『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 理論上最高の召喚

 ※


「……ひゃひゃひゃ、さてどんな魔物じゃ? 種族はエンシェントドラゴンか? 覇鬼か? って……はぁ? 人間? なんじゃい、失敗じゃ。くそが」




 ラムドはため息をつきながら、背後にある骨のイスに腰をかけた。




 召喚された人間が、「もういい! 異世界~~」などと、なんだか訳のわからん事を叫んでいるが、そんなことはどうでもいい。


 虫けらの叫びなど無視、無視。




 ラムドは、机の上にある本をパラっとめくる。


「何がイカンかったんじゃろう……間違いなく、理論上最高の召喚術式だったはず……」
 頭をぽりぽりとかきながら、
「パールドラゴンの魔眼が腐っとったんじゃろうか……それとも、ハイエルフの羽が足りんかった? ……んー」




 自分の世界に入り込んで唸っているラムド。






 そんな彼を、召喚された人間――『せん』は睨みつけていた。


(……召喚されたのは何となくわかる。召喚による転生は二十回くらい経験しているからな。……で、こいつが召喚主のはずなんだが……なんで、こいつは召喚したばかりの俺を無視して、鈍器になりそうな分厚い本を読んでいるんだ? これは、なんの放置プレイだ?)


 心の中でブツブツと、


(それはともかく……また終われなかった。もういいっつぅの。何回やればいいんだよ。こちとら、異世界転生には心底から飽き飽きしてんだよ。もう強さも限界まできたし、世界のことわりについて知らんこともほとんどないし、何より、ぶっちゃけ、どの異世界も大差ないし……もう、俺にとってはオワコンなんだよ、異世界転生とかぁ! 飽きたゲームを延々やらされるとか、どんな拷問?!)




 閃は、魔法陣の上で体育座りをして、深いため息をついた。




 そんな閃をとにかく無視して、ラムドは、


「いや、やはり、どう考えても失敗などありえん……少なくとも、人間などという下等種が出てくる事はありえん……どういう事なんじゃろうか……」


 ラムドの心情で言えば、この状態は、一まわし一億円の天元突破神解放ガチャで、ノーマルランクのゴミを引いたようなもの。


 この世界でのラムドの立場は石油王級なので、このメチャメチャ金のかかるガチャも、まだ何度か回せる。
 一応、何らかの失敗をした時の予備として、もう一回分だけならすぐにでも回せるように準備はしてあるので、最悪、もう一度回せばいいだけの話。


 つまり、決して取り返しのつかない失敗ではない。
 が、だからといって、この「人間」を召喚してしまうなどという、わけのわからん失敗は許容できない。




「うーむ、もしかしたら、ただの人間ではないんじゃろうか……見た感じ、なんの魔力も感じんが……」




 そこで、ラムドはイスから腰を上げて、閃の元まで近づき、
「やはり、何も感じん。わしの『サードアイ』で見破れん隠蔽魔法はない。どう考えてもただのカス……うーむ」






(たかがサードアイで見破れるフェイクオーラなんざ使うかよ。そんなもん、なんの意味があるってんだ……あー、しっかし、まいったな。究極超神位の自爆魔法まで使って魂を潰したってのに、結局、終われなかった。ほんと、どうすりゃいいんだよ……どうすれば、俺は終わる事ができるんだ? いったい、どうすれば、この無限地獄から抜け出せるんだよ、くそがぁ!!)






 そこで、ラムドが、閃の頭をコツンと小突き、


「おい、ぬし。何か芸はできるか?」


「……芸?」
「変わった特技は持っておらんのかと聞いておる。……いかんのう。頭も悪いのか」


 やれやれとカブリを振るラムドを見て、閃は頬をヒクつかせる。


(たかが存在値78程度のカスが、ほざくじゃねぇか)


 心の中でそう呟くと、ゆっくり立ち上がり、
「そうだな……じゃあ、こんな 『お遊び』 はどうだ?」


 言いながら、センは、右手の人差指をラムドに向けて、






「――仮死、ランク1000。 ――擬態、ランク1000」






 魔法を使った瞬間、ラムドの心臓は止まる。
 そして、センの姿がラムドそっくりになった。


「ラムド・セノワール……上級召喚士。存在値の世界ランキングは……3位か。存在値80以下で、世界ランキング、トップスリー……はっ。典型的な中級世界エックスだな」


 最高位の擬態になれば、ただ姿を変えるだけではなく、脳内をトレースする事もできる。




 センは、ラムドの脳内を探りながら、研究室を出る。






 ちなみに、世界のランクは、上から、
 超最上級世界(通称、アルファ)
 最上級世界ベータ
 上級世界ガンマ
 中級世界エックス
 下級世界マイナスエックス
 最下級世界ダブルマイナスエックス










「――ほう。今、勇者がこの魔王城を攻めている真っ最中なのか。とんだスクランブルじゃねぇか。……ってか、この召喚士、ナンバーツーの実力者かつ宰相って立場なのに、なんで、その緊急事態をほっぽりだして、ガチャまわして遊んでんだ?」
 エピソード記憶のツリーを揺らしてみると、
「ああ、なるほど。魔王に『戦力を増強した方がいい』と進言して、研究室にこもっていたのか……どうやら、ここの魔王は、ラムドに頭が上がらないらしいな。魔王の存在値は……ん? ……なんだ、この魔王……魔法が使えない? おいおい、剣技しか使えないのかよ。んーーー……だが、それでも90くらいはあるな。……ほむほむ。どうやら自分でその道を選んだらしい。どんだけ脳筋なんだよ。気合い入りすぎだろ」




 赤い絨毯がしかれている長い廊下を歩いていると、


「ラムド様!」


 ラムド直属の配下の一人であるエレが声をかけてきた。
 ムキムキの体形をした、戦士型の吸血鬼。
 ラムドが召喚した者の中ではかなり当たりで、
 存在値は、召喚された魔物の中だと最高の52。




 エレは、目の前までかけてくると、片膝をついて、
「いかがでしたか?」
「ん? あー、召喚の件か? いや、失敗してしもうた。なんも召喚できんかったわい。ひゃひゃひゃ」


 高位の擬態であれば、人格をトレースする事も容易い。
 配下は何の疑いも持たず、


「そ、そんな……ラムド様が召喚を失敗するなんて……」
「それほどの大召喚だったということじゃ。ちなみに、勇者は今、どのへんじゃ?」
「はっ。現在、第六ゲートを突破し、監獄エリアで、サリエリ様と戦闘中でございます」




 サリエリは、存在値75の堕天使。


 魔王軍序列三位。
 世界ランキング12位の最高位モンスター。
 だが、世界ランキング1位の勇者が相手では時間稼ぎしかできないだろう。




(ふむ。監獄エリアの場所は……なるほど、この辺か)
 頭の中で詳細に思い浮かべた魔王城の見取り図と、サリエリについての情報を掘り起こして、
(ラムドの頭の中にある情報から計測するに……勇者の存在値は95~6ってところか。サリエリの能力とは相性も悪いし、こりゃあ瞬殺かな……となると、勇者が王の間に辿りつくまで、あと十五分といった所か)





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く