異世界を楽しみたい転生者

Gai

第6話幼少期[4]スキルの結果

さてさて、ようやく王都に着いたわけだがど・・・・・・予想以上にでかいな。
あれだな、田舎な人がいきなり新宿や渋谷に来た時の心境みたいなものか。

当たり前だけど店や人の多さも尋常じゃないくらい凄いな、
普通に亜人もたくさんいるしな。

王都の凄さに圧倒されている俺に父さんが話しかけてきた。

「どうしたんだゼルート。あまりにも王都が凄すぎて言葉が出ないか」

「はい! なんというか・・・王都はとても凄いところなんだね父さん!!」

「そうだろうそうだろう。ここにはお前の知らないものがたくさんあるぞ!」

父さんは俺が喜んでるのが嬉しいのか声が弾んでいた。

「なんであなたがそんな自慢気にに語っているのよまったく。さぁ、まずは教会に行くのよ。観光はそれからよ」

「それもそうだな。よし。それじゃぁ行くとするか」

「どんなスキルが貰えるのかとっても楽しみです!!」

改めて教会に行くわけだが貰えるスキルは俺をここに転生させてくれた神様の話通りなら二つもらえるはずなんだよな。
なにが貰えるか本当に楽しみだな。
やっぱり片方は戦闘のときに役立つスキルだと良いんだけどな。

「それにしてもゼルートはどんなスキルを貰えるんだろうな。やはりクライレットやレイリアと同じでなかなかのスキルを貰えるのかもな」

「あなた、まだスキルを貰えると決まったわけではないのよ」

「いいや、俺とレミアの子供なんだ良いスキルを貰えるはずだ」

「もぉ、あなたったら」

母さんがデレていた。あーー、砂糖を吐きたくなるということはまさにこのことなんだな。
リアルで見るのは初めてだ。コーヒーも欲しくなってきたな。

というか子供の前でそういう会話は子供がいるところでしちゃだめだろ。
少し頭の良い子だったらプレッシャーで心臓バクバクで顔真っ青になってしまうんじゃないかな。

いや、でもマジでスキルが手に入らなかったらショックのあまり泣きに泣いて引き籠ってしまう自信まである。
あの神様が嘘を言うとは思えないけど・・・・・・やっぱり少し不安はあるな。

「着いたぞゼルート。ここが教会だ」

いろいろ考えていたらいつの間にか目的地に着いていた。
建物の外見は前世で見た教会とあまり変わらない気がするな。
でも、少々派手ではあるかな?
王都だからやっぱり見栄も必要ってことなのかもな。

「おや、ガレンさんお久しぶりですね」

奥から五十代ぐらいのザ・優しそうな人って感じのおじさんが来た。

「こちらこそお久しぶりですクラートさん」

「お久しぶりですクラートさん」

「レミアさんもお久しぶりですね。以前お会いしたのはレイリアちゃんの時でしたか」

「そうですね、今回は次男のゼルートがスキルを貰える年齢になったのでまた来させてもらいました。ほら、ゼルート。ご挨拶を」

父さん達が世話になっていた人たちなのかな? それならしっかりと挨拶した方が良いだろうな。

「初めまして、ゼルート・ゲインルートです。今日はよろしくお願いします」

「これはどうもご丁寧に、クラートです。いやはや、流石ガレンさん達のお子さんですね。クライレット君やレイリアちゃんと一緒で礼儀正しいですね」

クラートさんの言葉に父さんは自慢げに胸を張って答えた。

「そうでしょう! なんていったて俺とレミアの子供ですからね!!」

なんかちょっと前に聞いた言葉だな。というかそんなセリフを人前で言われると結構恥ずかしいんだけどな。

「ほら、あなたもクラートさんもお話をするのはいいですけどゼルの用事が終わってからにしてくださいね」

「それもそうですね。それではこちらに」

そう言うと俺と父さん達は中に入っていった。ナイスタイミングだよ母さん!!

「ガレンさん達は少々お待ちを、それではゼルート君はこちらに」

「はい、わかりました」

俺がクラートさんに着いて行こうとすると父さん達が声をかけてきた。

「報告を楽しみにしているぞ」

「あまり緊張しないで気楽にいきなさい」

母さんの言葉はありがたいけど父さんの言葉はちょっとプレッシャーが来るな。

クラートさんの後をついて行くとあまり飾り気のない部屋に入った。

ただ、部屋の真ん中に女の人の像があった。
あれがこの世界の神様の像なのかもしれないな。

「それではゼルート君、この像の前で神に祈りを」

「はい!」

さ~~て、頼むぞ~。この結果で人生が決まるといっても過言じゃないからな。

少しすると頭の中に言葉が浮かんできた。



創造




鑑定眼S



この二つが頭の中に浮かんできた。創造に鑑定眼か。
うん、どっちも良さそうなスキルだな。それじゃぁそろそろ目を開けて・・・・・・




無限の努力



憑魔



あれ?・・・・・・・・・・・・なぜに四つ????

「異世界を楽しみたい転生者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く