いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります

グランアース

冒険者組合ギルド

「全員集まったな?」

そういって、ガルシアは全員の生存を確認して

「よし、今から手に入れた素材などを持って、冒険者組合ギルドにいって換金するぞ。
もちろん、手に入れた素材を換金せず自分が持っていてもいいぞ。
換金したお金は、グループで分けて自由に使ってもいいぞ。」

「そして、冒険者組合ギルドでは
冒険者として登録してもらう。」

そう、ガルシアの隣にいた人に言われた。

うーん、やっぱり冒険者組合ギルドで冒険者登録するのか。

こんな感じで
俺達は、王都に向かった。






王都の冒険者組合ギルドにて

俺達は扉を開けた。
カランカラン

「「「「「ようこそ、冒険者組合ギルドへ」」」」」

へえ、自分が思っていたことと違うな。
酒の匂いがして、いかにも冒険者って感じと思ったけど、
ぜんぜんそんな匂いがしないな。

「素材の精算はこちらです。また、冒険者登録はこちらのカウンターです。」

「華楓、リル。最初はどうする?」

「私は、りゅうくんの選ぶほうで。」

「龍一様、それならば冒険者登録を先にした方がいいと、思います。」

「なんでだ?」

「精算は龍一様のアイテムボックスにかなりの量が入っていますから、時間がかかります。でも、登録なら名前と職業を記入するだけで、あとに,,,まぁ、15分くらいで完成ですから。」

「よし、じゃあ登録を先にするか。」


「冒険者登録を三人したいのですが。」

「はい、お待ち下さい。
では、これに記入して提出してください。」

「ほい、華楓、リル。」
そういって俺は、本当に簡単なものを記入して提出した。

「それでは、しばらくお待ち下さい。」


「さて、リル。精算はどこに向かえばいい?」
と、リルに聞いたとたんに大声が聞こえた。
「こ、これは。希少種のブルーナイトゴブリンじゃないか!」

「希少種ってことは、金がたくさん入るのか?」

「えぇ、通常の4倍で精算させてもらいます。」

「よっしゃぁ、たくさん金が入ったぜ。」

あれが、希少種なのか
やっぱり簡単に出てこないか。
俺達は、キングゴブリンを討伐したからまぁ、多少は高く入るだろう

「龍一様、ちょうどあの人の後ろが空いてるのでそこにならびましょうか。」

「そうするか」

「次のかたは、こちらの部屋に来てください。」


「では、こちらに並べて下さい。」

そういわれて、俺は、ゴブリンから出していった。
全部を出した時には1つの山ができていた。
キングゴブリンは山の隣に置いた。

「これで、全部です。」

「,..!はい、少し多いような気がしますが、一時間ほど時間を下さい。そしたら、またここにきてください。」

それを言われて俺は、街を見学しようと思ったが、知らないおっさんに捕まってしまった。

「いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く