転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

36話 テレス達と訓練

記念1話追加予定でしたが、忙しくて書けてません、
(妹の事だったりね≧(´▽`)≦アハハハ)
なので次投稿する日に記念1話投稿しますね

なろうの方の誤字報告がめっちゃ来る笑



今は訓練所に来たとこだ

「まずは、ステータス見せてくれる?」

「分かりました」×3

そして、みんなステータスを出した

「まずはテレスさんから見せてくれる?」

「分かりました」

{作者 一応ステータス出しときますね、一応時間が経ってるので少々変えますね}

[名前] テレス・ティア・クロート
[年齢] 10
[種族] ハイヒューマン
[性別] 女
[職業] 学生
[レベル] 1
[HP] 26000/26000
[MP] 60000/60000
[物理攻撃力] 2000
[物理耐性] 6000
[魔法攻撃力] 8000
[魔法耐性] 60000
[素早さ] 400
[運] 80
次のレベルまで:exp 
[称号] マーベルド王国第1王女 ベルドの婚約者 ベルドの加護を持ちしもの 
[魔法] 火 水 風 雷 地 光 闇
[通常スキル] 
礼儀作法LvMAX
魔力操作Lv5
{説明 
魔法を使うのに必要}
ステータス補正LvMAX
{ステータス補正説明
ステータスがレベルアップ時、通常時100上がるとしたら、10000くらい上がるようになります}
:
{作者 スキルまだほとんど考えてません、良いのがあったら教えてください}
[特殊スキル]
詠唱省略Lv7
完全結界
------- 
[加護] 無限絶超越創焉覇輪廻神主の加護Lv∞ 

「案外強いね、ステータスを見た感じ魔法特化かな?」
(まー自分でやったから知ってるんだけどね)

「はい、ベル君に強くしてもらいまして」

「そうなんだじゃあ2人も?」

「はい」×2

「じゃあ次はミーファさん、見せてくれる?」

「分かりました」

[名前] ミーファ・フォン・マーレス
[年齢] 10
[種族] ハイヒューマン
[性別] 女
[職業] 学生
[レベル] 1
[HP] 24000/24000
[MP] 50000/50000
[物理攻撃力] 1800
[物理耐性] 6000
[魔法攻撃力] 4800
[魔法耐性] 60000
[素早さ] 400
[運] 80
次のレベルまで:exp 
[称号] ベルドの婚約者 ベルドの加護を持ちしもの 
[魔法] 火 水 風 雷 地 光 闇
[通常スキル] 
礼儀作法LvMAX
ステータス補正LvMAX
魔力操作Lv5
:

[特殊スキル]
詠唱省略Lv7
一撃必殺
------- 
[加護] 無限絶超越創焉覇輪廻神主の加護Lv∞ 

「テレスさんより少し低いんだね、テレスさんは王女って事で高くしたのかな?」

「たぶんそうでしょうね」

「そうなんだね、魔法特化だね、じゃあ次はレミアさんだね」

「分かりました」

[名前] レミア・フォン・フォルマー
[年齢] 10
[種族] ハイヒューマン
[性別] 女
[職業] 学生
[レベル] 1
[HP] 24000/24000
[MP] 50000/50000
[物理攻撃力] 1800
[物理耐性] 6000
[魔法攻撃力] 4800
[魔法耐性] 60000
[素早さ] 400
[運] 80
次のレベルまで:exp 
[称号] ベルドの婚約者 ベルドの加護を持ちしもの 
[魔法] 火 水 風 雷 地 光 闇
[通常スキル] 
礼儀作法LvMAX
ステータス補正LvLvMAX
魔力操作Lv5
:

[特殊スキル]
詠唱省略Lv6
完全治癒
------- 
[加護] 無限絶超越創焉覇輪廻神主の加護Lv∞ 

「ミーファさんと同じかな特殊スキルが違うけど、みんな魔法特化なら余裕で超級以上まで使えるかもね、頑張ればだけど」

{魔法レベルは初級、中級、上級、超級、極級、究極級、神級、一般的に知られて無くて、ベルドしか使えない、∞級があるよ}

「ほんとですか?!」

「うん、そうだね 、頑張ればだけどね」

「頑張ります、よろしくお願いします」

「お願いします」×2

「はーい」
《ピクシー、何したら魔法ってどうしたら強くなるの?》

《魔力操作が上手くて魔力が高いと魔法は強くなりますね、それか杖を使ったりしたら強くなりますね》

《そうなんだ、じゃあ魔力操作を鍛えて、魔力をあげたら、杖を作ってあげたらいいかな》

《そうですね、それがいいでしょう、ベルドとして上げるなら少し弱くしておいたら良いでしょうね》

《分かった、ありがとう》

「じゃあまずは、魔力操作を上達させようか」

「どうして、魔力操作なんですか?」

「魔力操作を上達させる理由は、魔力の操作を上手くしたら強くなるんだよ、だから魔力操作を上手くしてから次の工程へ移るよ」

「分かりました」×3

「魔力操作の目標はこの位できるようになったら次へ行こうか」

ベルドハルは魔法で水の玉を5個出してそれぞれ違う動きをして見せた

「このくらい出来たらいいかな」

「こんなこと出来るんですか?!」

「魔力操作のレベル何ですか?!」

「こんなこと出来るんですね」

「難しいだろうけど出来るんだよね」

「取り敢えず頑張います」

「はい」×2



今回はこんな感じですがすいません、忙しいんですよ!
今週は記念に1話を書けないと思いますので、忙しく無くなったら投稿しますね、すいません、前回の休み分もその時に一緒に投稿しますね、すいません

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く