『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 命乞い

 57話












 気付いた時には、頬が切れていた。


 魔人の腕が、俺の頬のすぐ横にあって、
 魔人の顔が、目と鼻の先にあった。


 俺の顔を覗きこんで笑っている。


 俺は強い。
 最強ではないが、相当なレベルの強者だ。


 だから、分かる。


 こいつが立つ丘は、決して妄想なんかではなく、しかも、






 俺には想像もできないほど高い丘だった。






 俺は、自慢の剣をポトリと落とす。
 失意で握力がなくなったのは初めてだ。


「グリムアーツ『ソニックフィスト無式』 大サービスで魅せてやった訳だが、どうだい、少しでも観えたかな?」


 魔人は嗤う。


 心底イヤなヤツだと思った。


 あんなもの、
 見える訳がないだろう。


 頬が切れて、血が流れて、それが地に落ちてから、ようやく知覚できた。
 そういうレベル。


「どうした? そんな、神を見るような眼で俺を見てきて」


「そこまでの感想は抱いてねぇよ……」






 ※






 ハルスは、拳をおさめると、サーバンに背を向けて、三歩前に進んだ。
 そして、クルリとふりかえり、サーバンの顔を見て、


「さて、それじゃあ、本番を始めようか。ここからは、死闘の時間だ」


 声に重さを感じた。
 ズシンとのしかかってくる威圧感。


 酷くピリついた空気の中で、サーバンは、


「ふふ……」


 と、笑った。


「どうした、サーバン。何がおかしい?」










「全力で逃げだしたとして、俺は……何秒生きられる?」










「5人いれば、二秒は生きられる。それ以下なら一秒で全員殺せる。いい情報を手に入れたな。分裂するなら今だぞ。同じ存在値で5人以上になれるなら、二秒以上生きられる。お得な話じゃねぇか。なぁ?」




「は、はは……」




 力なく笑ってから、サーバンは、アイテムボックスに手をのばす。




 そして、一冊の書物を取りだした。




 分厚い赤色のハードカバーで、
 表紙に金糸でサーバンの名前が刻まれている。


 それは、


「自己紹介が遅れたな。俺は……こういう者だ」




 それは、栄誉の具現。
 この世界における、数少ない、『選ばれた者』である事を証明してくれる勲章。
 ――冒険者の証。


 『冒険の書』










「……だろうな。そうだと思っていたよ。頭も強さも、凡夫にしては、上等すぎる。冒険者になれる器。ならば、冒険者にならない理由はない。……なんで、冒険者ともあろうものが、闇社会に沈んでんのか知らねぇが、まあ、人に歴史ありってヤツなんだろう。詮索はしねぇさ。興味もねぇ」




 サーバンは、冒険の書をアイテムボックスに戻して、


「――俺は、これまでの人生で、絶対に勝てないと思った存在が一人だけいる。一度も会った事はないが、噂を聞いただけでも、絶対に勝てないと確信した相手。顔を見た事すらないのに、絶対に刃向うまいと心に決めた相手」






「聞くまでもないだろうが、一応聞いてやる。それは誰だ?」






「この国の第一王子。世界最強の冒険者。完成された個。神に最も近い超人……すなわち、勇者だ」


「正解だぜ。……そいつには、誰も敵わない」


 『殴り合いのタイマンなら、な』と、誰にも届かない声で、ボソっと、つけたした。








 サーバンは、続けて、


「勇者以外が相手なら、俺は、どんな状況からでも、逃げるくらいなら、絶対にできるという自信がある。そして、冒険者としての当り前のプライドも持っている。だから、俺は、仮に、『状況悪し』と判断して、撤退を考えたとしても、決して、媚びることなく、己の力だけを信じて動く。疑うことなく、全力で、そして、確実に逃げ切る。決して、命乞いなどしない。絶対に……絶対……」






「で?」






「命だけは助けてくれ。まだ死ぬ訳にはいかない。だから、どうか、見逃してくれないか」


 そう言いながら、サーバンは、落としてしまった魔剣を拾い、勇者の前に放り投げた。


 プライドも、剣も、全て差し出す。
 だから、許してくれと、命乞いをする。




「判断力も合格だ。本当に、なんで、お前が、ヤクザなんざやってんのかねぇ」






 言いながら、ハルスは、足下の炎流を見つめる。
 改めてみると、凄まじい武器。
 この世に存在する『全ての剣』の中でも、確実にトップ20には喰い込む一品。


 ありえないが、仮に、これ以上の武器を隠し持っていたとしても、
 これを手放す事が大きな痛手になるのは間違いない。


 サーバンは続ける。


「俺はスジ者だが、冒険者だ。……色々と事情があって、表では動けないが、ウラでの顔はそれなりに広い。使える人間だ。見逃す価値はある。――どうだ」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く