『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 この星の一等賞なんだ、俺は! そんだけ!



 25話




 並ぶ者がいなくなってからも、勇者は強くなり続けた。




 ――研鑽を積んだからだ――




 勇者はおごらなかった。
 周囲の全てを見下していながら、


 しかし、決して、おこたらなかった。


 もっと高みへ。
 もっと、もっと高みへ。






 いつしか勇者は、誰もいない平原に立っていた。






 勇者は思った。


 別にいいさ。
 構わねぇ。


 俺は孤高。


 それでいい。
 それがいい。




 勇者は思う。
 自分は最強。




 果てなき最強。


 永遠に、『ここではない高み』を求めて彷徨さまよう、孤高の旅人。










 それでいい。










 小さな小さな井の中にある平原の隅っこで、大海を知らぬまま、
 しかし、それでも、勇者は、一つ上の次元に上ったのだ。




 その狂気を、センは称える。




(見事だ、勇者。ファン○ル系のグリムアーツは、一見、ただ武器を浮かして飛ばすだけのお手軽攻撃に見えるが、その実、よほどの研鑽をつまなければ使い物にならない地雷技。大概は単なる豆鉄砲で終わり、同格と戦う際は、ちょっとした奇襲でしか使えないというケースがほとんど)


 だが、勇者は違った。


 浮遊する二本の剣は、力強いオーラに包まれている。
 浮かすだけなら難しくない。




 ――念力。




 それは、マナを媒介とする魔力ではない。


 訓練すれば、
 『手でモノを持つ』のと同じ労力で、
 『同じ重さの物質を持ち上げられるようになる』体内エネルギー運用法の一つ。


 訓練すれば、と簡単に言うが、『手で持つのと同じレベル』で念力を使えるようになるには、気が遠くなるほどの研鑽が必要となる。






 勇者は、この、大した敵もいない中級世界エックスで、
 誰もいない平原にいながら、
 それでも、たゆまずに、鍛錬を続けた。




 そして、会得したグリムアーツ『サテライト・エクスカリバー二式』




 クソ厨二くさい名前だが、その裏には、笑えない努力が積まれている。




 勇者ハルスは、
 間違いなく、イカれたドクズの糞バカ野郎だが、


 その軌跡には、称賛せざるを得ない『深み』と『重み』が確かにあった。






「感謝するぜ、ラムド。あんたがいてくれたおかげで……俺は、ようやく羽ばたける。あんたは、俺に……飛ぶ場所をくれた」










 この星の一等賞は、格が違った。
 ――そういう一話でした。










 ――ちなみに。
 カースソルジャーは、センによって極限まで強化された状態だと、存在値500億クラスで呼べる最高位召喚モンスター。


 けれど、今は、極限まで弱体化した状態で召喚されているので、存在値は『105』
 『制限なくデバフを積む事ができる』という特殊な特性を持つカースソルジャー以外では、ここまで弱くする事はできなかった。


 上位の召喚モンスターには効果がない『レベルダウンMAX、ランク1000』を七回積む事で、どうにか、存在値を105まで落とす事に成功した。








 ちなみに、カースソルジャーの、本来の運用では、『自身に付与されている状態異常』を『範囲内にいる敵』へ『高確率でなすりつけられる』というスキルを利用する。


 『大量の状態異常系のデバフ』を積んだカースソルジャーを150体ほど召喚して、敵のまわりをテキトーにウロチョロさせる。


 こうされることで、状態異常に対する耐性が極悪に高い『神』でも、たまにマヒってしまうのだ。
 使用するコストは低い割に、対処するためのコストはそれなりに必要で、かつ、なかなかの結果をもたらしてくれる、敵からすれば鬱陶しくてたまらないムカつく戦法。




 センが開発した、その名も『カース・ストライクフリーダム』。




 これが、実際、そこそこ厄介で、同格相手にも使えるガチ戦闘スタイルの一つ。
 かの名高き『知りあいの究極超神』に、
 『タルいから、それ、やめて。マジで』と言わしめた、至高の秘計。




 ちなみに、カースソルジャーは、
 『速度以外のステータス』と『戦闘力』が低すぎるため、
 純粋な戦力としては、何一つ機能しません。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く