『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 『尊さ』

59話


「……」




 ハルスは数秒考えてから、




「今後、一切、俺とあのガキに関わるな。なにかしら記録が残っているなら、一つ残らず全て消せ」




「仰せのままに。――そして、その剣を証にしよう。それを持つ者に近づいてはならない。火龍会の掟に加える。反するバカはいない。俺を本気で怒らせるバカはいない。いても問題はない。俺が殺す。必ず、全てのバカ共に伝えておく。冒険者サーバンの名にかけて、全ての約束を必ず果たすと誓おう」




「良い態度だ。その潔さに免じて、一つだけ質問を許してやる」




 ハルスの譲歩に、サーバンは、ホっとしたように、ニっと微笑んだ。


「……俺は、記憶力が悪くてな。悪いが、教えてくれ。……俺は、今日、あんたの前で、俺が所属している組織の名前を、一度でも口にしたかな?」




「くく……」


 勇者は、炎流を拾い、


「確か、街角のパン屋に勤めているんだったか?」




「……ありがたい」




 言いながら、警戒を怠らずに、歩を進め、気絶しているゲイドを脇にかかえると、






「もう一つだけ、質問させてくれ……それは、どういう魔法だ? それともアイテムか? 魔人になれる魔道具など聞いた事がないが」




「色々あったんだよ……多分、お前も相当な『色々』を抱えているんだろうが、間違いなく、俺の色々には劣るぜ」




「……そうかい、やはり苦労するものなんだな……たとえ世界最強であっても」








「俺にも、一つ聞かせろ。サーバン。虚偽は許さねぇ」


「なんだ」


「興味ないと言ったが、あれは嘘だ。答えろ。お前は……なぜ、『そんな場所』にいる?」




「……自分の意志で、『ここ』を自分の戦場に選んだ。それだけだ。事実、それ以外に、答えようがない」


「……」


「まさか、何かのご立派な理由があるとでも思ったか?」




 サーバンは、ゆっくりと、距離を取っていき、




「見誤るなよ、世界最強。……誰も彼もが、あんたのように『強く』『尊い』訳じゃない」










 最後にそう言いのこすと、サーバンは裏路地の闇に消えていった。










 残されたハルスは、サーバンの剣を拾い、




(……くだらねぇ……まだ、俺は……)




 どこかで、いまだに、もしかしたら、と思ってしまう己の優柔不断ぶりに辟易する。






 もしかしたら、この世界は、変われるんじゃないか、なんて……






「ありえねぇんだよ……」


 言葉にして、自分に刻む。


 もう二度と、忘れぬように。


 きっと、どうせ、また、いつか、燻り返すのだろうけれど、
 せめて、それまでは、忘れていられるように。














 なんで、親指の爪をはがさないんだって?












 ……さぁな。


 答える義理がねぇ。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く