『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 発言だけは、常に一丁前な、町のチンピラその1

 56話




 真っ向から刃向う意志を見せた魔人を見て、サーバンは言う。


「賢さは貫けねぇ。分かっていたさ」


 サーバンは、スゥっと息を吸った。
 体が気力で充実していっている。


 大胸筋が、ほんのわずかに、グっと盛りあがった。


 サーバンは、勇者を睨む。


「感情ってヤツは本当に厄介だ。しかし、それでも、なくしたくないと思ってしまう。不幸だよな、互いに、こんな生き物として生まれてきて」


 サーバンは、勇者から目を放さない。
 先の動き一つでも理解できる。




 サーバンは思う。
 これは、死闘になる。


「……小僧、お前は後悔をするだろう。罰は死。罪は無知。お前は、俺を知らなかった。……いくら魔人でも、俺には勝てない。そして、俺は、正式に刃向うヤツを殺さなければいけない義務を背負っている。メンツという、重たい義務を、な」


 サーバンは思う。
 死闘にはなるが、自分が負ける事はありえない。


「ウチの組とは関係のない若造の処理。出来れば、遠慮したかった、が……こうなっちまった以上、仕事だ。誇りを背負って、処理をさせてもらう」


 適切な距離を確保して、いつでも動ける体勢を取っている。
 足首をまわし、手首をまわし、首をまわす。


 着々と、『生物を壊す』準備を進めている。






 そんなサーバンに、勇者は言う。






「確か、てめぇ、名前はサーバンだっけ?」


 言いながら、ハルスは、サードアイを使ってサーバンを見通した。
 これまでの、諸々の所作を見ただけでも、ある程度は分かってはいたが、


「今まで無視していて悪かったな。ただのカスだと思ってナメていたが……くく、てめぇ、いい存在値してんじゃねぇか。8点くれてやる」




「この俺が、採点されるとは、いつぶりかな。くく……思い返してみれば、初めてかもしれない、丘の上から声をかけられたのは。それが妄想の丘なのか、現実の丘なのか、この身で判断してやろう」


「発言だけは常に一丁前だな。俺を前にしても口が減らない、その勇気満点を称えて、9点にアップしてやる」


「……採点されるのは不快だが、高評価なのは、素直に嬉しいね。俺が高得点なのは当然な訳だが。……ちなみに、満点じゃない訳……減点の理由は?」










「俺と比べればクソすぎる。マイナス91点だ」










「……100点満点評価だったか……くくく……随分とカラいねぇ。仮に、お前の立っているソコが、妄想の丘じゃなかったら大したモノだが、はてさて」




 言いながら、サーバンは、アイテムボックスに手を伸ばした。
 『炎を纏う剣』を取りだして、構えつつ、スっと腰を落とす。






 それを見て、ハルスはヒュゥッと称賛の口笛をふいた。


「おやおや。多少、存在値が高いってだけじゃなく、亜空間魔法まで使えんのか、おまけにそいつは、かなりの魔剣だな。クオリティ5……いや、もしかして……」




「クオリティ6の魔剣『炎流えんる』だ。……炎流、自己紹介しな」




 命じられると、炎流の刀身に、一瞬、バチっと黒い稲妻が走った。




「装備、魔法、身体能力……ダニの分際で、全体的に、随分と小マシな仕上がりじゃねぇか。少しだけマジで褒めてやる。プラスで20点くれてやらぁ」


「遠いねぇ、満点まで」


 軽口をたたきながら、サーバンは冷静に、ハルスとの距離を詰める。


 互いの圧が触れ合う所まで近づいた時、サーバンは、


「剣気、ランク3」


 剣の切れ味が増す魔法を使用した。
 魔力が刀身を覆う。


 纏う炎の質が強化される。
 グワァっと熱く燃え上がる。


「くく……『街のチンピラその一』風情が、本当に、随分と、まあ、『魅せる』じゃねぇか。おもしれぇ。俺も、少しだけ……魅せてやるよ」


 勇者は、武器を取らず、素手のまま、腰を落とし、サーバンに対して半身になった。
 両のワキをしめる。右腕を腰につけ、左腕を前に出す。
 掌に力は入っていない。
 柔らかく開かれている。






「もし、けれたら、満点やるから、頑張りな」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く