クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

ステータスとご対面

ステータス

名前  畑村 祐介
種族人族

Lv1

HP50
MP100
攻撃30
防御30
俊敏20
知力30

魔法適性  火 闇


スキル
言語理解Lvー
アイテムボックスLv1
怪力Lv1
剣技Lv2

「な、なんだこれ! 」

目の前にいきなり現れたステータスが記されたボードに畑村は驚いた。
一方白に下がってその大きなボードを見上げる。

「これは、ステータスです。貴方の力を数値的に表したものですが……凄い」
「す、凄いのか? 」
「えぇ、平均値の凡そ10倍。それもレベル1で! 」
「そ、そうか! そうか! 」

畑村の顔は段々と明るくなってくる。
他人に、美少女に褒められるとより嬉しいのだろう。
それに、この異世界で下位の位置ではなく、かなり上位の部類に居る安心感もあるのだろう。

「お、おれはどうなんだ! 」
「私! 私は? 」

畑村の強さを見た他のものも、ステータスに興味を示し騒ぎ出す。

「まぁまぁ、落ち着いてください。皆様診断致しますので、お並びください」

王女がそう言うと、その鑑定機に並ぶ。

(はぁ、ステータスって調べなきゃ見れないのか……)

そう心の中で呟くと、目の前に先程のステータスボードと同じものが小さくなったものが目の前に現れた。

ステータス
名前  ソウ・カミヤ
種族人族(神)

Lv1

HP1000
MP5000
攻撃700
防御600
俊敏1000
知力500

魔法適性
火 水 風 土 雷 氷 植物 闇 光 空間 時 重力

スキル
言語理解Lvー
無詠唱Lvー
身体強化Lv10
魔法耐性Lv10
物理耐性Lv10
魔力向上Lv10
隠蔽Lv10
アイテムボックスLv10
鑑定Lv10
武技Lv10
体技Lv10

称号
祖神の血族  神々から認められたもの
人間に化けた神


(………………)

俺は口を開けて数秒思考が停止した。
開いた口が塞がらないとはこういうことだと、のちのち実感出来た。

「いや、なんだこれ」

俺が思わず声を漏らす。

「え? 怱くんどうしたの? 」
「あ、いや……」

俺が視線でステータスを示してみるが、そこを見た遙日は驚きを示さない。むしろ、何も無いだろうと俺に問うしまつだ。

(もしや、見えていない? )

だとしたならば何故だ? 畑村含む他のものにはステータスは開示されている。

そうか、鑑定機がステータスを開示するのか。ならば何故俺にはそれがなくとも確認ができる?

俺は目の前に広げられたステータスをマジマジと見つめる。
何かないか、ステータスが見えた理由……

「鑑定か! 」
「うん? 怱くんどうしたの? 」
「あ、いや、何でもない」

俺は心を少し落ち着けると、再び考える。

このステータスを開示してしまうのは恐らくだが、いや絶対にまずい。
俺のステータスは畑村のだいたい10倍。それに称号も、かなりとやばい。

今はまだわからないことが多いが、このステータスを開示することは不味い事だと分かる。

(隠蔽……)

この為にわざわざ用意されていたと言わんばかりのスキルに彼はため息をつく。

とりあえず、隠蔽をしなければならないな。

名前  ソウ・カミヤ
種族人族(神)

Lv1

HP(1000)
MP(5000)
攻撃(700)
防御(600)
俊敏(1000)
知力(500)

魔法適性
火 水 ((風 土 雷 氷 植物 闇 光 空間 時 重力))

スキル
言語理解Lvー
((無詠唱Lvー
身体強化Lv10
魔法耐性Lv10
物理耐性Lv10
魔力向上Lv10
隠蔽Lv10
偽装Lv10
アイテムボックスLv10
鑑定Lv10
武技Lv10
体技Lv10 ))

称号
(祖神の血族)  (神々から認められたもの)
(人間に化けた神)



(あとは偽装で自然に平均に合わせるように)


名前  ソウ・カミヤ
種族人族(神)

Lv1

HP50(1000)
MP50(5000)
攻撃50(700)
防御50(600)
俊敏50(1000)
知力50(500)

魔法適性
火 水 ((風 土 雷 氷 植物 闇 光 空間 時 重力))

スキル
言語理解Lvー
剣技Lv3
怪力Lv3
((無詠唱Lvー
身体強化Lv10
魔法耐性Lv10
物理耐性Lv10
魔力向上Lv10
隠蔽Lv10
偽装Lv10
アイテムボックスLv10
鑑定Lv10
武技Lv10
体技Lv10 ))

称号
(祖神の血族)  (神々から認められたもの)
(人間に化けた神)

これで大丈夫なはずだと、安堵の表情をソウは浮かべる。
作業に集中していたのか気づいて居なかったが、随分と列は短くなり、残すところ俺と遙日とクラスのリーダー的存在の村見 勇士だけになっていた。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く