『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

1話 プロローグ

 第一話。






 高校一年の秋に、俺はトラックにはねられて、異世界に転生した。
 まあ、あるあるってやつだ。






 俺は、その世界で冒険者になって、色々な旅をした。
 スライムを倒して、オーガを倒して、最終的にはドラゴン的なヤツも倒した。
 英雄と呼ばれたり、ハーレムをつくったり、色々した。


 実に充実していた異世界ライフは89歳で終わった。








 天命をまっとうした俺が目を覚ました時、違う異世界で赤ちゃんになっていた。
 嬉しいことに、記憶も能力も全部継いでいた。
 強くてニューゲームってやつだ。




 まあ、あるあるだな。




 俺は、二度目の異世界生活も楽しんだ。
 一度目の異世界転生と違い、最初から無双しまくって、その世界の伝説になった。
 なかなか刺激的だった二回目の異世界転生も、102歳で終わった。






 天命をまっとうした俺が目を覚ました時、違う世界で魔物になっていた。


 幸いなことに、またしても、記憶・能力共に余す事なく引き継いでいた。
 サクっと魔王になって、世界を支配してやった。




 まあ、あるあるだな。




 なかなかゲスい世界で、クズみたいな人間が沢山いたので、片っぱしから調教してやった。
 まともな人間もそこそこいたので、そいつらと配下を巧みに使って世界を平和にしてやった。
 なかなか楽しい魔王ライフだった。
 そんな生活も、92歳で終わった。






 天命をまっとうした俺が目を覚ました時、俺はまた違う異世界で目をさました。


 このあたりから、「アレ?」と思い始める。


 だが、俺は、「まあ、いいか」と、また新たな世界を楽しんだ。
 まあ、楽しかった。まだ、楽しかった。


 レベルは遠慮なく無制限にどんどん上がっていくし、出来る事も加速度的に増えていくし。
 楽しかった。


 うん、この辺りまでは、まだまだ楽しかった。


 天命をまっとうしてから目を覚ますという異常事態も、経験回数が50を超えると、ただのダルい面倒事になった。


「またか」


 いつしか、それが、俺の口癖になった。
 その口癖が発動するのは、生まれ変わった時だけじゃない。
 冒険者に登録するときにからんでくるテンプレとか、
 妙にお気楽な神様とか、
 腐った貴族とか、
 魔王とか、
 勇者とか、
 ありとあらゆる者に対して、俺は「またか」と思うようになった。














 そして、俺はまた、違う異世界で目を覚ます。
 記念すべき、百回目の目覚め。
 俺は流石に叫んだ。








「もういい! 異世界転生、もう飽きた!!」








 俺の存在値(レベルとかステータスとかパッシブスキルとか全部ひっくるめた総合値)は現在、17兆。


 称号は、恥ずかしながら、究極超神。


 異世界に転生する事、計100回。
 気付けば、俺は、どの世界の神よりも上位に位置するバケモノになっていた。


 それはいい。
 別に、それは、まあいい。


 そんな下らないことより、ねぇ、これ、いつ終わんの?







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く