神王のスローライフまで

グランアース

第一章第21話   ラファエル

「よろしくお願いいたしますね。神o...... こ、こほん。龍一様」

あっ、ちょっとラファエル。
俺のことばらそうとしたよな。俺は、まだリルと華楓に伝えることにためらってるのに

「それより、ラファエルって男ってイメージがあるんだけど、何故、球体?なんだ。」

「そうだね、りゅうくん。ラファエルって男のイメージが強いのに。なんでだろ?」

「それよりも、ラファエルって誰ですか龍一様。そんなの聞いたことがありませんよ」

「それはですね、召喚者の能力面をみてから契約するので見えないのだと思います。」

「へー、じゃあ俺は、無理だったのかな。」

「い、いえ。龍一様は十分ありますので。
それよりも、契約させて下さい、お願いします。」

「じゃあ、なんでまだ球体なんだ?」

「いま、身体からだを構築しているので。
で、できました。」

すると、ラファエル?の球体が光始めた。

「よろしくお願いいたしますね。龍一様。」

それは、男では、なくてなんと

「えっ、あれ?じょ、女性?」

「はい、この世界というよりは本来の姿ですね、これが。
というか、天使で、男子だったのは、
確か...... 
あっ、今は堕天使ルシファーじゃないですかね♪それ以外は、忘れました♪」

えっ、屈強な天使もいると思ったのに
あれ?ラファエルって天使なのは外見からわかるけど
今ルシファーって言ったよね
もしかしてルシファーと同期?

「て、て、天使!?
ちょ、ちょっと龍一様。天使なんて召喚してどうするんですか。天使って神の使いでいくら何でもダメじゃないと思いますけど?龍一様。」

「うーん、でも。ラファエルがそういってるから大丈夫じゃない?」

「えぇ、わたくしは大丈夫ですよ。」

「うーん、りゅうくんでもどうやってみんなに説明するの?」

「あっ、どうしよう。ラファエル、その天使の羽根は今消してるのか?」

「えぇ、そうですよ。」

「じゃあ、それを身体全体にかけれるか?」

「ちょっと待って下さい。
   あっ、できそうですね。」

「じゃあ、その隠蔽?を三人以外はつけといてくれるか?」

「お安いご用です」

「じゃあ、それでお願い。
あと、ラファエルは、リルの後ろについてってもらえる?
一様だけど、護衛としてついてって欲しい。」

「わかりました。」

「リルもいいな。」

「はい、でも。隠蔽?中って私たちも見えないんじゃないの?」

「それは、大丈夫です。対象を当てると見えるようになるので。」

「よかった。これで、ラファエルが私の相談相手にも、なってくれそうですね。」

リル、お前ってほとんど一人だったのか?
絶対聞かないけど

「じゃあ、そろそろ時間だし戻ろうか。
                華楓」

「そうだね♪」

「じゃあ、また後でな。リル。」















「いいな、華楓様がうらやましい。
  私ももっと龍一様の側にいたいのに。」

「リルフィア様、それはもう少し辛抱したら大丈夫だと思いますよ。
      今は、我慢です。」


そんなことをリルとラファエルはそうそうに話したとか。 




「終わった~。」

「しんどいよ~。」

「お疲れ様です。華楓様、龍一様。」

ちょうど訓練が終わった後で俺達は、リルとラファエルと合流していた。

それは、もちろん。リルと一緒に食事を取るためだ。
といっても、全員で食べるからな。
そんな、豪華な食事というわけではない。

「今日はどんな料理かな~」

「早く食べたいよー」

「龍一様と華楓様がほとんど同じ言葉と同じ行動をされてる。
  これは、報告だね。」 

「ん?ラファエル、なんか言ったか?」

「えっ?い、いやいや。なにも。」

「?ならいいけど。」

「おっ、俺達が、一番乗りか珍しいな。」

ただ、他のクラスメイトもすぐやって来た。

「あー、腹減ったーー」

「だらしないですね。そんなことをしているから、騎士団団長に負けるんですよ。」

「何をー」

あっ、あいつら。確か俺達の次に一番よく善戦していた奴じゃん。
でも、泥だらけだな。かなり真剣に練習していたのかな?

「....... 様、龍一様!」

「うわっ。ど、どうした。リル?」

「もう。やっぱり聞いてなかったのですね。今度、もう一度あのダンジョンに行くそうですよ。もちろん、同じパーティーで、ですけど♪」

「あっ、そうなんだ。リル、華楓。次はもっと深い場所までいこうな。
今回はラファエルもいるし。」

「おーー!」

「頑張りましょう!」

「私も、おーー!」

しばらくすると、騎士団団長が出てきて

「おい、みんな聞いてくれ。
今度また、同じダンジョンに一週間後に行くことになった。
今度は、みんな深い層に潜るだろうが、罠などのものに気をつけるんだぞ。」

「よっしゃ」

「次は、ボス部屋まで頑張るぞ」

「もっといい宝物が出たりするかな。」

「ああ、それと今回は1ヶ月半潜る予定だからな。
ゆっくり、安全に潜れ」


それを話したら、騎士団団長は帰っていった

あっ、そういえば。
ラファエルのステータスを見せてもらってなかった。







すみません。
最近しんどくて。できるだけ戻そうと思います。
次はラファエルのステータスとダンジョン編まで書こうと思います。

「神王のスローライフまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く