『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 孤高の騎士

 55話 










『契約完了。カースジェイル強化』










「もう、俺は……自由なんだな?」










『――それが、』




 ハルスは、




『主人を守るための行動ならば――』






 足に力を入れた。


 ドウゥ!! 


 と、土煙が舞った。風圧でサーバンが後方に軽く吹っ飛ぶ。


 飛び出す直前、強引に振り払ったため、サーバンの指が二本ほど折れたが、主人を守るためだ。
 必要な犠牲だった。






 ――3歩で詰める。


 スキルなど、何もつかっていない。
 ただの、圧倒的な俊敏性。


 世界最高峰の脚力。


 ほぼ一瞬で、ゲイドとの距離をゼロにすると、










(ちっ、ころせねぇ……なんで、だよ……)










 ゲイドの首を刈ってセイラを奪い返そう――としたのだが、それは叶わなかった。


 確実に首を落とせる力で手刀を、ゲイルの首裏めがけて放つと、皮膚に当たる直前で、ハルスの体が、金縛りにでもあったかのように、ビシィィっと急停止した。


(……しゃぁねぇ……)


 仕方なく、ゲイドの首に、手加減した手刀を落とす。
 今度は呪いに邪魔されなかった。


 一瞬でゲイルを気絶させて、ハルスはセイラを奪い返す。


(おそらく……俺が『強すぎる』せいで、殺せないんだ。……もし、俺に力が足りず、『セイラを助けるためには、どうしても、こいつらを殺さなければいけない』という状況だったならば、問題なく殺す事ができただろう)


 ――全然、自由じゃねぇじゃねぇか。クソが。


 勇者は心の中で舌を打つ。
 融通がきかない、妙にガンコで細かい呪いに心底イラつく。


(……この俺様ならば、『殺すまでもなく救えてしまう』から、殺せなかった……くく、まあ、ようするには、いつもどおり、俺が強すぎるってだけの話さ。純粋で当然な、ただの必然。わざわざ、凝った感情を向けるような対象じゃねぇ)




 ハルスは、低位(深淵から最も遠いという意味で、ランク1が最低位)の『部分的に風を鋭利にする魔法』を使い、サクっと、セイラの腕を縛っているヒモを切り、
 口から布切れを取りだしてやる。




「けほっ、けほっ」


 苦しそうに息を吸い込んでから、セイラは、ハルスの腕に抱かれたまま、彼の目をジっと見つめた。


 細く小さな体をギュっとして、ハルスにしがみつく。


「ぁ……」


 声が出にくい。
 脳をしめる、たくさんの言葉がグチャグチャになって、ノドがつまる。


 けれど、言わなければいけない。
 セイラは必死に喉を開く。


「ぁり……」






 辛い目にいっぱいあってきた。


 生きてきて良かったと思った事はない。
 今、この瞬間だって、『生まれてきて良かった』とは思っていない。


 けれど、『閉じ込めてシェイクした炭酸』を解放したみたいに、
 自分の奥から、不安定な感情が爆発して溢れ出る。


 心の場所が分かった気がした。


 ハルスの、鋼のような腕に抱かれているセイラは、目にたくさんの涙を浮かべて、






「ぁり……がと……ぅ……」






 感謝の言葉を受けて、ハルスは、


「キモい……ヵァァ、ウエェ……虫酸で、死ぬ……けぇっ……おえっ」


 苦々しさを噛み殺す、
 『心底から疲れ切った顔』を浮かべて、




「おい、カス、いいか、二度と言わすなよ。……その勘違いを今すぐ殺せ。己の過ちを自覚して猛省しろ。まったく、今の俺が、どれだけのヘドを我慢していると思っていやがる」




 ハルスは、結局のところ、我を通しているだけ。
 本質は何も変わらない。
 これからだって、変わってやるつもりはない。




 ――しかし、




「ゴチャゴチャ言わず、ここで、黙って、ジっとしていろ。それ以外は、何もするんじゃねぇ。もし、大人しくしていられるのなら、これ以上、俺を不快にさせないと約束するなら………………甚だ遺憾だが……死ぬほど不快だが……マジで今すぐ殺してやりてぇって気持ちがバーストしている……が……」


 言って、セイラをおろすと、ハルスは、


「今だけは、てめぇのナイトをやってやる」




 背後に視線を向ける。
 ――そこには、




「驚いたぜ……さすが魔人だ。……指が折れたのなんて久しぶりだぜ」




 即座にハルスを追いかけてきたサーバンがいた。




 勇者は、ニっと笑って、


「さっさと逃げていれば、指二本で済んだのに、バカな野郎だ」








 そう言って、一歩、前に出た。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く