『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 ラムド、俺はお前を尊敬するね

 23話




 ラムドは、引き千切った自分の右腕を目の前に放り投げた。
 千切れた腕は、地面に落ちると同時、そこに紫のジオメトリを描く。


(腕を媒体にした? ぃや、違うな……そうじゃねぇ。ラムドの存在値が一気に下がったところを見るに、腕はただの依代。右腕に、生命力の大半を込めて、『にえ』にした)


 勇者のサードアイでは、具体的に、どれだけ下がったかは分からない。


 なんとなくはわかるが、そこまで。


 対象の存在値がデジタルに理解できるようになるのは、セブンスアイから。




(狂気の沙汰だが……まあ、俺が相手だ。そのぐらいしねぇとなぁ)




 勇者は、ラムドの狂気を称賛し、受け入れた。
 召喚術に詳しい訳ではないが、決して無知ではない。


 何をしようとしているのか、それを察するぐらいの事はできる。




(理論上最高の召喚か……介入して邪魔するべきなんだろうが……見てみたいと駄々をこねる自分が、どこかで、確かにいる……くく……まあいいさ、寛大な心を持ってあがきを許し、嘲笑を持って捩じ伏せる。それでこそ、俺だろ? なぁ、勇者ハルス)










「くるがいい、スリーピース・カースソルジャー」










 禍々しいジオメトリから、『ソレ』は這い上がってきた。
 紫に染まる呪われた鎧を纏いし屈強な魔人。


 左手に携えている『死色に染まった魔剣』が怪しく輝く。














「……感嘆するぜ……心からなぁ」














 勇者は微笑んだ。
 喝采したい気分だった。


「すげぇよ……ラムド。俺はお前を尊敬するね」


 勇者はそう言うと、腰の鞘に、双剣を戻す。


 そして、右手を前に差し出し、




「活躍のチャンスが、ようやく来たな。お待ちかねの、出番だぜ……サテライト・エクスカリバー二式」




 宣言した瞬間、勇者を囲むように、二つの聖剣が召喚される。
 勇者を守るように浮遊する聖剣は、念じるだけで自在に操れるオールレンジ兵器。




「俺は強すぎた。あまりにも。……五歳を過ぎてからは、本気で闘った事なんて一度もねぇ。」




 勇者は五歳の時、超難関の『冒険者試験』を歴代最高の成績で合格してからというもの、敗北を経験した事がない。


 幼少期は流石に、幾度か、指南役や歴戦の冒険者相手に敗北を喫した事がある。


 しかし、冒険者試験という難関を乗り越えた事で、勇者は己の壁を破壊した。
 以降の勇者は敗北を知らない。


 もっと言えば、誰も、勇者の敵にはなれなかった。




「飢えていたよ、お前のような『敵』に……」




 勇者は嗤う。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く