クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

人体

「い、今すぐ元に戻れ! 」

目の前には、美しい白髪に透き通りそうな程美しい肌を露わにした、背丈だ150センチほどの美少女が立っている。

そう、シャルロットだ。

「おぉ、なんじゃお主。妾の美しい姿を見て惚けて居るのか? 」

おっ? おっ? と、少し頬を赤らめ、俯いて目線を逸らしている俺の顔を覗き込むように見る。

「う、うるさい。さっさと服をきろ! 」
「と、言われてもじゃ、妾は服を持っておらぬ」
「そうか……お前武器だもんな」

俺は、武器庫から奪っていったローブをシャルロットに着せる。

「これでひとまずは良いだろう」
「裸にローブとは、えっちぃのお主」

ローブの裾をピラッと捲り、見せびらかすように擦り寄ってくるシャルロットの頭にゲンコツを入れた。

「いったいのじゃあ! 何をする」
「お前が要らんことをするからだろう」
「むぅぅぅ……」

鋭い目で睨みつけてくるが、可愛らしい見た目のため怖くもなんともない。いや、寧ろ可愛いまである。

「お主、何をニヤケておる。せっかく妾がサービスを」
「しなくていい」
「主の馬鹿物! 」

頬をプクりと膨らまし、そっぽを向くシャルロットの頭の上に手を置く。

「いつまでそうしてるんだ、行くぞ」
「うむ」

大きな通りへと戻り、未だゆく当ての決まっていない道を歩き出した。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く