『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

-126500話   『コンピュータの時代に突入』

 -126500話


 気づくと、
 『彼』が『無』の底で目覚めてから、




 155億年が経過していた。




 倍速していない時間――『彼』が実際に体感した『実時間』は、ほんの数千年ぽっちだが、
 この世界の年齢は、すでに、百億歳以上。






 進化指定アプリを筆頭に、無数の補助アプリを駆使して、
 細かい調整を繰り返してきた結果、




 『彼』が目をつけた『とある惑星』には、高度な知性を持つ生命体が誕生していた。






「人間は作れた……うん、問題はここからだな」






 原始人が誕生したのは、ほんの数千年前。




 しかし、ことあるごとに、『彼』が手を貸してきたので、
 すでに、人類は、非常に高度な文明を築き始めていた。




 『彼』は人類に、数多の『天啓』を与えた。




 論理が規則に従うという、高次のゲーム性に気づかせ、
 火薬や羅針盤などの、文明の加速度的発展に不可欠な下地を発見させ、


 電球、電気機械式リレー、トランジスタなどを開発させ、






 その小型化を促した。














 ――そして、世界は、コンピュータの時代に突入した。










 それと同時に、幾人かの天才が、この世界のコードを見つけ始める。










 形質人類学者、遺伝学者、考古学者が、神のパズルを次第に解きあかしていく。
 この世界は、いつしか、『彼』が生きていた西暦2000年代の日本よりも発展していた。




 ――ここから先は、『彼』も知らない世界。


 想像が出来ない領域。




「よっしゃ。人類が、ついに、俺の知っている世界を超えてきた。さあ、お前ら、どこまで進化する? 俺の想像力が及ばない超知性にたどりつけるか? いつか、『俺という個が、なぜ、ここで、こんな事をしているのか』――その謎すら解き明かせるほどの、究極進化を果たせるか? もし、究極進化にたどり着けたなら、その時は、俺に、俺がここにいる理由を教えてくれよ」






 ワクワクがとまらなかった。
 きっと、世界は、進化し続ける。
 そして、いつか、答えにたどりつく。




 そう信じていたから。












 ――しかし、ここで、世界はまったく予期していなかった停滞を見せはじめる――










 進化指定アプリは、どのように進化するかを指定する事は出来ても、
 『どのように進化するかを【決定】する事』はできない。


 言うならば、それは子育てに似ている。
 『こうなってほしい』という強い想いを持ち、


 金と時間をつぎ込み、あらゆる手を尽くして育てようが、
 だからといって、




 子が親の望み通りの未来にたどりついてくれるわけではない。










 『彼』が生み出した人類は、科学技術の発達、世界的な人口の爆発的増加、
 新エネルギーの開発・発展と、『彼』が望むとおりの成長を遂げたのだが、






















「また核戦争……これで、二十七回目の人類滅亡………………どうして……」










 ここにきて、


 世界は、大きく停滞する。

















「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く