しとる『周りの連中全員』がものすご汚いモンに見えて……そんで、なんていうか……ほんま単純に、本気でイヤやと思ったんや。あいつらと一緒の汚いモンになるんは、絶対にイヤやった……そんだけ」


 そこで、シグレは肩を落とした。


「誰かて、便器に手をつっこむんはイヤやろ? クソにまみれたくないやろ? それが好きなヤツかておるかも知らへんけど、あたしはそうやない。あたしは、あいつらみたいなスカトロ趣味やないねん!」


 ヒートアップしてきた彼女を黙って見ているセン。


(なるほどな、だいたい分かった。……『そういう感情』は、隠そうとしても『表』に出てしまう。そして、『その手の連中』は、『そういう感情』に対して酷く敏感だ)


 シグレの身に何が起こったか、容易に想像できた。
 センは黙ってシグレを見ている。


「二カ月くらい経って、その男子は学校をやめて……なんか、その男子の親が騒いだかなんかで、学校で結構な問題になって……はは、騒いだって言い方もおかしいやんな。自分の子供が甚振られてたんやから、声を荒げるんは当たり前やで。けど、なんやろ……教師とかも、影では『モンペは面倒』とかなんとか言うとって、クラスの連中は、『俺らを悪者にしやがって』とか、本気の顔で言うとって……」




「教科書のような『あるある』だな。で?」




「で、次は、自動的にあたし、みたいな感じになって、でも、学校側も流石に、短期間で二回も揉めるんはイヤやったみたいで、頻繁に、朝礼とかで『そういうメンドーな事をしたら対処する』とか言うてきたり、『単位』とか『退学・停学』とかチラつかせてきたり……で、結果、『あたしの事は、やんわりシカト』……みたいな。たまに、後ろから、聞こえるようにコソコソっと、ムカつく陰口を言われてイラっとするくらいで……別に、さほどの実害とかはなくて……」


「実害がない状態とは言えないが、まあ、それもあるあるだな。テンプレともいう」




 ――そこで、


 シグレはグイっと奥歯を噛んだ。
 先ほどまでは、若干伏し目がちだったが、スっと顎を上げて、センを睨みつける。
 その目は、少し充血していて、




「……さっきから、なんなん? あるある、あるあるって、バカの一つ覚えみたいに。ついにはテンプレ? ……はぁ?」










 その怒気に、空気がピリつく。
 存在値は吹けば飛ぶほどのゴミなのに、その威圧感には、確かな重量があった。




(いい圧力だ……同級生の男子なら、震えて動けなくなるだろう)


 センは、シグレの顔を見て、心の中でボソっとそう呟いた。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く