“無能”から始まる世界最強

つかっちゃ

No.48 リル

「お、お前、もしかしてリルか?」
「そぉだよ!それ以外に何に見えるの?」
「いや…リルには見えんのじゃが…」
「もう!ならステータス見れば良いじゃない!」

リル…?ま、まぁ、髪も下品では無いきれいな金髪で目もオレンジに近い金色をしていてどことなくリルに似ているが……
そう思いながらステータスを見てみると




リル     Lv.1000

称号            慈愛成者

種族            シャパリュ

                        
体力       13000
魔力       16000
攻撃力    36000
防御力    20000
敏捷力    18000

使用可能魔法
基本五属性魔法(火,風,雷),光魔法

スキル
詠唱省略,耐性Lv.MAX(魔法,物理),魔力操作,身体強化Lv.MAX,気配感知,隠蔽,体力吸収

固有スキル
天元突破


〚天元突破〛
身体強化の上位互換。身体強化Lv.MAXが元の状態から約3倍まで強化する事ができることに対して天元突破は三段階まで強化でき、一段階目で3倍、二段階目で9倍、三段階目で81倍まで強化できる。一段階目までは反動無しで発動できるが二段階目からは使用時間に比例して動けなくなる。



「リルなのは分かったが………格闘系なんだな…」
「そうだよ〜!それじゃ早速あのメイドを殺してくるね〜!」

そういうとリルは目にも止まらぬ速さでメイドの背後を取り、そのままの勢いで回し蹴りを出した。
突然の事に何もできずに吹っ飛んだナーディはそのまま壁に激突した。少しよろつきながら立ち上がろうとした瞬間

「おぉ!やっぱこのメイドさん強いね〜。でもまだまだだよ!」

そういうとリルの両腕が炎に包まれた。火魔法と光魔法の組み合わせで、火を光の膜で押さえ込みつつ火力を上げているようだ。雅久も「ほぅ…」と、感心するような魔法の使い方で、リルはメイドの居る場所に向かって瞬間移動の如き速さで迫り、

「潰れちゃえ!おらおらおらおら!!」

かわいい掛け声とは裏腹にものすごい速さで殴り始めた。火魔法のお陰なのかそれともリルの膂力が凄まじいのかもはや爆発しているかのような音が響く。傍から見たらそれはまるで某海賊王さんのピストルかのような(ry


たっぷり30秒間殴り続けると、そこには一塊の肉塊があった。それを見るとリルは倒せたことを確認したのかにっこりと笑顔で出てもいない汗を拭っていた。

「あ、あれがリルちゃんなんですか!??」
「なんというか………変わったのお…」

そんな事を口に出しているとリルがこっちに戻ってきた。改めて見るとかなりの美人になっている。それこそリオやエマに並ぶくらいに。身長はエマとあまり変わらない150cmくらいでやんちゃな子供に見えるがさっきの戦いを見ると何となく残念な気持ちになってくる。雅久はちょっぴりジト目になる。しかしリルはそんな事お構いなしに

「凄かったでしょ!!なでなでして〜!」
「あ〜はいはい凄かった凄かった」

そういって背伸びしてくるリルの頭を撫でてやった。撫でられているときの仕草は元のリルにやっぱり似ていて(あのリルが、ねぇ…)と感慨にふけっているとエマから率直な意見が。

「あの、なんでリルちゃんがこんなかわいい子になっているんですか?」
「ん〜それはねぇ、あのメイドさん強かったでしょ?戦ってたらレベル上がりそうだったから私一人でやらせてもらったの。そしたら案の定レベルが1000まで上がってこうして進化したの」
「シャパリュ…聞いたことない種族だな。俺と似たようなもんか?」
「この世の理を超越しているのかのぅ」
「ん〜まぁ多分そんな感じだと思う」

ほんと、俺の周りは異常に強い奴らばっかり集まるな、と少し呆れてぽりぽりと頭を掻く雅久。

「はぁ、そんじゃあ先に行く前にリルに上げてたアクセサリー、それちょっと貸してくれ」
「うん!」

そういって耳につけてあった白っぽい金色の、ハイビスカスを形どったアクセサリーを受け取ると亜空間倉庫をつけて、少しだけ補助効果も足しておいた───それを雅久が戻して付けてやった。ついでにリル専用のガントレットも作ってやった。真っ白にしてある神晶石をベースにあまりゴツゴツしていないスリムな形に仕上がった。魔法も付与してあって壊れない強度に関節部分を作っていないがしっかり可動できたりするようにもしてある。

「リルにも武器がないと大変だろうしほら」
「わぁぁぁぁあ…綺麗…」
「これも例の如くレア度は俺の剣と同等になってるし…まあ、魔拳エリムサルエってとこかな」
「雅久、ありがと!」

柔らかそうなほっぺたをピンクに染めながらお礼をいい、早速装着し始めるリル。
ほかの二人もここからはそれぞれの武器を出し、準備も完了している。

「それじゃあ、次の場所に行くか!」







2019/01/11 21:11:58
ステータスの名前が間違えていたので修正を加えました。報告ありがとうございます。

「“無能”から始まる世界最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー291044

    リルがつけてたアクセサリーって星型だったような…

    2
  • Mountain

    やだ、リルちゃん怖い!

    3
  • ケイ

    タイトルがNo.47になってますよー

    2
  • 十六夜 夜桜

    続きが気になります!!
    更新待ってますねっ!!!
    頑張って下さい!!!

    3
  • Kokuryu

    ステータスの名前がエマになってます。

    2
コメントを書く