チートスキルはやっぱり反則っぽい!?

なんじゃもんじゃ

チート! 009 オークションが始まりました!

 


 オークションは午前10時から始まり、夕方まで開催される4ヶ月に1度のイベントだそうです。
 冒険者ギルドが冒険者より買い取ったアイテムや預かったアイテムだけではなく、一般の商人や貴族を含め多くの出品者が色々なアイテムを出品するのがこのオークションと言うわけだ。
 そして希少なアイテムを捌くのが主目的でエスペノ王国では王都とこのカウラニの街ともう1つの街がそれぞれ年1回の頻度で4ヶ月毎で順番にオークションを開催しており、シローが偶然にも年1回の開催に合わせて高額アイテムを入手できたのは超が付く好運であった。
 その為に現在このカウラニの街には周辺の村や街から多くの出品者、そしてオークションに参加する人々が集まって来る。


 参加者の中には当然だが商人だけではなく貴族も多くおり、街中は豪華な馬車が行き交い高級宿は当然満員となる。
 そしてシローの泊まっている『大熊の右手亭』も人でごった返しており、ジルさんに聞くと毎回こんな感じでオークションの2日前には部屋が全て埋まるらしい。
 そう言えば、この2日ほどは食堂に多くの人が居たし、廊下や階段でもすれ違う人が多かったな、と思い出すシローだった。
 こうしてみるとオークションは冒険者ギルドだけではなく、街にとっても経済効果のある重要なイベントになっているのだとよく分かる。


 そろそろ午前9時を過ぎるので宿を出ると街はいつも以上に喧騒に包まれており、ギルド会館に近付くにつれ人が多くなっていく。
 そして道路脇の露店の数もいつもより増えており祭りのような様相を醸し出している。


 人を掻き分けてギルド会館へ到着するのにいつもの3倍ほどの時間がかかってしまったが、それでも開始時間にはまだ時間がある。
 ギルド会館の中も人、人、人、人、もうウンザリするぐらいの人で一杯である。
 冒険者ギルドは朝一と夕方以降に冒険者で混む事はあったが、冒険者以外でここまで混雑するのは新鮮だと思うシロー。
 いつもは冒険者ばかりなので鎧姿やローブを着た人が殆どだが、今日は豪華な衣装を身に纏った貴族風の人や商人風の人が多い。
 そして馬鹿な者はどこにでもおり、シローはそれを実感する。


「気をつけんか、小僧!」


 2階にあるオークション会場に向おうとホールを横切っていたシローが後ろから来た貴族風の男にぶつかられたのだが、どう考えてもおかしな言い分の男がシローに詰め寄る。


 (前進しているおれの背中に当たっておいて気をつけろもないと思うのですがね。俺が子供だからと舐めているのか?)


 シローはそんな男は放っておいて進もうとしたが、男がシローの肩を掴んできたがシローは構わず前進する。
 シローのSTR値は既に人類では数えるほどしか存在しない値に達しているので、肩をつかまれても大した行動阻害にはならない。
 それが上辺だけで訓練らしい訓練もされていない貴族であれば尚更だ。
 つまりSTRに大きな差があるので男ではシローを止める事等できるはずもなく男はもう少しで引きずられるところだった。


「貴様、ワシにこのような事をしてタダで済むと思うなよっ!」


 ギルド会館の中が一瞬静かになったが、シローは無視を決め込んでいる。
 だが、シローの前には2人の騎士風の男が立ちはだかる。


「貴様、バカン様を無視するとはいい度胸だ」
「私ですか?」


 シローはキョトンとした表情を作り首をかしげて騎士風の男を見る。


「バカン様を引きずった報いは受けてもらうぞ」
「私が馬鹿を引きずった? いったい何のことですか?」
「馬鹿ではない、バカン様だっ!」
「で、その馬鹿様を引きずったってどう言う事ですか?」
「貴様の肩を掴まれたバカン様をそのまま引きずったではないか!」
「え、肩? ああ、何か虫が止まったのかと思い無視してましたが、馬鹿様が掴んだのですか?」


 騎士は真っ赤な顔から真っ青な顔に変わっていましたが、その顔の変化を鍛えれば芸人としてやっていけるのではないだろうか? と思われるほどだ。


「構わんっ、切り捨てろ!」


 馬鹿、ではなくバカンが指示を出すと騎士風の2人は腰の剣に手を持って行き抜こうとしたが、そのような事にはならなかった。


「こんなところで何をしておる。貴様らは冒険者ギルドを敵に回すつもりか?」
「うっ、・・・ぐぅ・・・」


 ダンディなおじ様がバカンと騎士風の2人を一喝する。
 ここで剣を抜けばシローの正当防衛が成立するのでシローとしては是非・・抜いてほしかったのだが、ダンディなおじ様が止めに入った事をこの3人は感謝するべきだろう。


「坊主もアホを相手にするな。さっさと会場に行け」
「あ、アホだとっ!このガバン・バカン様は男爵位を受けておられる貴族だぞ!」
「だから何だ、アホが男爵なら俺は公爵家の嫡男だ。文句あるのか?」


 嫡男という事はまだ家督を相続しておらず正式に貴族位を得ていないが、上級貴族の公爵家の嫡男と下級貴族の男爵では格が違い過ぎるだろう。
 バカンは「ひ、退けっ」と小悪党のような言葉を残しギルド会館から出て行った。
 しかし公爵家の嫡男はそこそこの年に見えたのでシローはダンディなおじ様だと思っていたが、まだ29歳だと【解析眼】が教えてくれた。
 おじ様と思った事と面倒を収めてくれた事に謝罪と感謝の念を抱き、頭を下げシローは階段を上がって行く。
 公爵家の嫡男に頭を下げるだけかと思われるかも知れないが、シローが頭を下げた瞬間に嫡男も踵を返して行ってしまったので、お礼は言いたいけど本人がそれを望んでいないと瞬考し、シローはこれ以上は良いかと思い階段を上がったのだ。


 冒険者登録をした時にも、ジャイアントモウを殺った時も何もイベントがなかったのでここで初めてのイベントを体験したシローは少し満足げに軽やかな足取りだった。
 シローはオークション会場に入り指定された席に着く。


 (てか、この席は貴賓席だよな?)


 周囲は貴族や豪商っぽい人ばかりが座っており、いくら高額アイテムの出品者とは言えこんな席に自分を座らせるなんてある意味拷問だと思うシローだった。


「坊主、また会ったな」


 声の主は先ほどの公爵家の嫡男だ。
 貴賓席だから予想はできたが、流石に公爵家の嫡男の近くに座るのは良いのか? と思い、そしてシローは普段着であり完全に場違いであった。


「先ほどは有難うございました」


 シローは席を立ち頭を下げ先ほど言えなかったお礼をちゃんと言うのだった。


 (俺は礼儀を知る男なのだ。先ほどの馬鹿のように礼儀を知らない奴には地獄を見せてやりたいもんだ)


「構わんさ、俺が勝手にやった事だ。それに俺が止めなくてもどうって事はなかっただろ?」
「結果はどうあれこれはケジメですから」
「ははは、そうだな。では素直に受け入れるとするか」


 嫡男の名前はクラウド・ハーケンファイトと言い、父親である公爵の代理としてオークションに参加すると言っている。
 公爵家としては欲しい物がなくてもオークションに参加するのが慣例で、これは冒険者ギルドと貴族の付き合いの1つでもあるそうだ。
 ただ、今回はクラウドも本気で落札を目指すアイテムが出品されており父親から厳命があったらしい。


「シローは冒険者だろ?」
「はい、新人冒険者です」
「新人? この席に座る冒険者はそれなりの高額アイテムを出品している者のはずで新人が座れるような席ではないぞ」
「ははは、ちょっと手違いと言いますか・・・」


 クラウドは察したようでそれ以上は何も言わなかった。
 そんな話をしていたらローブを身に纏った白髪まじりのおっちゃんが壇上に上がりオークション開催の挨拶を始める。
 どうやら冒険者ギルド・カウラニ支部のギルド長のようだ。
 ギルド長は長ったらしい話しと簡単な説明をしてオークションの開催を宣言して壇上から去っていく。
 次は綺麗なお姉さんが壇上に上がり話しをして本当にオークションが開催される。


「私は本日の司会進行役を仰せつかりましたローレシアと申します。本日は最後までお付き合いを宜しくお願い致します」


 背がスラッと高く、肩のやや下まで伸ばした金色の髪の毛が綺麗なローレシアさんが司会をする。


「最初はB級の魔石です。この魔石の属性は火です。開始値は10万レイルからになります」
「15万!」「20万だ」「25万」「30万だ」「40万!」「50万だっ」「70万」「80万!」「・・・」
「80万が出ました。他の方はみえませんか?・・・では80万レイルで22番の方!」


 カンッと木槌を鳴らしこの出品物の競売は終了した。
 たしか冒険者ギルドがB級の魔石を買い取る値段は一律で10万レイルだったはずで、市場での末端販売価格は25万レイルから30万レイルほどのはずだった。
 それが80万レイルで落札されて値段が大幅にアップしたが、これは属性の付いた魔石である為だ。
 魔石は色々なマジックアイテムの作成や使用に欠かせない物なのだが、一般人が使っているマジックアイテムはE級以下の安い魔石を使用するのでD級以上の魔石は貴族とか豪商などに流れる事になる。
 そしてB級の魔石はノーマルでも流通量が少ない上に、更に希少な属性付きとなれば価値が跳ね上がりこうしてオークションに出品されるのだ。


「次は迷宮で発見されましたマジックアイテムの槍です。アイテム名は『氷槍ひょうそう』です。主材料はミスリルになります。能力は攻撃+156、刺突強化、追加効果としまして凍結がランダムで発生します」


 シローの【解析眼】で確認したらこうなる。




 アイテム名:氷槍ひょうそう
 スロット:2
 主素材:ミスリル
 効果:攻撃+156、刺突強化(中)、凍結ランダム発生
 強度:585
 条件:STR140以上、DEX100以上、INT70以上




 ローレシアはスロット、強度、条件の3項目を説明していないが、恐らく氷槍を鑑定した人にはそこまで見えないのだと思われる。
 シローの【解析眼】は鑑定系の最上位スキルなのでシローに見えても他の人には見えない項目も多いのだろう。
 もしくはそこまでの情報は不要なのかも知れない。


「ミスリルの武器で追加効果も優秀です。しかも銀色で美しいこの色合いの槍身に刻まれた紋様は高級感もあり武器としてだけではなく調度品としても秀逸でしょう。きっと皆様の満足を得られるものと信じております。開始値は100万レイルからとなります」
「150!」「200です」「220」「230だ」「250っ」「300」


 どんどん値が上がり350万レイルで落札される。
 シローは槍を使わないから要らないと思うが、潰して剣にでもするという選択肢もあるかも知れないと勿体無い事を考える。


 (デリンボさんのところにあったミスリルの剣の方が良いなと思ってしまうのは俺だけだろうか?)


 デリンボの剣も自己修復が付いておりかなり優秀だからこんな高い買い物をするよりデリンボのところで作るか買えば良いのにと思うシローだった。


 オークションは順調に進み午前の部は終了し、参加者は昼食を摂りに会場を後にする。
 外に出ても主だった店は混んでいるし、露店で買い食いしてもいいのですが人混みの中で食べるのは嫌なので、そこでシローが思いついたのが買い取り部屋だ。
 幸いな事にシローのストレージの中にはまだまだ多くの食料が眠っているので素材を鑑定してもらっている間に簡単に昼食を済ませようと言う魂胆なのだ。
 オークション会場で食べる事ができれば良いのだが、入り口に飲食禁止という貼り紙がしてあったのでこの食事方法を思いついた。
 幸い、1部屋空いていたので飛び込んだら、鑑定士はグラビスだった。


「ん? オークションは休憩か?」
「はい、それでここで昼食を摂りたいなと思いまして。勿論、アイテムの鑑定もお願いします」
「ふっ、毎年お前さんのような事を考える者が何人かおるわ。鑑定の間は好きにしても良いが汚すなよ」
「はい、有難うございます」


 そうか、俺以外にも買い取り部屋で食事するって考えていた人が居たんだな。
 グラビスは鑑定をいつもよりゆっくりしてくれたようで、シローの食事もしっかりと摂れた。


 オークションは3部構成で午前中が1部、昼の休憩後から2部が始まり休憩を挟んで3部となるのだが、ジャアントモウの肉の出番は2部の後半になると聞いている。
 2部から来れば良いじゃないかと言われると、そこはシローの好奇心もあり後学のために色々なオークションを見たいと思っているのだ。








 

「チートスキルはやっぱり反則っぽい!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く