『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 ごめん

 53話。










 勇者は、サリエリを殺さなかった。
 足蹴にし、蹴りつけ、翼をむしり、


 けれど、殺さなかった。
 その理由を問われたら、勇者はこう答える。




「あ? あの状態で残しておけば死ぬだろ、普通」




 魔王城には、1250体の魔物が、あちこちに配置されている。
 その内の300体が回復魔法を使える。


 異常に多い数だ。


 魔王軍に回復魔法の使い手が多い理由は単純。
 魔王が、そうしろと命令したから。




「可能な者は、必ず回復魔法を会得するように」




 ――まずは生きねば――
 それが魔王の方針だった。






 勇者とは真逆の思想。






 魔王が描く、完全なる平和の第一歩。
 それには、まず、尊い命を守る事が最優先。


























 この、いくつかの前提から結論を導き出す――みたいなマネはしない。


 淡々と、つまらない前提を並べるだけで、結論を書かないというのは、
 あるまじき行為であり、心底から、もうしわけないとは思うのだけれ――




 ……
 ……
 ……
 ……
 ……




 //少し卑怯だが、勇者の本音を書く。


   勇者は、いつも、どこかで、可能性を探している。
   勇者は、魔王城で刃向ってきた血色のいい子供達の姿を見て思った。


   もしかしたら、サリエリなら、魔王なら、あるいは――
   揺らいだ自分にイラついたのも勇者自身の本音の一つ。


   もしかしたら。違う。ありえない。けれど。
   あるんじゃないのか。方法。もしかしたら。ない。


   分かっているだろう。
   でも。いや。ない。諦めただろう。










   ――もしかしたら――










   これ以上、揺らがぬように、と、勇者は、慌てて子供たちを殺した。
   望まぬ生を歩んでいるガキは、見つけ次第殺す。
   理不尽かつ不条理なエゴで圧殺する。


   弱者が生きていたって苦しむだけ。勇者は、それを知っている。
   だから、終わらせる。


   それは、善意ではない。決して違う。断じて否。
   どこまでいっても、ただのエゴ。


   誰に、どう思われようと、知った事じゃない。
   決めている。遵守する。己が哲学に従う。例外はない。


   自分の中の矛盾と闘いながら、結局、
   最後の最後まで、勇者はサリエリにトドメをささなかった。


   どうしたいのか、分からなかった。
   『分からなかった』というのを引きずりたくなかった。


   決めたはずだ。決心したはずだ。
   なのに、なぜ、まだ――


   勇者の心は複雑怪奇。
   けれど、それって、勇者だけの特別なのかな?
   違う。誰だってそう。例外はない。


   諦めた部分と、諦めきれていない部分が、
   まだ、心の奥で、血みどろになって闘っている。


   どうすればいいのか、本当の所、分かっていない。
   まだ若すぎるとか、そんな問題じゃない。


   どれほどの高次生命であろうと、
   その高次生命が、どれだけの時間と経験を重ねようと、
   仮に、何千年、何万年、何百億年を重ねても見えない。
   そんな『結論』を、
   勇者は求めている。


   だから、当然のように、いつだって。
   自分が本当にしたい事が、最後の最後で理解しきれずにグダついて終わる。










   勇者――










   ハルス・レイアード・セファイルメトスとは、
   そういう、


   ――『人間』だ//



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く