俺は5人の勇者の産みの親!!

快晴シャリラ

第27話 普通の男女なら


「まてまて、カノン! 自分で脱ぐから!」

「ちょっ! 騒がないでよ!」

 カノンが右手で俺の口を抑える。
 カノンの手が唇に触れると、なんだか頭がクラクラしてきた。

 このシチュエーション、どう考えてもマズすぎるだろ!!

 二人が密室の空間にいて、今から男女が目の前で下着を脱ぐんだぜ?!
 我慢できる訳ねえだろ!

「ほら、私が脱がしてあげるわよ。ベルト、取るわね」

 スルスルとベルトを抜き取ると、そのままバッとズボンを降ろす。

「待てっ早いっ! まだ落ち着けないんだよ、男の子は少し瞑想した後じゃないと……」

「いいわよ、私は気にしないって。リュートのモノは、もう裸にした時に見てるからなんとも思わないわよ」

「お、おい、そういうことじゃなくて!」

 とぅるりん!

 ポジションが良くなったのか、俺のタワー建設現場がギチギチと悲鳴をあげる。

 ピンク色のリボン付きパンティーの中には、伝説の子供を吐き出す魔物が住んでいる。
 その魔物は一頭龍で、今にも火を吹かんとカノンに向けて威嚇をする。

「……やっぱり、大きいのね。すごい……!!」

 カノンは感心したのか、下を見ながらふむふむと頷く。

 もう、一層の事殺してくれよ!

 俺はあまりの恥ずかしさに、我を忘れかける。

 が、目の前にいるカノンは普通のように落ち着いているのを見ると、なんだか童貞童貞しすぎて負けられない感じがする。
 カノンだって男性経験のない処女……なのか?
 まぁ、相手に負けられないと思う訳だ。

「……どうした? 脱がすんじゃないのか?」

「……なによ、急に負けん気強くなって。そんなに男性経験のない女に童貞いじりされるの嫌なの?」

 カノンはジトォっとした目で俺を見て、右手で口を押さえて嘲笑する。

「ってか、カノンだってパンティー脱げよ」

「嫌よ、なんでリュートに見られなきゃいけないの? それくらい自分で脱ぐわよ」

 ……この女!
 自分だけ見ようとしてやがる!

「だめだ、やっぱり自分で脱ぐ。向こうに体を向けない限り、俺はこのパンティーは脱がない」

「......なによ、けちん坊」

 カノンは諦めたのか、後ろを向く。

 ごそごそと服を脱ぐ音が聞こえる。
 そっか、相手もパンティー脱ぐのか……。
 やっべ、収まらん。

 俺はギチギチになったパンティーを脱ぐと、ゆっくりとそれを目の前に持っていく。

「……股間の所、デロンデロンやん」

 と小さく呟いてみる。
 と、そこには、大きな鏡が。

 あれ、カノンの尻、見えるくね?

 鏡には、カノンがズボンを脱いで、やっとパンティーに手をかける姿が見えた。
 少しだけアソコの部分が透けてるパンティーが目に入ると、俺はさらに上を向く。

 おっほっほっほっほっほ!!!!!!

 俺は血眼になりながらカノンの動向を、体が焼きつくまで見つめる。

 パンティーがもう少しでお尻の秘部に差し掛かる……!!!!!!


 おっほっほっほっほっほ!!!!!!

 カノンの手が一瞬、前方に消える。

 んっ、なんだ?

 すると、鏡に丸い光がパッと映る。
 まぶしく光るそれには、しっかりとカノンの顔が写っていた。

 手鏡だ!!

「あら、リュート君のギンギンになったとこ、見ーちゃった!」

 手鏡に映るのは大きな鏡の姿。
 大きな鏡に映るのは、半裸の俺の姿。

「甘いね、リュートは」

 ふふん、と鼻を鳴らす。

「やられたぁ……!!!!」

 俺は悔しさのあまりに上を見ながら歯を食い縛る。

 その間に、サッとパンティーを脱いで、恥部の前に鞄を持っていく。

「ほら、渡しなさい、パンツ」

 鏡でその姿を見ると、後ろに向けてデロンデロンのパンティーを渡す。
 ちょっぴりおしっこがついてるけど、まぁ問題ないだろ。

 だって、白じゃないからな?
 バレないだろ。

「……ほらよ」

「……なんか湿ってない? これ」

「汗だよ、どんだけヒヤヒヤしたと思ってんだ。嫌ならノーパンで過ごすんだな」

「……わかったわよ、履くわよ」

 パンティーを受け取ると、すぐにカノンは便座の方に向かった。
 残念ながら、その姿は鏡の角度からしても見えない。
 が、しかし、なんだか変な声が聞こえる。

「ふ……うぅん……はぁ……」

 ジョジョジョジョ。

 ウォシュレットの水は、何かに当たると、変な音を出して便器に吸い込まれていく。

 その音が止まると、ガラガラガラと、トイレットペーパーの音が聞こえて、スッスッと拭く音が聞こえる。

 ガラガラガラ、スッスッ。
 ガラガラガラ、スッスッ。

 そして、プラスチックを開ける音がする。

 ペリペリペリ、ペタッ。

 ペチンッ!

 その音から察するに、カノンの股に俺の脱いだパンティーが吸い付いた音だと思った。

 ……何かが二つの肉を締め付けながら、股の方へ登っていく。
 その想像をするだけで俺の創造した魂が膨れ上がりそうだ。

 ◆◆◆◆◆◆

「うん、スッキリ! もういいよ、リュート、こっち向いても」

 ズボンを履いた俺はやっとのことカノンと正面を向く。

 ふふっとカノンは笑うと、鞄の中に残りのナプキンをしまう。
 すでに、汚れたパンティーは袋に包んで縛っているようだ。

「……ふぅ、助かったわ、本当にありがとね、リュート」

「……割りに合わんのだが、この仕事」

「いいじゃない、こんなに可愛い私にあの大っきいの見せられたんだから。ね、露出狂さん?」

「そのネタはするな! 俺のせいじゃない!」

 俺はカノンの頭にコツンと拳を入れる。

 今回くらいは許してくれ。
 本当に気が狂いそうだった。

 二人きりで、密室で、パンツをお互い脱いで……。
 条件は揃ってた。

 我慢できたのは、あの誓いがあったからだ。

 ……『俺は、カノンとはセックスをしない』

 この誓いがなければ、確実にヤッてた。

 カノンはまたもふふっと笑うと、少しだけだが浮かない顔をする。

 ◆◆◆◆◆◆

 私は黒い髪をくるくると指で巻くと、その姿が映る鏡に、少しだけ変顔をしてみた。
 頬を膨らませると、吐き出して自分の顔が映っていると確認する。

 私は……可愛くないのかな?

 意外だった、リュートは来なかった。
 来てくれなかった。
 こんなシチュエーション、普通の男女ならヤッてる。
 もしかしたら、本当に私に興味がないの?
 あんなに熱いキスをしたのに、急に距離が大きくなった気がする。
 ……やっぱり、お邪魔なのかしら、私は。

 私とリュートは少しだけ気まずくなると、いそいそと出る準備をする。

「さぁ、出るぞ、カノン」

「分かってる、誰にも見られないように自然にね」

 ガラッ。

 私は多目的トイレを開ける。
 その後ろにはリュートが隠れていて、出来るだけ二人同時に出ないようにして、一緒に中にいたことを悟られないようにする。

「さぁ、行け、カノン!」

「えぇ!」

 そして、私は真正面に飛び出す。



 パシャり。



 真横から聞こえるシャッター音。

「……なぁっ!!」

 私はそちらを向く。

 女の子は、私とリュートが映るような角度で、あらかじめからスタンバイしていたのだ!
 女の子は、ペロリと舌舐めずりすると、そのままもう一度シャッター音が聞こえる。

「やばっ!」

 リュートは急いで隠れるが、銃弾はすでに二人の体を同時に撃ち込んでいた。

 女の子は、銃をしまうと、すぐに反対方向へ駆けていく。

「リュート! あの子を追うわよ!!」

「おっおう!!」

 つづく。

「俺は5人の勇者の産みの親!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー266256

    かなり読点多いと思うので、改善お願いします。

    1
コメントを書く