『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 魔王と勇者の歴史

 18話


 魔王と勇者がぶつかるまでには、
 それだけで長編ラノベが完成するほどのエピソードがある。




 第一章「ワシに魔法はいらぬ。無粋な武器すら、ワシには不要! 外道な輩は、この拳で皆殺し! ――色々ありましたが、剣の方が便利なので、こっち使います」


 第二章「召喚魔法? そんなザコ魔法は使いもんになんねぇよ。え? ドラゴンも召喚できる? マッハ最強じゃないっすか、ラムドさん」


 第三章「堕天使が降臨したらしいぞ。すげぇな、マジか。天使とか実在したのか。じゃあ、神もいるって事じゃね? え? 堕天使はただの二つ名で、正体は、羽が黒いだけのバードマン亜種だった? なんだよ、クソが」


 ~~
 ~~


 第五章「腕のある高位モンスター大集合!! 胸に抱け、悪を滅する弱者の剣! 最強魔団の産声を聞け! 我ら、モンスター傭兵団!!」


 ~~
 ~~


 第十二章「帝国のブタ共め、いつまで非道な悪行を続けていやがる。そいつはもはや戦争じゃねぇ、略奪だ。ワシは怒ったぞ。もう容赦しねぇ。悪党どもに墓標はいらぬ。ここは地獄のバサンゾラ」


 ~~
 ~~


 第38章「ついに魔王城が完成したぞ。ここは完璧な要塞だ。帝国兵共、くるなら来い。ここが落ちる時は、世界が落ちる時だと知りやがれ!」


 ~~
 ~~


 第50章「魔王国リーンの旗揚げだぁ! 世界に轟け、我が武勇!! 邪悪のそしりを受けようと、我が覇道は止まらねぇ! 言ってみろぉ! ワシの名をぉお!」


 ~~
 ~~


 第五十九章「平和を望むのは、平和になってからにしろ。今は血に濡れて踊れ! 力なき正義は悪にも劣る! 闘え! ワシらは醜悪な殺戮兵器! 我ら魔王軍の脅威を世界に刻みこめ! さあ、野郎ども! 声を嗄らして叫びやがれぇ! ワシらの血は何色だぁああ!」


 ~~
 ~~


 第六十五章「世界大戦は避けられねぇ。心配するな、ワシら魔王軍は最強よ。貴様らの王は、この世で最も強く美しい! この背中だけ眺めてな! しからば、道も開けよう!  望む者すべてに、満点の平和を見せてやる! 帝国のブタ共ぉお、ワシを怒らせた事を後悔し、絶望を数えながら眠るがいい!」


 ~~
 ~~


 第七十二章「死んで花実を咲かせてみせようか! みな、これが最後の闘いだ! ワシに力を貸してくれぇ!」


 ~~
 ~~


 第八十七章「帝国は死んだ! これにて乱世終了! 世界に平和が訪れたのであーる! 互いの国家を管理・監視し合う六国連合も設立! めでたし、めでたしぃい! さあ、みんな、呑めや、唄えや! どんちゃん騒ぎで夜を明かせ!」


 ~~
 ~~


 第九十九章「世界大戦終結から一年も経過したってのに、相変わらず世界は陰気くせぇ。悪の巣窟『大帝国』が滅んでも、世界には、いまだ不穏な空気が流れたままじゃねぇか。上等だ、くそったれ。こうなりゃ、最後の最後まで、ハードラックと踊ってやらぁ!」


 ~~
 ~~


 第百二十五章「セファイルの勇者、あいつはヤベェ。性根はクソだが、腕がパねぇ。アレが正式に王となった国は、大帝国より醜いブタになるだろう。作戦会議だ! ラムド、後は頼んだぞ。ワシは寝る!」


 ~~
 ~~


 第百五十二章「サミットも失敗に終わった……やべぇな、このままだと第二次世界大戦が起こるぞ。なぜ、こうなる。人間ってのは、どうして、こうなんだ……ちぃぃ……なんとかする方法はないのか……あん? 何ぃいい?! 勇者がカチコミかけてきやがっただとぉ?! 数はぁ?! あぁん?! 一人でぇ?! 噂通り、イカれてやがんな、しゃらくせぇええ! てめぇら、迎撃準備だ! クソ勇者を血祭りにあげてやれぇええええ!」









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く