いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります

グランアース

真実2

凄くヤバい話を聞いた。
ちなみに今回のクラス転移は、勇者召喚で
俺と華楓はそのスキルを(勇者)を持っていない。ちなみに俺と華楓がもらったスキルは二星の勇者である。
時がくるまでは自分自身にもわからないそうだ。
華楓はそのままだったが俺の場合はそれが新たにできる予定の神核と融合してしまったからないそうだ。
だがその分今は十柱神と同じ力があるそうだ。それに俺、まだレベル1だから。
ちなみにステータスは先程お父さんに教えてもらった。
そのステータスがこちら






名前 小鳥遊 龍一(仮名?)
   全智全能神
種族 神族
レベル1

HP   計測不能
MP    計測不能
攻撃   計測不能
魔法攻撃 計測不能
防御   計測不能
魔法耐性 計測不能 
精神力  計測不能
素早さ  測定不能

スキル
神王
(すべてのスキルを使用可能)
神化
使徒、天使創造
神眼
創造
システムアシスト
全魔法取得
全魔法耐性
全物理耐性
精神攻撃耐性
必要経験値100分の1
取得経験値100倍
ステータス補正大
レベル制限解放


称号
神王
二星勇者
バカっプル





これだよ、称号とかディスってるだろって思う。
ーマスター、それは違います。ー
うおっ、誰だよ。
ー私はシステムアシストです。ー
ん?ああ、ステータスに載ってたやつか。
それで、なんでディスってないんだ。
ー称号とは自分と他人が認識して手に入ります。また、世界が認識することによっても称号として手に入ります。ー
へえ、じゃ、これ半分ディスってるんだ。
ー………………………ー
答えろよ!

「大丈夫?」
「っ、ああ大丈夫だ」
危ない危ない華楓に何か感づかれると厄介だからな。
ちなみに先程の場所から俺は帰って来ている。
華楓には、お父さんとお母さんが凄い人と教えた。勇者や俺が神王ということはまだ明かさないつもりだ

怖いな。いまからまた離れるのか、久しぶりにあったのにもう少しいたかったがそろそろ
お母さんのMP がヤバいからな。
1日以上ずっと時間を止めてたから凄いと思う。それに自分はこれ以上強くなるのかと思うと興奮と恐怖が混じって、なんとも言えない。

ああ、クラスメイトには何にも知らずにいっているらしい。
また、全世界に対して信託を降ろして、十柱神から神王が増えて十一柱神に戻るとも説明してさらに序列が変化したことに対しても説明したそうだ。いまは俺が序列第1位神王だ。
これ以上強い神が産まれることはないという説明をお母さんが予言していた。
時間だ
最後にお母さんがリミッターを解除してくれた。それとリミッターの魔法も教えてもらった。
「龍一。いまから行く王国はとても優しいから安心してね。それと王女には気をつけてね。」

「わかった、気を引き締めていく。」


























「さあ、いっちょ行きますか。世界を救いに。」
そのあと、体が光に包まれた





































序列第1位神王と書いていますが実はまだ序列8位です。
まあ、一つレベルが上がったステータスでは
1位でしょうね。

「いずれ神界を統べる神王と思ったけど最初から神王だったからスローライフを送ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説家を褒めよう

    お母さんが止めてた時間っていうのは異世界の時間のことですか?

    前話では息子が両親にリミッターをかけてることになってますけどそこの所修正した方がいいんじゃないですか?

    1
コメントを書く