異世界を楽しみたい転生者

Gai

第68話少年期[59]初の奴隷購入!

「いや~物凄い速さでしたね。私には何が起こっているのかさっぱりでした」

「私もだ。おそらく魔法か身体強化の類いだろうが、どんなものかは全く分からなかった」

そんな簡単に分かられたら俺が困るんだけどな。

さてと、取り合えず条件はクリアしたんだし買い取りの話に移るか。

「買い取りの条件を満たしたから確か金貨四十枚だったよな」

俺は机の上に金貨四十枚を置いた。

「・・・・・・主は冒険者なのになかなかの金持ちなのだな。ランクはBかAといったところか?」

「いいや。まだEランクだ」

「主ほどの人族がEランクだと? ・・・なにかわけありというわけだな」

「理解が早くて助かるよ」

「私がいた国の兵士達の中にも、希に若いのにかなり腕が立つ者などもいたからな」

そういえばこいつ狼族の第三王女だったな。

容姿は・・・まあ五年もたっているからそう簡単にはわからないと思うけど、名前がそのままってのは後々面倒なことが起こりそうだな。

「なあナルク。これからはなんか新しい名前を考えてその名前を使ってくれないか」

「なんでそんなことを・・・・・・ああ、そういうことか。確かに私の容姿はかなり変わったから簡単にはバレないと思うが、名前が一緒だと疑われてしまう可能性が高いな。
よし。契約の時それも一緒にやってくれ」

てなことでおっちゃんの奴隷契約の魔法で、何個か手順を踏んで契約が完了した。

内容は簡単に言うと主の言うことを聞くこと。
主に危害を加えるような行動は出来ない。
大雑把に言えばこんな感じだな。
大雑把過ぎる気もするけど・・・。

「それではルウナさん。これからは良き人生を送ってくださいね」

「うむ。ノールマも体に気を付けろよ」

う~ん。俺が思っていたより奴隷商人って良い人なのかな?

俺のイメージだと、裏で盗賊繋がってるってイメージがあるんだけどな。

「そんじゃ、取り合えず昼飯でも食いに行くとするか」

「そうだな、主よ」

「・・・・・・その主って言うのはやめてくれないかな」

ゲイルとかに言われるのはなんか違和感がなくて良いけどルウナに言われるのはなんかちょっとな。

「それならなんと呼べば良いんだ?」

「そうだな・・・めんどくさいからゼルートで良いよ。俺が許す」

「わかった。それよりすまないが腹がかなり減ってきた。早く料理が食べたい」

「はいはいわかったよ」

ずいぶんと態度のでかい奴隷を買ってしまったな。まあ、仮にも元王女だし仕方ないか。

さてと。店に入って定員にテーブルに案内されたまではいいんだけど・・・。

「ルウナなんで床に座ってるんだ」

「? 奴隷なんだから当たり前だろう」

そんならなんでこいつそんな当たり前なこと聞いてくるんだ、みたいな顔すんなよ。

あ~~~そういうことね。俺の常識からはちょっとずれてるってことか。

「ルウナ。俺はそういうのは気にしないから椅子に座れ」

「しかしだな・・・・・・」

「俺が良いって言ってるんだから良いんだよ。わかったな」

「・・・・・・わかった。それにしてもゼルートは奴隷の扱い方が変わってるな。普通は奴隷と一緒に食事なんてしないぞ」

「・・・・・・誰と比べてるのか知らないが、俺をそこらへんのアホな貴族と一緒にするなよ」

「ふ、そうだったな。お前はそういう奴だったな」

「そういうことだ。そんで今日の予定だけど取り合えず昼飯食ったらギルドに行くから」

「私も冒険者に登録するのか?」

「とりあえずはそれが目的だ」

「了解だ」

いや~相変わらずオークの肉はうまかったな。

それにあの店特製のソースも旨かったし文句なしだったな。

腹ごしらえものでギルドの中に入ってルウナの冒険者登録をしようと思たんだが・・・やっぱり視線が集まってくるな。

まあルウナは野性味溢れる美人って感じだし、スタイルもかなり良いからこうなるのも無理はないか。

「ゼルート。嫌らしい視線を送ってくる者達を全員潰しても良いか?」

おーいおいおいおいおい!!! いきなりそんな物騒な発言すんなよ!!!

おい! そこの女性の冒険者!! そんな思いっきりやっちゃいなさいみたいな顔すんなよ!!

「潰すのは手を出してきてからにしてくれ。それよりまずは登録だ」

「それもそうだな」

納得してくれと様で何よりだ。

「すいません。この人の冒険者登録をしてほしいんだが」

「かしこまりました。それでは・・・」

「ルウナだ」

「ルウナさん。こちらの用紙に必要事項をお書きになってください。それから冒険者についての説明に入ります」

「うむ、わかった」

ルウナが説明を受けている間何か良い以来はないかと探してるんだが・・・どれもランクの低いモンスターの討伐ばかりなので正直つまらん。

ゴブリンやブラウンウルフ、アインアント、バークバードとかほぼEランクだしな。

おっ、ポーションと解毒薬の依頼か・・・取り合えずすぐ渡せるしこれに・・・。

「おい! お前がゼルートか!?」

なんかいきなりわけのわからん青年が絡んできたんだが、厄介事の臭いしかしね~~~。

「異世界を楽しみたい転生者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く