『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

17話 恐悦至極にございます

 17話。


 慣れているのだ。
 かしずかれる程度の事は。




 当然。
 この御方は、無上の神。
 尊き、その御御足おみあしの前に、全てを捨てて身を投げ出さぬ方が、魂を持つ生物として間違っているのだから。






 アダムは即座に納得する。
 アダムの精神は、確かに、神の領域にあった。




 心を立て直す。
 光を食らうように、目が輝く。




「そこをっ――」


 アダムは怯まない。
 ただ、愚直に、前へ――


「――どうかっ」


 前へ!


「どうかぁ!!」


 五体投地で懇願する。
 決して引かない。


「あなた様に尽くすために、わたしは生まれてきたのです。どうか、この哀れな子羊に、どうか、どうか、御慈悲をっ! この身のすべてを、どうか、あなた様にささげさせてくださいませ!」


 そんなアダムの姿を見て、センは、辟易した顔で、




「俺は、かつて、世界全てを従えた事がある。その世界に存在する全て、神を含めた丸ごと全部を配下にした」




 滔々と、ため息をまじえつつ、




「王様……天帝ってやつになってみて思った事は、すげぇメンドくさい。それだけだ」


「主を煩わせる全ての事象を、わたくしが屠ってみせましょう」


「お前がそうなんだよ」


「今、私は私を殺し、かつての私は、細胞一つ残らず死に絶えました。そして、主の奴隷として生まれ変わったのです。おぎゃー」


「うわぁ、これ、何言っても諦めないパターンのやつだ……だっるぅ……そっち系のヤツじゃないと思ったから、ちょっと闘ってみようとしただけなのに……はぁ、どうすっかなぁ、めんどいなぁ……記憶を消す魔法でも使うか? ……でも、記憶系の魔法、めんどいし、しんどいんだよなぁ……ぶっちゃけ苦手だし……」


 その言葉に、アダムは肩を震わせた。


 豊かな胸がプルンと震える。


 今となっては、神の存在を忘れてしまう事が何よりも恐い。




 今のアダムは、
 ただ、この大いなる光の側にいたかった。




 離れたくない。
 この輝きのそばで、その輝きが照らす全てを、この目で見てみたい。








 それは、きっと、これまでに見てきた何よりも美しいはずだから。








「ああ、でも、そういえば……これまで、存在値1000を超えているヤツを子分にした事はなかったなぁ……まあ、そんなヤツは、ほとんどいなかったってだけの話だが。――神は、いろんな意味でノーカンだしなぁ。あいつ、俺に対して最初から最後まで余裕でタメ口だったし……つか、実際、あいつの立場は、手下ってか、臨時の共同経営者って感じだったし……」


 主が悩まれている間、
 アダムは、ひたすらに祈っていた。




 生まれて初めて神に祈る。
 目の前に実在する、全てを超越した無上なる神に、心の底から祈る。






 ――神託が下る。






「まあいいや。雑用係は必要だしなぁ……お前、今日から俺のパシリって事で」




「恐悦至極にございますぅぅぅうううううう!!」




 額を地面にメリこまさんばかりの勢いで叫ぶアダム。




「パシリ認定で感涙って、どんなマゾだよ」




 呆れ顔で頬をポリポリとかきながら、


「さてと……んーじゃあ、まあ、目の前のイベントをサクっと処理していこうか」


 アダムは、センの視線の先にある二人を睨む。
 いまだ、閉じた時の中にいる魔王と勇者。


 一方は剣を振り上げており、一方は魔法詠唱中。


 アダムは思う。


 神の御前でありながら、なんとふてぶてしい不敬な態度か!




 膝をつけ、膝を!!
 バカモンがぁ!


 時間が止まっている?
 知った事かぁ!


「お任せください。あのしょうもないゴミ二つは、わたくしが、綺麗に掃除しておきますゆえ」
「……あのさぁ、それ、殲滅するって意味で言ってる?」


「はいっ」


「何、晴れ晴れとした笑顔で頷いてんだ。ダメに決まってんだろ、ドアホぉ!」
「しっ、失礼いたしましたっ。どうかお許しください!」


 お叱りを受けた瞬間、顔を真っ青にして、ブルブルと震えるアダム。


「失態を払拭するチャンスを! 必ず償ってみせますので、どうか、どうか! お願いですから、見捨てないでくださいませ!!」


 また頭をめりこませるアダムを見下ろし、




「そこまでするこっちゃねぇだろぉ……超ウザぃぃ……だから、イヤなんだよ、こういう感じで子分を作るの……」




 これも初めてではない。
 これまでにも何人か、こんな感じの配下はいた。


 過去を思い出し、これから起こるであろう確定的な面倒事に想いをはせ、
 センは深い溜息をついた。


「顔あげろ。そして、二度と勝手に謝るな。俺が謝罪を要求した時以外で謝ったら、それは俺に対する背信と受け取る。いいな」


「は、はいっ! もうしわ――ぃえ、なんでもございません!」


 飛び起きて直立し、姿勢をただすアダムに、センは続けて、


「俺は、これから『終わらせる方法』を探す。その邪魔をするヤツ以外は無視しろ。どうしても邪魔なヤツは殺してもいいが、特に理由もない殺戮は絶対にするな。俺の子分になった以上、お前が、悪意をもって誰かを殺せば、俺の殺戮ポイントが上がって、善系の魔法の威力が下がる」


「かしこまりました。全て、至尊が望むままに」


 腰を五十度ほど曲げて、恭しく頷いてから、


「あ、ところで、主上様。御命令は当然承りましたが……その、主上様が望まれている、終わらせる方法とは、いったい?」


「ん? ぁあ、実は俺って死ねないんだよ。いや、死ぬ事は出来るんだけど、死んでも、違う世界で蘇っちゃうんだな、これが」


「この上なき神であらせられる主上様であれば、それも当然の事かと存じます。そもそもの、『主上様に死が訪れる』という概念が少々理解できませんが、まあ、しかし、主上様は、何もかもが規格外の御方。きっと、己の死すら『不可能』ではないという事なのでしょう」


「どう思ってくれてもいいよ。……とにかく、俺は死ねない。終われないんだ。とっくにカンストしちまって、特にやることもねぇのに、ダラダラと生き続ける。これはなかなかの地獄だ。と言う訳で、俺は、俺を終わらせる方法を探す。お前は、俺が調べ物している間のパシリ、それ以上でもそれ以下でもない。いいな」




「かしこまりました!」




 元気に返事をしながら、アダムは考えていた。


(死によって、違う世界に転生してしまう。ふむ。何かのアリア・ギアスか、それとも別の何か、か。あるいは、不死鳥の血族? ……ふーむ。いや、考えるだけムダだな。そして、理由云々は、実際のところ、どうだっていい。大事な事は、主が、終わり方を探しているという、ただその一点)


 アダムの頭が冷たく回転する。


(どうやら主は、本当の意味で『死』を求めておられるご様子。ふふふ。ありえませんなぁ、主よ)


 やれやれと、心底から呆れたようにため息をついた。


(あなた様は、永遠に世界を照らす耀き。もし仮に、あなた様を終わらせる方法などというものがあったとしても、あなた様の消失を、私は絶対に認めませんよ。あなた様は、永遠に、私を包む後光。決して逃がしは致しません)




 アメーバがヤンデレ化しました。
 本当にありがとうございました。










 この作品のヒロインは、かつて一つの世界を吸収し尽くした、神に限りなく近い最強の狂信者系ヤンデレアメーバ(超巨乳の究極美少女)です。


 ……まあ、あるあるですね。
 知り合いの異世界転生モノに五人はいます。


 と言う訳で、魔王と勇者がガン無視で放置されていて、特に何にも始まっていないプロローグ、エンド。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く