『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 二人旅

 60話






「ぁ……あの……」






 サーバンの姿が見えなくなってから、セイラが、






「ぁたし……わたしぃ……」




 ボロボロと泣きながら、ハルスの腰にしがみついてきて、




「ぁりがとう……ありがっ……た、助けてくれて……ありがとぉ……っ」




「脳がねぇのか、この生物は」




「誰も……今まで……」


「あん?」




「誰も助けてくれなかった……たすけてって……たくさん、さけんだのに……おねえちゃんを……わたしを……だれも……わたし、わたし……」




「言いたい事があるなら、最低限、まとめて喋れ。お前はアレか? 俺を怒らせる選手権、決勝出場者か? 今大会における仕上がり具合についてインタビューできるほど、今の俺に余裕はねぇぞ」




「ありがとう……うぁあああ……あり、がっ……うあぁあああ」




 自分にしがみついて、ワンワンと泣き出したセイラを見下ろして、


 ハルスは、天を仰ぎ、右手で顔を隠し、


「……ドン引きだぜぇ。これから、この莫大な負債を抱えて生きていくのか……あまりの途方のなさに、目眩めまいがとまらねぇ」




「ありっ、がと……うわぁあああああああ―――――っ」


 やかましいセイラの口を、強引に手でふさぐ。
 右手でセイラの後頭部を掴み、左手で、しっかりと口を閉じ込める。


「お前が、俺の殺意を稼ぐ天才だってのは、もう充分わかったから、流石に、もう黙れ」




「――むっ――ぅ」








「今後、お前を守ってやる。共に生き、ありとあらゆる外敵から全力で守ってやる」








「っ!」




 ハルスの言葉に、セイラは顔をカァアアアと真っ赤にして、目をクゥゥっと見開いた。




「いいか、これは契約だ。絶対に守ってやる。だから、頼むから、俺をイラつかせるな。感謝するな、泣くな、わめくな。分かったら、頷け」


 まだポロポロと涙を流しているが、セイラは、コクっと頷いた。


「契約を無視したら、俺はお前の前から消える。いいな? 手を放すぞ。その下水を下回る汚ぇ水が止まっていなかったら、わかっているな?」


 手を放すと、セイラは、目と口をギュっと閉じて、自分のフトモモを必死につねっていた。
 どうにか、抑えようとしているが、
 ぽろ、ぽろ、
 と、一瞬だけ、涙袋に水玉をつくってから、ゆっくりと垂れる。


 声も、わずかにこぼれてきている。




(まさか、この俺に、ガキのお守をする日がくるとは……精神を鍛える修行とでも思わねぇとやってられねぇなぁ)




 深く長いため息をついたところで、


 キュ~


 と腹のなる音がした。


 セイラが、バっとお腹を抑える。
 さきほどとは少し性質の違う、真っ赤な顔で俯いた。
 不思議と、涙が引いた。


「はわ、はわわ……ちがっ……これ――」


 セイラの感情など無視して、ハルスは、




「腹か……減ったな、俺も……」




 言いながら、最初の一歩を踏み出した。




「まず、どっかでメシを食って、食糧を買って、それから……グロラリアのダンジョンでも行くか。ガキの装備、どうすっかなぁ……こいつのサイズに合う装備ってなれば、最適化の魔法がかかった魔道具しかねぇ……持ってねぇんだよなぁ……ぁあ、めんどうくせぇ。もういいか、装備なしでも。俺の『光壁ランク5』を壊せるヤツなんざ、そうそういねぇし、仮に、そんなヤツに攻撃されたら、そこそこの装備品を身につけていても意味ねぇ」


 ブツブツ言いながら、路地裏を進んでいくハルスの背中を、


「っっ――ま……まっ……てっ」


 慌てて追いかけるセイラ。










 勇者ハルスあらため、魔人ハルス、


 人生初めての二人旅スタート。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く