いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります

グランアース

異世界召喚

だんだんと光が消えてきた。


「どこだ、ここは?」
クラスメイトの誰かが呟いた。
ここは、とてもキレイで幻想的な空間であった。

奥から何やらガシャガシャと音を立てて近づいてきた。

「おお、勇者様がおられる。」
「やった。これで魔王の脅威はなくなった。」

あちこちで兵達が喜ぶなか、一人の美少女が現れた。
「お待ちしておりました。勇者様今回は我々の要求に答えてくださりありがとうございます。私の名前はラリティア王国第二王女リルフィアーフォンーラリティアです。」

この言葉を聞き俺は、警戒した。お母さんから気をつけなさいって言われたからな。あっ?いま何かされた。
はっ!ヤバい隠蔽してない。今つけたけど間に合ってないだろうな。
明らかに俺に対しての目線が変わった。

「むぅ~」
華楓が俺の服の裾をつかんできた

「どうした華楓?」

「あの王女、りゅうくんに対して何か仕掛けた。でも…………多分だけど鑑定じゃないと思う。表情からだからあまりわからないけど。」
華楓は何か感じたらしい。
それより華楓は表情から読んだのかまさか俺意外にも有効だなんて。
それより背中にあんまり近づかないで欲しいな。一応学校では気づかれないようにしてるか痛い痛い、離してよ。メガネも当たってるから。
ちなみに俺と華楓は度がついてないメガネをつけている。なぜかは華楓は女優顔負けの顔だから中学校から雰囲気を変えるためにつけている。俺も華楓からつけてって言われている。華楓からは「りゅうくんも顔がイケメンだから私と同じのつけて?」って言われて俺はイチコロされて俺もつけている。
でも王女は俺に対して何をしたんだろう?

「これから国王陛下に謁見してもらいます。それではついてきてください。」

そういわれ俺達は国王の謁見に望むことにした。

















痛い痛い、華楓いい加減離してよ




誤字脱字があれば教えてください

「いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く