『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

66話 精霊国フーマー

 66話 聖霊国フーマー




 聖霊国フーマー。
 ――神都『安楽の地』に位置する、七層構造の『偉大なる主の円環』に守られた巨大城、『ゼラグルルオン』。


 『世界の全て』を意味するその城の、
 物理的にも権威的にも最高所にある、『天に最も近い場所』で、




 頭に天使のリングを浮かべ、白い翼を生やした十人の使徒が、
 叡智で磨かれたような円卓を囲んで話し合っていた。




「エネルギー反応、ミッシング。チリ一つ残さずに消えた。魂魄の完全なる消失……間違いなく、勇者は死んだ」




 ちなみに、そのリングと翼は、彼らが『神』だと信じている『強大な者』から賜った宝。




 そのリングは、『天国の加護』が届く範囲内(安楽の地周辺)でしか使えないが、
 『レベルアップ、ランク20(十分間、レベルが200上昇する)』という、
 途方もない魔法が使えるようになる神器。
 クオリティは驚愕の32。
 この世界で最も尊い宝。




 その翼は、『天国の加護』が届く範囲内でしか使えないが、
 『瞬間移動、ランク10』という、途方もない魔法が使える神器。
 クオリティは驚愕の15。
 この世界で二番目に尊い宝。




「……ふむ、ん。魔王国に被害は?」


「ない。低位の魔物衆には、多少の損壊が見られたようだが、上位陣には何も被害はない」


「ちっ。サリエリを殺せなかったのか……あのクズ勇者、本当にクソの役にも立たないな」


「サリエリなど、どうでもいい。問題はラムドだ。勇者を撃退するとは……本当に、ラムドの力は素晴らしい。まだまだ発展途上というのが何よりも魅力的だ」




「どうでもいいとはなんだ! やつは堕天使だぞ」




「うるさいぞ、コーレン。そういう二つ名というだけだろう。サリエリは、ただのバードマンだ」


「そのような、不敬な二つ名を持つ者を、貴様らは許しておけるのか! 主に使えし美しき翼、我ら『天使』が、堕ちる事などありえない!」




(ピーチクパーチクとやかましいヤツだ。……クソ鬱陶しい狂信者。細かい事をイチイチ、ネチネチ)


(……何が天使だ、恥ずかしい。われわれは、ただ、神から究極の魔道具を賜っただけの人間だ)


(この前は、セファイルの宮殿について、ゴチャゴチャぬかしていたな。小物の見栄くらい、笑って見逃せばよいものを……)










 聖霊国は、この世界で唯一の『万年国』。
 遥か太古から存在し、『戦争』には関わらない事を宣言し遵守している国。






 その最高位国家の上位十名が、ここにいる『十なる使徒』。




 この世界における『表』の支配者だと自覚している十人。




 そんな彼らが注目している異端な存在。
 それが、ラムド。


 魔王国の心臓。
 この世界において数少ない、『大いなる主から選ばれる可能性』を持った者。




 魔王リーンなど、ただの飾り。
 もちろん、あれの求心性やカリスマは侮れないが、あまりにも思想がバカすぎる。




「話を戻してもいいかな、コーレン」


 今、ここで最も重要な話題はラムドに対する今後の対応。




 イカれた狂信者なだけで、決して愚か者ではないコーレンは、
 不満そうな顔を、ちっとも隠そうとはしないものの、しかし、ムっと口を閉じた。






 ――魔王国の宰相、ラムド・セノワール。
 ランク7の召喚術が使える上位アンデッド。


 『不死』というチート属性を持ち、『高位の知性』を有する、最高位の力を持ったバケモノ。










「天にまします『大いなる主』の試練を突破したラムドを、私は心から称賛したいと思う」


 それまで黙っていた第六使徒のパサイルが、ゆっくりと口を開く。


「……ああ、もちろん、『今後、この円卓にモンスターが座する』という事実に対して、やはり、『個人的』には、いささか以上の思う所を抱えてしまう……」


 『が、しかし!』と、強く接続詞を続けて、


「ラムドが、我々と同じく、『大いなる主』から恩恵を賜り、『使徒』となる事に、『使徒としての責を背負った私』としては、『正式』な祝辞を贈りたいと思っている。みなはどうかな?」


 そこで、みんなの嫌われ者コーレンが、


「ありえん! モンスターが、この場に座すると思うだけで身の毛がよだつ!」


 声を荒く言い切ってから、


「だが、私の感情など関係ない。すべては、天にまします主がお決めになられる事。祝辞などは贈らないが、選ばれし使徒として、迎え入れはするさ。イヤイヤな!」


「私も同意見だな。魔物と友好的な関係を結ぶ事は難しい。しかし、主の言う事は絶対だ。ふふ……コーレンと意見がかぶるとは。今夜は龍でも降るのかな?」


 第二使徒のケイレーンが、顔をクシャっとさせながらそう言うと、その場に、上品な笑い声が響いた。




 コーレンは、ムスっとするだけで反論はしない。
 師であり親同然でもあるケイレーンにだけは、いつだって、頭が上がらない。




「ラムドは、『大いなる主』の試練を乗り越えた。まだ、『大いなる主』からの神託は降りてきていないため、いつ、ラムドが、恩恵を賜るかわからないが」


「……まあ、すぐだろうな。これまでのパターンから推測するに、一カ月後くらいか?」


「だろうな。あまり時間はない。式典の準備は、すぐにでもはじめるべきだろう」


「では、使者は、私の方から出しておこうかな」






「うむ。よろしく、頼むよ。ミハルド」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く