『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 ありがたい汚物は消毒だ

 38話










(このガキを、さっさと、どうにかしねぇと……このままじゃあ、俺が壊れちまいそうだ。だが、どうやって……ん、いや、待てよ。案外、簡単な話なんじゃねぇか?)


 勇者は、自分の呪いについての詳細を思い返す。


(なにも、こいつを殺すのが、俺である必要はねぇ)


 死んでくれればそれでいい。
 その原因が勇者でなければなけない理由は一つもない。


(……テキトーなダレかに、こいつを殺させればいい。奴隷は、基本、主人が死ねば解放される。そこらのドレイの場合、主人の死は、ただ一時的に苦痛から逃げられるというだけで、本質は何も変わねぇ訳だが、しかし俺の場合は例外。実質的に解放されて、正しく気高い、孤高の俺に戻る)


 勇者は笑う。
 一気に、気が楽になった。


 閉塞的な状況は突破した。
 一つでも、突破口を見つければ、心はグっと軽くなる。


(よし、となれば、さっさと、誰かに、このカスを殺してもらおう。そして、その後は、慎重に行動する。二度と、同じ過ちはおかさねぇ)


 問題は解決。




 正直、魔人化に関してはどうでもいい。




 確かに、人間の国家で『魔人』として生きていくのは、大きなハンデとなるだろう。
 しかし、それは弱者の話。


 どうやら、『力』は変わっていないようだから、特に大きな問題はない。


 所詮、この世は力が全て。


 今、魔王国が、サミット等で、妙にデカいツラをしているのは、大帝国を滅ぼし、『強大な力を有する国である』と世界中に示したから。


 どのような状況であれ、力さえあれば、乗り越える事ができる。
 そして、勇者は、その『力を持つ者』の中で頂点に経つバケモノ。


 勇者は強い。
 勇者は、世界最強の超人。


 つまり、何も問題はない。


 確かに、色々と鬱陶しい――が、それだけの話。


 我慢できるさ。
 そのくらいのハンデなら。


 『自由に殺せない』ってのも、確かに面倒だが、んなもん、我慢できないほどじゃねぇ。




 なんせ、このクソみたいな状況が死ぬまで続く、って訳じゃねぇからなぁ。




(呪いなんざ、かけてきた相手を殺せば解ける。つまり、当初の予定であるカースソルジャーの撃滅を果たせば、それだけで、なにもかも、まるっと全部解決ってわけだ。これから先、数年、ちぃと窮屈な人生になるが、所詮は、それだけの話。国を離れ、俺クラスしか話にならないダンジョンや遺跡を巡っていれば、誰とも会わずに数年過ごすのなんざ余裕。ぁあ……何も問題はない)


 勇者は状況を整理しおえると、


(……さて、近くに、手ごろなゴミはいねぇかな?)


 ここはスラム。
 クソは、頻繁に掃いて捨てなければいけない程いる。


(――おっ?)


 ちょうどいいカスを求めて、周囲を見渡した、まさにその時、










「おいおい、セイラ……感心したぞ。お前の逃げ足。正直、驚いたぜ」










 いかにもな子分を一人だけ引き連れている、屈強なコワモテが現れた。


 その二人を見て、勇者は歓喜する。




(パーフェクツッ! さすが、俺、選ばれているぜ、何かもかもからなぁ)




「ところで、セイラ。そこにいるのは誰だ? まさか、用心棒でも雇ったか? んー?」


 見た目だけは屈強そうなバカがそう言うと、その子分が、後ろから、


「アニキ、あの妙な肌のやつ、もしかして亜人ですか?」
「ばぁか、ありゃ魔人だ。亜人が進化したもんだ」
「おぉ、さすが、アニキ。博識ですねぇ」
「一般常識だ、バカ野郎。お前は流石に無知すぎる。もう少し勉強しやがれ」
「いや、はは……どうも、昔から、そういうのは苦手で……」
「言っておくが、本気で言っているんだ。アホだ、アホだとは思っていたが、まさか、自分が住んでいる国の首都すら知らんとは思わなかった。……一応聞いておこうか。流石に、それはありえないと思うが、ゲイド、お前、この国の王の名前をフルネームで言えるか? ……おい、なぜ目をそらす」




 フっと、明後日の方を向いた子分『ゲイド』の、ありえないほどカラッポな脳ミソに呆れてから、




「で、セイラ。その魔人はなんだ? まさか、本当に用心棒を雇ったなんてことはねぇよなぁ? もし、そんな金を隠していたとしたら――」






「おいおい、ぉぉい、そこのカス。クソほどの価値もねぇお喋りはそこまでだ。それ以上は一言もしゃべるな。臭くて仕方ねぇんだよ」


 勇者は、心底からウザったそうに、小指で耳の穴をほじりながら、


「俺とこいつは、なんの関係もねぇ。というわけで、好きに殺せ。可及的速やかに、な」




「なんだ、てめぇ、モンスターの分際で、人間様の国で、偉そうにしやがって……アニキ、あいつ、どうしてやります? なんなら、俺が、『この相棒』で、あの口が悪いモンスターに、自分の立場ってヤツを教えてやりましょうか?」


 ナイフを取りだして、刃をペロリとなめるゲイド。


 そんなゲイドの短絡的な態度を見て、勇者はしみじみ思う。


(ありがてぇ……おだやかな対応しかしていない、優しい、優しい、今の俺へ、さっそく純粋な悪意を向けてくれるとは。くく、生まれて初めてだぜ。この手の連中が、この世に存在してくれていて良かったと思ったのは。……さぁ、さっさとかかってこい。腕と足を一本ずつなくしても、ガキの一匹くらい殺せるだろ。それでも、まだ従わねぇようなら、歯を一本ずつ抜いてやる)





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く