転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

31話 強くなった魔族の力を見る

いつかは忘れましたが後回しになってたおまけ分も今日の11時に出ると思います
いいネタが出来たので、もしかしたら面白くないかも?(まだ出来てないからわからん)
これ書いてるのは5月6日夜中の2時です、何してんだろうね、こんな時間に、昨日は特に何も無かったのに、いくらでもかけたでしょうに、...ま、今から2話分書くんですがね、(ネタを忘れる前に)

修正、前回ハデスが豆を食べましたが、作者の勘違いで、ハデスになりました、本来はメルダです、すいません

この作品、修正多いな笑



あれから神界から帰ると少し騒いでた

「ベルド様、全くどこに行ってたんですか、心配しましたよ」

「あー、ごめんね、ここだけの話、神界に呼ばれてた」

「そうでしたか、神様方はなんと?」

「それ以上強くなって意味あるのか?って言われた」

「まーそうですね、今更、ベルド様に叶う者などいないのですから」

「そうだね、みんなも心配してた感じ?」

「はい」

「そうか、ありがとう、上手く誤魔化しとこ」

そして、前回のごとく音魔法で声を全体に行き渡らせる魔法を発動した

「みんな、済まない、進化の豆を僕も食べたのだが、僕の能力の転移が無意識のうちに発動したらしく、遠くに行っていた、心配かけてすいません」

「そうでしたか」「そうだったのか」などの声が上がった

「みんなは進化したことによって強くなってるはずだ、そのためステータスを進化前のランク順に下からめせてくれ」

「はい」×大量

ちなみに魔族は魔力が多く魔法が強い、中には上手く魔力と魔法を使い近接戦闘をするものも数多く居る、
ランクは上からSSS SS S A B C Dだ、
魔族は返事の後それぞれのランク順に並んで行った

「まずはDランクの人達だね、数は約20万くらいかな」

そして前から順にステータスを見せてもらい、ステータスの確認が出来た、Dランクはこの位だった

[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1 {レベルは進化してるので1に戻ってます}
[HP] 3000~5000 
{~これは一番下から1番上まで様々な数値ということです}
[MP] 7000~9000
[物理攻撃力] 1000~2000
[物理耐性] 1000~1500
[魔法攻撃力] 2500~4000
[魔法耐性] 2000~4000
[素早さ] 1000~2000
[運] 0~500
{運は普通の人族でMAXが100テレス達は例外ベルドの加護を持ってるから魔族だとMAX500それ以外はほぼ上限がない}
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人2~5個は持ってる
[特殊スキル]
たまに持ってる程度
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

「次はCランクの人達だね、人数は約20万くらいかな」

そして次々と見て行った
Bが約1万人、Aが約1000人、Sが約500人、SSが100人、SSS10人だった

Bランク
[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1
[HP] 5000~8000
[MP] 9000~13000
[物理攻撃力] 2000~4000
[物理耐性] 1500~2500
[魔法攻撃力] 4000~8000
[魔法耐性] 4000~7500
[素早さ] 2000~3000
[運] 0~500
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人5~7個は持ってる
[特殊スキル]
たまに持ってる程度
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

Aランク
[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1
[HP] 8000~10000
[MP] 13000~17000
[物理攻撃力] 4000~5000
[物理耐性] 2500~3000
[魔法攻撃力] 8000~11000
[魔法耐性] 7500~9000
[素早さ] 3000~4000
[運] 0~500
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人6~8個は持ってる
[特殊スキル]
だいたい100人に1人ぐらいで持ってる程度
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

Sランク
[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1
[HP] 10000~13000
[MP] 17000~20000
[物理攻撃力] 5000~6000
[物理耐性] 3000~4500
[魔法攻撃力] 11000~14000
[魔法耐性] 9000~12000
[素早さ] 4000~5000
[運] 0~500
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人7~9個は持ってる
[特殊スキル]
だいたい50人に1人ぐらいで持ってる程度
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

SSランク
[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1
[HP] 13000~16000
[MP] 20000~25000
[物理攻撃力] 6000~7500
[物理耐性] 4500~6000
[魔法攻撃力] 14000~19000
[魔法耐性] 12000~16000
[素早さ] 5000~7000
[運] 0~500
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人8~10個は持ってる
[特殊スキル]
だいたい10人に1人ぐらいで持ってる程度
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

SSSランクからは圧倒的にに別格の強さになってくる、そのためSSとSSSランクの間には相当な壁ができている、SSSランクに行くものは生まれつき才能や努力を積み重ねてなった者がいる

SSSランク
[名前] 〇〇〇〇
[年齢] 〇〇〇〇
[種族] 魔族
[性別] 男/女
[職業] いろいろ
[レベル] 1
[HP] 116000~20000
[MP] 25000~40000
[物理攻撃力] 7500~15000
[物理耐性] 6000~10000
[魔法攻撃力] 19000~27000
[魔法耐性] 16000~25000
[素早さ] 7000~10000
[運] 0~500
次のレベルまで:exp 
[称号] それぞれ
[魔法] 全魔法の中からそれぞれ何個か 
[通常スキル] 
だいたい1人10~5個は持ってる
[特殊スキル]
1人につき1つ持ってる
------- 
[加護] 
持ってる者も持ってない者もいる

---

[名前] フォーメルダ
[年齢] 439
[種族] 魔族
[性別] 男
[職業] 魔王
[レベル] 1
[HP] 7543790=25000000
[MP] 93896584=390000000
[物理攻撃力] 654828=800000
[物理耐性] 6382682=9000000
[魔法攻撃力] 72628272=95000000
[魔法耐性] 7252728=9000000
[素早さ] 72822=200000
[運] 200=1000
次のレベルまで:exp1000
[称号] 歴代最強魔王 歴史上初人族と戦争をしない魔王 
邪神以外の加護を持ちし者
[魔法] [火] [水] [風] [闇] 
[通常スキル] 
鑑定
隠密
偽装
[特殊スキル]
魔眼
成長速度上昇
ステータス補正
------- 
[加護] 
魔法神の加護Lv3
邪神の加護Lv5

---

になっていた

「みんなありがとう、だいたい君たちの強さは分かった、これからも訓練をして僕にもっと力を見せてくれ活躍したらその分給料も少しは増えると思っといてね」

魔族達は給料の話を聞いてやる気を活性化させた

「装備は措置に必要になったら渡すからそれまで待ってね」

「分かりました」×大量

「それじゃあ、ここに空間の扉を開けるからそこに入って行ってくれあとでメルダに勲れる用の機会の説明をして貰いに行くから、それまで好きにしてていいよ」

そしてみんな空間の扉へと入っていった

「次は1週間後だね」

「そうですね」

「暇な1週間の間には、新しい、スキルとか試してくるから、その間管理とかよろしくね」

「分かりました」



メルダに豆を食べさせた理由がわかる人は凄いね、ベルドが言ってた、あの理由は食べさせる口実を付けただけです、本来の理由は
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
この丸に収まります、読者の方の誰か1人でも当てられたら、景品?的な意味で1話分追記になります、頑張って当ててください
簡単だと思いますが

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • hatuki

    自分の中では魔族=魔力高いだからこうなりました

    2
  • AZAMI

    みんな魔力高スギイイイイ!!!!

    1
コメントを書く