転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

16話 魔法試験

小説家になろうの方にも投稿しようと思うのですが、
どっちがいいのでしょうか。
(こっちのをコピペになりますが)




武術試験が終わって、魔法試験の場所に来た

「お、お前早いな、ドルタがもっと時間かけると思ったんだけどね」

実は試験開始からまだ20分ぐらいしか経ってない

(魔法試験は女の人か)
「瞬殺してしまいましてね」

「そうか、あいつも結構強いはずなんだけどね」

「確かに強かったですね」

「お前の方が強いくせに、とりあいず、魔法試験やるぞ、これで魔力量は測るから魔力を流してくれ」

女の人の横の机にある水晶を指さしながら行った

「分かりました」

そして、ベルぐ魔力を流すと

パリン

水晶が粉砕した

「あ、壊れた」

「.......」

口を開けたままフリーズした

「どうしたらいいですか?」

「.......」

「少し待つか」

数分後

「学園長がやっても壊れなかったのに」

「あ、築きましたか」

「君の魔力量はどうなってるんだ」

「気にしないでください」
 
「あぁ、分かった、じゃあ次はあの的に向かって好きな魔法を打ってくれ、全力で........やっぱり弱く打て、ここ全体が吹き飛びそうな気がするから」

「分かった『ファイヤーボール』」

そしてベルは無詠唱で火魔法の初級ファイヤーボールを打った

ドーーーン

そして的もろとも吹き飛ばしてクレーターが出来た

「無詠唱でこの威力、君は何者だい?」

「ベルド・フォン・ドラシエル・ドルナードですよ」

「まーいい、合格だ、これで終わりだから帰っていいよ、
もし落ちそうな時は私が止めてありるよ」

(武術試験の人と同じこと言ってるな)
「ありがとうございました」

そしてベルが帰って行ったあと試験管は

「今年のトップはアイツだな」



次回から試験編は終わりだよ

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • hatuki

    なろうの方に今は投稿してますよ

    2
  • ノベルバユーザー243598

    小説家になろうの方がいいと思いますよ

    2
コメントを書く