『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 勇者、なろーテンプレ地獄で奮闘する。

 33話 




 ――セファイル公国のスラム街。
 薄汚い、ジメジメとした路地裏に、


「……ん? ここは? スラムか……どこの……いや、あの時計塔……はっ、運がいい。まさか、ランダム転移で、自分の国に帰ってこられるとは」


 勇者は、己の体に何か問題がないかチェックする。


「うし。問題ねぇ。……つぅ……」


 そこで、完全にアドレナリンが切れたのか、親指が痛み出した。


「ふん……治療、ランク3」


 指先に、淡い緑の光が集まって、すぐに爪は元に戻った。


「まずは、手札だな。武器、魔道具……俺自身の鍛錬もそうだが、あの三匹を同時にとなれば、流石に、アイテムを揃えてねぇとキツい」


 ハラワタが煮えくり返る想い。


 ――だが、どこかで、


「はっ……ワクワクしている自分がいやがる。どうやって殺すか。どうすれば殺せるか。くくく……だめだなぁ、どうしても、おもしれぇと思っちまう」


 今までは、何の目的もなく、ただ平原で剣を振るい続けてきた。
 その頃と比べれば、今という時間の、なんと充実した事か。


「まいったぜ、とんだワンパク坊主じゃねぇか。歳を考えろっての」


 ちなみに、勇者の年齢は17歳。
 見た目は若干老けて見えるが、実は、かなり若い。


「まずは、伝説級のアイテムを回収。未踏破のダンジョンや遺跡をまわらねぇとな……特に、回復系は必須……」


 ブツブツ言いながら、路地裏を歩いていると、


「……ん?」


「……ぁ」


 小汚いガキが目の前に飛び出してきた。
 スラムのガキにしても、あまりにみすぼらしい。
 よく見れば、血が出ている。


「ぁ、あの……」
「あん?」




「たすけ……て、ください……」




「……」
 勇者は、
「はぁあ……」
 と、深くため息をついて、
「狂人のオーラは常に出しているつもりだがねぇ……まさか、スラムのガキに……救いを求められちまうとは……情けなくて、涙も出ねぇ」


「ぁ、あの、今、恐い人に――」


 途中で、ガっと、口をふさがれた。
 勇者の顔に、血管が浮かんでいる。


「耳が腐る。目が腐る。鼻が腐る。んで、次は、俺の手を腐らせようって? はしゃぐじゃねぇか」


 言ってから、


「あの世で誇れ。俺をこれだけ怒らせておきながら、てめぇは、二十秒も俺の前に立っていた。やったな、いい土産ができたじゃねぇか」


「ぅぅ――ぅぅ――」


「消えてろ、カスが」


 魔法を放とうとした、
 その瞬間、










 『条件を満たしました』
 『カースジェイル、発動します』










「ん?」


 頭の中で、誰かが、何かを言った。


 そう理解した瞬間、




「ぬぉおおおおお!」


 体が燃えるように熱くなり、


「なん、だ……ぬぁああ……」


 全身からグキグキと音がする。


「くぬぁあああ!」




 『カースジェイル』
 勇者が、『自身に対する悪意なき者』に対して『殺意』を抱く事で発動。


 ・呪い一覧。
 『殺意を向けた相手のドレイとなる』
 『魔人に変異する』
 『今後、一切、己に対する悪意なき者への暴行不可』




 また声が聞こえ、勇者は、自分にかかっている呪いを理解する。




 誰に何を言われても、決して、己を変えなかった勇者が、
 今日、この日、


 強制的に、生まれ変わる。




「魔人に変異? ドレイ? はぁ? ちょっと、待て……なんだ、それ……ちょっと待ってくれよ、マジで……」




 ――しかし、中身は変わらない模様。




「ばかな、ばかな……ぁあっ……ぎぃい……ふざけんなよ、あの糞リッチィ……」




 勇者の地獄が始まる。


















 注釈
 『魔人』 魔王リーンと同じ種族。
      亜人の上位種、魔物の最高位種族で、全性能が極めて高い。
      亜人が進化した姿でもある。
      人間と何が違うかと問われれば、保有魔力が高い、肌の色が僅かに違う。
      ほぼ、それだけ。
      しかし、人間は、彼らの事をモンスターだと認識している。
      魔王国が世界の序列五位になってから、
      見た目は人間と、ほぼ変わらないという点もあり、
      多少は、立場が改善したが、


      ……いまだに、人間の国家に住む大半が、魔人に対して差別的である。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く