『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

73話 返品は勘弁して









 73話




「あの、神様、どしたん? 急にジっと見てきて」


「……なんでだ……」


「はい?」


「第一アルファ人なのに……どうして……」


「だいいちある……ん?」


「お前が生まれた世界の事だ。第一アルファで生まれた者は例外なく優秀なはず。なのに……お前は……」


「もしかして、今、あたし、鑑定的な事されてたん? で、まさか、あたし、めっちゃショボかったとか?」


「……ああ」


「は、はは……そっかぁ……あぁ…………いま、『まさか』とか驚いてみせたけど、ホンマは、やっぱりなぁっと思っててん。あたし、勉強もスポーツも何もできへんかったから。高校だけは頑張って、メッチャええとこ行ったけど、一年の前期でついていかれへんようになったし……スポーツに関しては、バスケットボールでもバレーボールでもドッジボールでも、取り合いのジャンケンで最後まで残らんかった事がないし」




(……『高校受験まではどうにかなっても、そこから先で躓く』……そいつはまさしく、『努力はできるが、根本的に頭の出来がお粗末なヤツ』の典型。そして、飛びぬけて低い基礎体力と、空間把握能力の欠如)


 情報を精査して、結論を導き出す。


(……間違いなく極上品……最低でもS級……いや、ほぼ間違いなくSS級以上のスキルを持つ特級の逸材のはず……だというのに……)




 『朝日』も、第一アルファでは何もできないダメ人間だった。


 何をやらせてもドンくさいバカなガキ。


 ――だからこそ、第一ベータの天帝となれた。




(……ワケが分からない。なぜ、第一アルファ人なのに、ここまでショボい? このステータスは、マイナスエックス級だぞ。――そして、なぜ、こいつは、サードアイすら使えないのに、俺の深層が見えていてる? ……ダメだ、どの知識の層に当てはめてみても、答えが出ない。……究極超神になって以降、はじめてだぜ。こんな、なにひとつ、わからないなんていう、ふざけた状況は)




「あの……もしかして、あたし、返品とかされるんかな?」


「……はぁ?」


 急に訳のわからない事を言い出すシグレ。
 センが先をうながすと、おずおずと、


「ここまでの流れから察するに、多分やけど、神様、『あたし』を選んだ訳やなくて、『テキトーに日本人を呼んだらあたしやった』って感じなんちゃう?」


(別に、アルファ人を呼ぼうとした訳でもないんだが、論点はそこじゃないし、黙っておくか……)


「日本人を呼んだ目的はわからへん。お決まりの『魔王を倒してこい』なんか、それ以外の理由なんか、よう分からへんけど……あの……」


 シグレは、決意のこもった視線を向けてきて、


「あたし、結構、頑張るつもりでおるんや。せやから、返品は勘弁してほしいねんけど」


「……頑張るつもりって……こんな状態で、よく、それだけ、『己』に対して無責任な発言ができるな。お前の現状は、『知らん世界にいきなり飛ばされた』という超異常事態なんだぞ。頭。どうなってんだ」


「待っとったから……『この場所』やないドコかに行きたいって……それで、どうせやったら、異世界に行きいなぁとか、割かし……いや、本気で思ってて……だから――」


「はっ……なるほどな。ようするに、ラノベ脳の家出願望者……すくえねぇ」


「んー、ちょっとちゃうかなぁ。ネット小説はアホほど読んでるから、ラノベ脳っていうのは否定せんけど……あたし、一人暮らしやったから、家を出たいとかは、まったく思ってなかってん」


(高校生で一人暮らし? ……まあ、別にありえないという訳ではないが……)


「ぁ、えっと、神様やったら、別に言わんでも、あたしの事情とかも、見たら分かるんかな?」


「頭を触れば過去くらいは分かる。見てほしいなら見てやるぞ。ただし、その場合は、あますことなく全部見ることになるが」




「ぇ、えぇ、ぇと、それはイヤやなぁ」




「じゃあ、かいつまんで自己紹介しろ。三十秒以内な、はい、スタート」




「あ、えっと、じゃあ……田中時雨です。親が去年、二人とも事故で死んじゃって、で、父方の伯父さんに引き取られて……『金は出してやるから勝手に生きろ』って言われて、だから、一人暮らししてます。学校では……ハブられてます……ご清聴ありがとうございました」










(……おもいのほか、クールな自己紹介だったな)




 センは、ポリポリと頭をかきながら、心の中でそうつぶやいた。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く