チートスキルはやっぱり反則っぽい!?

なんじゃもんじゃ

チート! 000 プロローグ

 




 彼は孤独であった。


 父親は元冒険者で魔物の襲来から国を救った英雄としてエスペノ王国の男爵という貴族位に叙されており、国王直属の近衛騎士団の隊長をしている事から家には殆ど帰って来ない。
 母親も元冒険者で父親同様に英雄視されており、今はエスペノ王国の王都であるマドールドの冒険者ギルドでギルド長をしており家に殆ど帰って来ない。
 両親のどちらも家に帰って来ない事で彼は1人の姉と2人の兄、そして2人のメイドとしか殆ど顔を会わせた事がなかった。
 家の事は2人のメイドが切り盛りしているので両親が不在でも関係なく生活はできているが、両親の顔を覚えるほど会う機会がないのは子供の育成上どうかと思われる。


 12歳になった彼は相変わらず家に閉じ込められており、そろそろ踏ん切りをつけるべきだろうと思っている。
 その頃には長女は下級貴族家に嫁入りして家を出ており、長男は城勤めで寮生活、次男は学生で寮生活をしている事から今は家に彼と2人のメイドしかいない。
 彼は家族から愛情を感じた事もなければ彼自身も家族に愛情を持っているわけでもないので家を出て冒険者にでもなるのは吝かではないと思っている。
 問題は母親が冒険者ギルドの要職に就いている事で家を出た後の彼が冒険者になるとそこから彼の情報が母親に伝わる可能性がある事だ。
 だが、彼自身はあの母親だったら自分の事を知っても放置する可能性があるとも思っている。


 彼には前世の記憶がある。
 そして普通の者が持ち得ないユニークスキルなるとても珍しいスキルも持っているのでこのスキルを使い冒険者になろうとも思っている。
 最初にこのユニークスキルに気付いたのは8歳の時だった。
 それまで前世の記憶もなく育っていたが、ある日階段を転げ落ち頭を強打したショックで思い出したようだ。
 彼は階段から落ちた後、2日ほど意識不明だったが目覚めてみれば転生時に神様と会いユニークスキルをもらった事と前世の記憶を思い出していた。
 そしてそんな彼を両親は見舞う事もなかった。




 

「チートスキルはやっぱり反則っぽい!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く