クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

契約?

「はぁ!? 冒険者ギルドを知らない? 」
「はぁ……」

ある酒場でたらふくと飯を奢ってもらった俺達。
ラルスさんは、今日大きな獲物の討伐に成功したらしくその武勇伝を長々と聞かされていたのだが……。

聞きなれない単語――冒険者にそれはなんだと尋ねれば、大きな声を出して驚かれた。

「冒険者を知らんやつに出会ったのは初めてだ。お前、どんだけ田舎者なんだ? 」
「山奥で祖父母に育てられていて……。今日降りてきたばかりなので何も知らないんですよ」
「そうか……。苦労してんだな。よし、もっと食え! 」

大きな声で笑いながら、酔いが回ってるラルスはソウの背中をバシバシと叩き。

「なら明日、俺が色々教えてやる」
「いいんですか? 」
「あぁ、今日は家にこい 」

お節介なラルスさんには、とても助けられる。

「ありがとうございます」

感謝の意を示したソウ。気にするなと、ラルスは運ばれてきた肉にかぶりついた。


暗く光のない世界に一筋の光が舞い降り、生命の殆どがその活動を再開する頃……。

そう、朝である。

ソウはベッドの上で目を覚ました。
隣には鎌、シャルロットだ。

「シャルロット、出てきていいぞ」

正確には人の姿になっていいという表現が正しいのであるが、そんな細かいことは気にしない。

「お主よ、昨晩は随分と楽しそうにしておったの」
「ご、ごめんって。ほら、今日は服を用意したから」

昨晩、ラルスの妻であるベルーナさんに子供用の服がないかと聞いたところ、少し……いや、かなり不審に捉えられはしたが、無事子供服を貰えた。

どうやら娘がいるらしく、今は成人した娘の服を1着、棚の奥から引っ張り出してくれたようだ。

「なんなのじゃ、このヒラヒラが多い可愛らしいふくは? 」
「可愛いじゃないか、さぁ文句を言わずに着ろ」
「妾はもっとカッコイイ服がいいの、じゃ……」

鋭い目で睨みつける、そんなソウの目を見てシャルロット。

「いやー、妾の好きな服である。嬉しいぞ! 」

あからさまに棒読みではあるが、笑顔で頭を撫でるソウ。
流石は神とでも、皮肉を言っておけばいいものかと……。

「それよりお主、まだ妾と血の契約を済ませていないな? 」
「血の契約? 」

首を傾げるソウ。

「血の契約を知らぬのか? まぁ、簡単に言えば主従関係を明確にした強い信頼の契約であるな」

あっさりというシャルロット。

「そ、そんな契約をしてもいいのか? 」
「もちろんじゃ! 妾はお主に付いていくと決めたのじゃからな! 」

年増し幼女の考えは、到底理解できないソウだが……。 
特に問題も無いだろうと、その契約を受諾した。

「早速、契約じゃ! 」

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く