クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

登録です

俺達は、ラルスさんに連れられて冒険者ギルドに足を運んでいた。

ギルド内は思ったよりも清潔に保たれており、想像していた酒場と言うよりかは。
現世で言うところの、区役所とでも例えておこうか。

「と、言うわけだ」

俺達にギルドの説明をしてくれていたラルスさんは、一通り終わったのか依頼版と言われる場所の前で足を止めた。

「親切にありがとうございます。助かりました」
「いや、気にするな。まぁ、大まかに説明はしたが……わからない所があったらいつでも聞いてくれよな」
「はい。では」

差し出された右手を握り返す。
握手を交わし、依頼版と睨めっこをするラルスさんを背に冒険者登録の窓口に向かった。

「冒険者登録ですね」

先程のやり取りを見ていたのか、受付の女性は笑顔を浮かべてそう言った。

「お願いします」
「畏まりました。お連れ様は、如何致しましょう? 」

受付嬢は、シャルロットに視線を向ける。
どうしようかと少し考えたが、シャルロット自体は武器で、彼女1人になにかさせることも無いだろうと判断した。

まぁ、後に武器だとバレるのも面倒だしね。

「いや、大丈夫です」
「そうですか。でしたら、こちらに必要事項をご記入ください」

そう言って手渡された紙を見る。
そこには、見慣れない文字でなにか書いてあった。

「あのー……」
「代筆で御座いましょうか? 」
「はい、申し訳ございません」
「いえいえ、そのような方は多いので。では、お名前をお聞きしても? 」
「ソウです」
「得意な武器は? 」

得意と言うより、シャルロットが鎌であるだけなのだが。まぁ、一応得意ということでいいか。

「鎌です」
「魔法適性は? 」

これも、全部とは言えないよな。
とりあえず、使い勝手が良さそうな魔法か。

「氷属性と、雷属性です」
「と、特異属性を2つも!? す、凄いですね……」
「あ、あはは……」

特異属性と言われても、何が何なのかはさっぱりだった為、とりあえず苦笑いで誤魔化した。

「では、以上で終了です。そちらで少しお待ちください」

俺とシャルロットは、示された待合所に足を向けた。


「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く