『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 たとえばの話だ。あくまでも。

 37話 










 ――別に、だから何だって話だろ?






 まさか、だからって、俺を善人扱いする訳じゃねぇよな?




 ありえねぇよな?










 ムカつくやつに悪人が多い。
 そんなもん、ただの当り前だろうが。


 王族だったら、偉そうな貴族にムカつかねぇとでも?
 そいつは、いったい、どんな勘違いだ?










 俺は、別に、青が赤に見えている訳じゃねぇぜ?










「ムカつくやつは、簡単に殺したくなかった。それだけの話だ。それ以上でも、それ以下でもねぇ」




「わたしのこと……」


「あぁ?」




「ムカついていたでしょ」




「……」




「なんで……何もせずに……殺そうとしたの?」






 勇者は、歯噛みした。
 気分が悪い。


 心底から思う。
 なんで、俺は、こいつを殺しちゃいけねぇんだ。








 ――こういうヤツをこそ、俺は殺さないといけないのに――






「……答える義理がねぇ」




 そう答えるのが、精一杯だった。
















 ※


 たとえば、の話をしよう。
 あくまでも、『たとえば』の話だが、


 優し過ぎる人間がいたとしよう。
 あまりにも優しすぎて、心が壊れている人。


 何度も言うが、あくまでも、たとえば、だ。
 特定の誰かについて語っている訳じゃない。




 たとえば、
 その手で救える数は限られていると理解できるだけの頭があって、
 どれだけ頑張っても、この世界は穢れた罪の上に成り立つ楼閣でしかないという、
 その事実が、『本当の意味』で理解ができてしまうほどの頭があって、
 けれど、現実という理不尽の重さに耐えられるほど『強く』はなくて、
 その上で、
 こんな、世界中のいたる所で不幸が蔓延しているような、
 あまりにも救われない世界に生まれてきた、あんまりにも優し過ぎる者は、
 常軌を逸して『心』が優し過ぎるあまり、ズタボロに壊れてしまった人は、


 いったい、どうなるのだろう?
 何を思い、何をするのだろう。












 ――これ以上、苦しむ前に、


 ――せめて、苦しませずに……












 あくまでも、
 たとえば、の話だ。




 特定の誰かの話はしていない。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く