俺は5人の勇者の産みの親!!

快晴シャリラ

第28話 暴走乙女


 走り去る少女の足は早い。

 ちてててててててててて!!!!

「なんなのよ、あの子! てか、まずい! 食べたばっかりだから走れない!」

 カノンは腹を抑えながら走る。
 食事の後に過度な運動は禁物だ。

「カノンは今日は休んでろ! 俺がとっ捕まえてやるから!」

「お願いよ、写真が流失でもしたら、面倒が増えるわ!」

 カノンがゆっくりと風景から消えていくのを確認すると、俺は前を向いて猛スピードでその女の子を追いかける。

 スカートがペラペラとめくれて、薄い青色のパンティーが見える。
 それに食い込む肉が、美しく噛み込んで姿を鮮明に見せる。
 二つに割れた小さなくぼみを追いかける俺は、いつのまにか写真のことを忘れかける。

「……っ速いっ!」

「俺は、中学時代は陸上部だっつの!」

 俺は女の子に抱きつくと、まもなくその子は止まる。

「ばっ! 何してるんですか、変態ですか!」

 女の子は急に抱きつかれると、顔を真っ赤にして振り解こうとする。

「変態もタコもねぇぜ! ほら、カメラを渡せ!」

「嫌だ! これは絶対に渡しません!」

 女の子はスカートのポケットに手を突っ込むと、フリフリと手を解こうともがく。

「あっ! ポケットの中か!」

 そして俺は女の子の手の上からポケットに突っ込む。

「ひゃっ! 本当に何してるんですか! 変態ですよ! 変態!」

「こちとら、その画像に人生かかってんだ!!」

「離してください! 私だって、この画像に人生かかってるんです!!」

「そんなこと知ったことか! そら、渡してもらうぞ!」

 俺は女の子の手の下に抉るようにポケットの中に手を入れる。

「いやっちょっ! そこは違っ……ひゃぁん!」

 ポケットを弄ると、四角くて硬い物が俺の指に触れる。

「これか!」

 ポケットから掻き出そうと、俺は指でそれを持ち上げる。

 クイックイッ。

 俺の指はとても繊細で、女の子が嫌がる手の下から滑らかに弄る。

「いやっ……はぁっ……うぅん……!!!!」

 女の子は熱くなる体をブルブルと震わせながら、俺の指の動きに敏感に反応する。

 女の子の後方から抱きつきながら、左手で抵抗する子を押さえつけ、右手でスカートの中を探る。
 女の子は身震いしながら、どうしようもない左手を上下に振るだけだった。

 パシャり。

 パシャパシャ。

 くちゅっ。

 パシャパシャ

 俺は血眼になって女の子が押さえ込んだカメラを取り出すために指を一本ずつ、女の子の指に絡ませる。
 張り付いた女の子の手のがまさに引き剥がされようにしているのだ。

 だがしかし。

 掻き出そうと必死に指で擦り付ける動作は、側から見れば、それだった。

「っしゃぁ! とったぞぉ!!」

 カメラを上に掲げて喜ぶ俺。

 はっはっはっ!
 やったぞカノン!
 これで、どうにかなりそうだ!

 そう、どうにかなりそうだ。

 パシャパシャ。

 そこに通りかかった歩行者が、後ろから写真を撮っている。

 振り返ると、その輝くフラッシュに焼かれながら朽ち果てる。

「……鬼畜 季本氏、彼女がいつつも公然で女の子の股間を触りまくる、の図」

 パシャり。

「最低。もう、この人嫌いだわ」

 パシャり。

「面白そうだから、とーっとこ」

 パシャパシャ。

「あっ……あっ……!」

 俺はオロオロと向けられた銃口を一つずつ眺めながら、真っ青になる。

「おいまて、違う! おい、アンタ、起きろって! 説明しろよ!」

 俺は目の前で息を荒げて倒れる女の子を抱えて立ち上がらせようとする。
 がしかし、生まれたての子鹿のようになった彼女はプルプル震えて立てない。

「……お兄ちゃん、……汚されちゃったよ」

 おいぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

 パシャパシャ、パシャパシャ!

「やっべ、逃げろぉ!」

 俺は、女の子を抱きかかえると外に続く出口へ向かう。

 パシャパシャ!
 パシャパシャ!

 銃口から放たれる死臭のする弾丸を浴びながら、俺と女の子は外へ出て行った。

 つづく。

「俺は5人の勇者の産みの親!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く