クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

脱出

ソウは、固く閉ざされた鉄の門を背に守っている兵士ごと切り裂いた。
何十人もの兵士が身体を真っ二つにし、臓物を撒き散らして息絶えてゆく。
その上に、重たい鉄の扉が倒れてきて、ぐちゅと嫌な音を立てて潰れていった。

「お前の斬れ味に助かったよ」
「じゃろ? 妾は強いのじゃ! 」

何とか王宮を出た2人であるが、目の前には多数の人だかりができていた。
兵士の叫び声と、鉄が倒れる大きな音が聞こえたからだろう。

「お、おいこれはお前がやったのか? 」
「い、いやぁ」

ソウは話しかけてきた男から目線を逸らす。これはやばいと、心臓の音が小刻みに速くなる。

「あの〜」
「な、なんだよ? 」
「ごめんなさい! 」

詰め寄ってきていた男の腹部に、鎌の柄の部分で衝撃を与え気絶させる。
そして、鎌で地面を叩き地面を揺らすと、野次馬の隙間を掻い潜りその場から走って逃げる。
未だ安定しない地面に、野次馬達は次々とバランスを崩して倒れる。
誰一人として、ソウを追うことは出来なかった。

かくして、ソウは王城からの脱出を成功させた。



「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く