クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

テンプレは必然

シャルロットは美少女だ。
日本にいた頃のアイドルと隣に並ぼうものなら、そのアイドルは顔を赤くして足を震わせ、比較の目に怯え続ける事だろう。

俺の元クラスメイトの遙日。彼女ですら足元にも及ばない……。
いや、足元程度だろうか。

とまぁ、そのレベルの''女の子''をひよっこでありながら、どこかもさい華奢な男が連れ回していれば。

――必然とも言えようか、屈強な男達にとてもモテるのだ。

「おいにぃちゃん。いい女連れてるじゃないか」
「なぁ、いいこと教えてやるからさ、その子置いてこっち来いや」

ニヤニヤと笑う男達に、俺はどうすることも出来ない。
来てそうそう大きな騒ぎを起こしたくないし、あとなんか強そうだし。

力を得たとはいえど、心は純粋な日本人。喧嘩慣れもして無いし、いかつい男達に囲まれることを日常ともしていない。

兎に角、この状況をどうにかしなければならない。出来ることならギルドの職員が間に入ってくれるのが好ましいのだが……。

「下賎な豚ども。我が主にその態度、至極不敬だ」

隣でボソリと呟いたシャルロット。その言葉は、あろう事か男達の耳に届いたようで。
美しい見た目とは裏腹な、冷徹な声。そのギャップに、口を大きく開いて驚いている。

「お、お前。少しくらい面が良いからと調子に乗るなよ」
「そうだ、俺達を誰だと思ってんだ!? 」
「誰……。喚くことしか能のない猿じゃないのかしら? 」

――貴様ァ……。

怒りを顕に、拳を震わせる男。

いや、そりゃそうだ。それだけ煽ればそうなる。
頼むから、それ以上ことを荒げないでくれ。周りの視線が痛い。

だが、そんな願いは一瞬にして枯れ果てた。

「主に対する不敬、身をもって償え」

そう言うと、真正面に立つ男の腹を強く殴った。

「うっ」

肺に溜まった空気が漏れだし、蹲る。

「き、貴様ァ! 」

迫り来る拳。シャルロットは、それをいとも簡単に避けると、その腕を掴み捻るように投げ飛ばした。

「頭をたれ、謝罪の意を主に示すというのならばここまでにしてあげる」

倒れる男に、鋭い眼差しでそういうシャルロット。
男達は、方をビクリと震わせると俺に土下座をした。

「「この度は、誠に申し訳ございませんでした!  」」
「え、あ、いや。まぁ、いいよ」
「主のお許しがでた。その慈悲を受け、直ぐに立ち去れ」

シャルロットからの許可が出ると、男達は光の速さで立ち上がり、ギルドから出ていってしまった。

「………………」

ものすごくキラキラとした眼差しで俺を見ているが、シャルロットよ……。

「やりすぎだ」

だが、その小動物のような愛嬌に強く怒ることは出来ずに。
そう小さく呟いて、頭を撫でた。









オススメ紹介


いじめられっ子で地味な女子高生…九浦葵
内気で人見知りな彼女は、実は強力な超能力の持ち主だった。
全超能力者を殺そうとする《零》が彼女に目をつけ普通の日常が壊れ始める。

みょんちー作の超能力×女子高生のバトル小説!
「超能力」
是非チェックしてみてください


冴島ってキャラ推しです俺は










作品名:邪神と一緒にVRMMO 〜邪神と自由に生きていく〜
作者名:クロシヲ

邪神と一緒にチートライフ!
苦戦などこれっぽっちも似合わない主人公が邪神をドン引きさせたり邪神にツッコミされたりしながら自由にVRMMOの世界を遊んでいく作品です。
グロ多め(らしい)。
神話ネタ、パロディ多めです。
一応毎日更新しております。
一度読んで頂ければ幸いです。


グロ多めです。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く