クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

大凡の推測はしていたが、まさか本当にこうなるとは思ってもみなかった。

「で、君があいつらを倒したと……」

頬杖をつきながら、気だるそうに言う彼はこのギルドのギルドマスター。
名は、フラン・リーシェと言ったか。

後ろで括られた長い青髪は、まるで萎れた花のように元気がない。
無償髭を生やし垂れ下がった目からは、この国のギルドを統括する物とは断然思えない身なりだ。

「一応、ギルド内での揉め事は厳罰なんだけどねぇ」

あの後、直ぐに駆けつけてきたギルド職員により別室に連れて行かれた俺達。
そこで、事情聴取を行うとかなんとかで、ギルドマスターがでてきたという訳だ。

「本当に申し訳ない」

ネチネチと責め立ててくるギルドマスターに、一向に頭を下げないシャルロットに変り俺が頭を下げる。

「あ、主様。このような奴に頭を下げることなどありません」
「このバカ」

ギルドマスターを指さし、このような奴扱いをするシャルロットの頭をチョップした。

「あひゃっ! 」
「お前も謝れ。というか、お前こそ謝れ! 」
「で、ですから。妾は何も……」
「あ、や、ま、れ」

俺に強く睨まれたシャルロットは、小さく縮こまる。

「も、申し訳ありません」

そして、ようやく頭を下げた。

「いや、まぁいいんだけどね」

と。それにあっさりと言うギルドマスターに、俺は軽く殺意を覚える。

「その代わりと言っては、なんだけど」

気だるそうな顔が、みるみると満面の笑顔えと変貌する。
まるで、悪戯を思いついた少年のように。

これは何かある。絶対に面倒くさいことが起きる。
そんな予感に限って、期待を裏切ることを知らない。

「1つ頼まれてくれない? 」

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く