『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 《 神の領域 》  

12話




 風が吹いた。
 疾風。


 アダムが、身を低くして飛び出していた。
 それは、人の目では追えない迅雷。


 武器はエルボー。


 もちろん、それは、ただの肘じゃない。
 グリムアーツ『雷禅/緋色』


 雷神を名乗っていた魔王から奪いとったグリムアーツ。
 豪速で懐に飛び込み、体幹を回転させながら、えぐるように肘をいれる体技。


 ゆっくりとなら、子供でも楽に型をマネできる、単なる武の一つ。




 しかし、その単なる武を昇華させるのがグリムアーツ。




 究めれば『武術』を、つまりは『肉体』を、戦略級兵器に変えられる技術。


 アダムが『雷禅/緋色』を全力で使えば、山を木っ端みじんに吹き飛ばせる。
 一点集中の力、範囲極小の力で、世界の地形を変えられる。




 グリムアーツは、魔法と違い、会得するのに膨大な時間がかかり、会得してからも絶え間ない研鑽が求められる、非常にワガママでダダッコな能力。
 だが、極めてしまえば、魔力の消費を必要とする魔法と違い、なんのリスクもなく使用できる頼れる必殺技となる。


 魔法よりも、グリムアーツを鍛えた方が、最終的には強くなれる。
 そんな事は誰だって知っている。


 だが、なかなか実行には移せない。


 大抵の者は、一つか二つ、魔法耐性が強い者と戦う時のためにと、正拳突きやハイキックを少しばかり磨くだけ。


 なぜなら、前述したように、グリムアーツの取得は面倒くさすぎるから。
 会得するのも持続するのも、時間と手間がかかりすぎる。




 ゆえに弱者はグリムアーツではなく魔法を好む。








 ――愚かな神よ。
 貴様もそうだろう?








 確かに、ランク30の魔法は素晴らしい。


 流石は神。


 ――しかし、切り札に選んだ魔法が酷過ぎる。






 よりにもよって、コピーだと?






(愚か! 貴様は、最初から、精神的に死んでいる! 私の前に立つ資格はない!)




 空気を裂くようなステップを踏むアダム。
 腕を固定し、肘を固め、重心低く、高速で、神の懐に踏み込み――


「――え?」


 すっころんだ。
 ステンと仰向けで倒れこんでいた。




 認識が追い付かない。




 しかし、聞こえる。




「悪くないぞ、アダム」


 センは、アダムの、プルンと揺れた大きな胸を、足でツンツンとつつきながら笑う。


 かなり、しっかりめのセクハラ。


 センは、三秒ほど、アダムの胸を楽しんでから足を離す。


 追撃はせず、優雅に、まるで演舞中のスケーターのように、
 地を滑るように、すり足で距離をとりながら、


 ――センは、さらに採点を続ける。






「お前に負ける事はありえないが、同じ能力である今ならば、常に確定でパーフェクト勝ちできるほどの差はない。その領域にいる者は、全世界を探し回ってもそうそういない。お前は強い。だから、自信を持って
 ――負けにこい」










 ――アダムは立ちあがる。
 最小限の動きで戦闘態勢に戻る。




 幸い、なのかどうかは知らんけども、ダメージはない。
 動ける。
 動こうと思えば、今すぐにでも。




 ――しかし――


「……くっ」


 アダムは、土埃を払いもせずに、苦い顔でセンを見る。


 その美貌に、『可憐さ』が生まれた瞬間。
 芽生えた恐怖が、アダムをより美しくする。


 その完璧な美しさに、儚さが浮かぶようになり、脆さが含まれた。


 ――アダムは、センをただ睨む。
 それしかできない。
 まるで威圧感が、体にまとわりつく、鋼のツタのよう――


(マグレではない……先の一手だけでも分かる……)


 冷や汗が溢れる。
 心がグニャグニャしている。


 その豊かな胸の谷間に冷たい汗が流れていく。


(強い……信じられない……こいつ、私よりも遥かに戦闘力が高い……ありえない、あってはいけない。私より強い者ならともかく……私よりも『圧倒的に強い者』など……そんなもの……)




「俺を見誤るな。それは、勘違いだ」


 センは軽く、両肩を回しながら、


「さっきの受け流しは、経験の差が生んだ、確定的なマグレでしかない。ブロント語に聞こえるかもしれないが、あるんだよ、事実、そういうものが」


 確定的なマグレ。
 なんのトンチだと、アダムは一瞬混乱する。


「……お前は強い。愚直に積み重ねてきたのが分かる。気が遠くなるほど繰り返したのが分かる。戦闘だろうが勉強だろうがスポーツだろうが、なんだって同じ。積み重ねた結晶が結局、一番、美しい」


「……」


「さあ、やろう、アダム。何度も言うが、心配するな。お前は強い。俺が本来の存在値を持ってここに立っていたならば、お前の命は一秒持たないが、今はステータスだけなら同等。つまり、お前が積み重ねてきた研鑽は、充分、俺に届く。だから、全力で」




 ――俺に負けるがいい――







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く