『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

68話 『天国』

 68話。『天国』


 聖霊国フーマーの上空には、
 『他国の者で、その存在を知る者は一人もいない大国』が浮かんでいる。






 『天国』






 フーマーの『十なる使途』に神託を与えている、『大いなる主』が統べし、
 何もかもが逸脱した国。




 それは、『フーマーの神都』のちょうど真上に、
 完全不可視化状態で浮かび続けている、




 ――『絶対神』が座する国。










「楽しい事が起こりそうね」








 ――ここ、『アクロマギア神殿』内に存在する異空間、蒼天回廊の最奥で、
 笠木が天を貫いている、おそろしく巨大な、神希石の神座に座り、
 優雅に足を組んで、片目を閉じている超越者がいた。


 翡翠の目で魔王国を観察する絶対神。




「とても、とても静かな反応。けれど、その奥でたゆたう、深いオーラ。とても、とても深い音色……ここからでは、見通せない……」




 綿毛のように柔らかなミディアムの蒼い髪。
 華に愛された天姿世色。


 きめ細やかな肌、清楚で柔和な気質、楚々と整った顔立ち。




 一見、儚げな印象を与えながらも、
 同時に、
 何者も近づけさせない、逸した気高さを感じさせる。




 身にまとう『世界で最も美しいあおで編んだ羽衣』は、
 唯一無二の神を飾るに相応しい至高の神器。


 露出は多いが、その耐久値は破格で、
 付与されている『魔法吸収』は、どんな魔法を受けようと、容易く分解し呑み込んで、
 主を飾る宝石の一つへと変えてしまう、まさしく神代の神衣。




「あれはラムドではない。どこで『代わった』のか分からぬが……あの研ぎ澄まされた静寂は、この世界の者に奏でられる『音』ではない。あの瑞々しくも陰のある、特異な耀き……その力……あるいは、五神にも匹敵するやもしれぬな」


 その発言を耳にして、神座の右斜め前で直立している、トーガを纏った美青年が、


「はは」


 と、反射的に声を漏らした。


「失礼しました、禁裏きんり様」


 『禁裏』は名前ではなく、
 『天帝(最高神)』を呼ぶ時にしか許されない、深き愛と敬意を表す言葉。




 『絶対神』の名前など、おそれおおすぎて、とてもじゃないが口になどできない。




「よい」


 翡翠の目をした美女――全てを超越した『絶対神』は、
 フワっと柔らかく、耀きを放ちながら微笑み、


ちんは、そなたの全てを許したい」




 聞く者全員の魂を震わせる声でそう言った。




「感謝します」


 主に劣らず見目麗しい美青年は、臣下の礼を取り、そう言った。


 その体幹は、どんな時であろうと、ブレる事はない。
 強く、たくましい、鋼のような肢体。


 数秒後、顔をあげると、その美青年は、続けて、


「禁裏様、僭越ながら申し上げます。絶対神の『真なる加護』を賜った我ら『五神』と同格の者など存在するはずがございません。主を守る剣たる『我々』の存在値は、事実、数多の神々をも超越した果てなき領域にございます」










 ――遥かなる太古、五百万年よりも遠い昔々(むかしむかし)、
 この世界では、多くの『神』を騙る者が、『天』に城を作った。


 切磋琢磨。


 神々は、真なる唯一最高神を目指して、より強大な城を作ろうと邁進した。


 いつしか『天』は神の城で覆い尽くされ、
 ついには、空域という、有限なる資源の奪い合いに発展した。




 神々の争いによるいかずちの余波は、
 地上を這いずる虫けら共をことごとく死滅させた。










 『奇跡の再生(78回目)』を受けた、
 ――『今』――の人類に、


 この神話を知る者は一人もいない。










「ナルキナジード。確かに、あなた達は、皆、超越した領域に座する者。ちんには劣るというだけで、それぞれが、世界の主神になれる器」




「主神に相応しきは、禁裏様のみ。森羅万象の掌握者にして、天を照らす美しき華」


 神の右に立っていた美青年『ナルキナジード』は、
 神の前に下がる三段の階段を下りて、優雅に片足をつく。
 平伏。


 瀟洒で完全なる従者の姿。




「――『我々』は、ただの、主を飾る宝石の一つ」




 呼応するように、残りの五神が、わずかも音をたてず、ナルキナジードの背後に出現し、
 恭しく、片膝をついて頭を下げる。


 ナルキナジードが言う。


「大いなる、我が主よ、御命令を。主が望む全てを、我々の全霊をもって、必ずしや御前に」










「……二名。地上に降り、かの者に試練を。決して、壊してはならぬ。かの者は……六番目の従属神になれる可能性を秘めた器やもしれぬ。オーダーは、――『極めて慎重に、されど少しくらいは大胆に』――以上」










「仰せのままに」




 言ってから、ナルキナジードは、ゆっくりと立ち上がり、


「傾聴。……『ダーキニィ・パラフューム』、『ホルスド・ガオン』。貴様ら二柱に、神託が下った。この上なく尊い森羅万象の主、唯一絶対神の御威光に触れる許可を与える。両者とも、神前の礼を尽し、大いなる主の光輝く美しき御尊顔を拝見せよ」










 指名された二名は、優雅に立ちあがり、『大いなる主』の目を見つめる。










「頼んだわよ。ダーキニィ、ホルスド」










「「無上の至福。全て、大いなる天が望むままに」」








 神が二柱、地上に降り立った。


 世界は、まだ、その事実を知らない。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く