神王のスローライフまで

グランアース

第一章第31話   出立パーティー開催

「まもなく、時間です。龍一様、華楓様、リルフィア様ご準備をお願いします。」

メイドが、まもなくパーティーが始まるから準備をしておいてくださいと、話していたので、俺は、一旦部屋を出て着替えに向かう。

論文?(というか俺が書いたもの)も、持っていく

「ああ、そろそろ出発か...... 」

短いとは言えないが、とても充実し日々だったと俺は、思う。

リルに召喚されて、国王と謁見して、リルから告白されて、王妃を助けて、ダンジョンでリルと一緒になって、冒険者ギルドで登録して、団長と試合して、最後には始めて魔人と戦った場所でもあった。
そして、クラスメイトと離れてこの世界で生きていかなければならない。

だけど、一人ではないから大丈夫だろう。


「龍一様、準備はできたでしょうか?
  まもなく、パーティーが始まります。」

「ああ、準備はできた。案内してくれるか?」

「わかりました。それでは、扉の前にてお待ちしておりますので、出てきてください。
その後、ご案内致します」







パーティー会場は今まで、入ったことのない部屋で行われた。
俺がこの部屋に入ったのは、大体真ん中だった。

「あれ?まだ、来てないんだな。華楓」

「おっ、龍一。」

「ああ、蓮斗か」

「なんだよ、蓮斗かって」

「いや、別に」

「別にって、まあいい。俺は、こんなことを話すつもりはない。
それよりも、これから俺達の2パーティはどうやっていくかだ。」

「!その話か。確かに俺も不安では、ある」

「だろ?ここで、俺達はお前達と一緒に行動をしたいと思うんだよ。
もちろん、慣れるまでだ。生活がな」

「生活費の稼ぐ方法をどうすかって聞きたいんだら、素直に聞けばいいのに。」

「すまんすまん。だから俺達は、少人数でいるより大人数でいた方が生存率も上がると思うんだよ。この件についてどう思う?」

「うーん。俺はいいけど、華楓がどうなのか聞いてからでいいか?
後でお前のとこにいくから。」

「わかった。いい返事を期待してるからな」

そう言って、蓮斗は他のクラスメイトに話に行った。



「えっ?あれ、桜葉?」

「わあ。綺麗でに似合ってるじゃん。いいなあ」

おっ、やっときたか。
華楓を向かえに行った方がいいかもな。

「華楓」

「あっ、りゅうくん」

「おおう、似合ってるじゃん。綺麗だぞ」

「ふふふ、ありがと」

「ああ、そういえば蓮斗がこの城を出たら少しだけの間一緒に冒険しないかって聞いてきたけどどうする?」

「私は、大丈夫だよ。」

「わかった。じゃあ後はリルとラルだな。」

そう話していると、辺りが静かになっていった。

「国王陛下、リルフィア王女様のご入場」

『♪♪♪♪♪♪♪♪』

「き、綺麗」

「カワイイ」

「美しい」

「いつ、見ても綺麗だ」

多種多様な言葉が飛ぶなか、国王が立ちグラスを持った

「我が国から出立する、勇者達のパーティーだ。今日は、自由に騒げ。
カンパイ」

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「乾杯!」」」」」」」」」」」」」」」」」」

こうして、パーティーが始まる。

俺の論文?発表まで後、三時間

「神王のスローライフまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く