俺は5人の勇者の産みの親!!

快晴シャリラ

第23話 過ちのリュート


 ◆◆◆◆◆◆

「そろそろ始まるわよ、授業。とりあえずテルは保健室に運ぶから、リュート早く担いで」

 口に少しだけ特製ソースをつけたカノンは、腕時計を叩きながら俺たちを急かす。

「食うの早いってカノン! 味わって食えよ!」

「そうだぜ江夏さん、太るぞ!?」

 半分くらいしか食べ終われてない男二人はカノンに悪態を吐くが、さすがは王女、動じない。

「いつ戦闘になるか分からないのよ? ニホンジンって本当に呑気よね。速食って技術も必要なのよ、私たちの国ではね」

 立ち上がったカノンは、俺たちの前で足の爪先でタンタンとタイルを叩く。
 ガツガツと食べ始める俺は、カノンのぷんぷん顔をみると、ふふっと笑う。

 あらら、カノンさん、可愛いこと。

 よし、一つカノンに恥かかせて黙らせてやろうか。
 にっしっし……!

「あれ、カノン、それは新しい化粧かな?」

「は? 何? いいから早くしてよ! あと10分しか無いわよ?!」

「ったく〜しょーがねぇなぁ」

 俺は立ち上がると、カノンの顔を凝視する。

「……何?」

「まぁ、任せろって」

 そして、カノンの唇についたソースを取るために、俺は右手をカノンの顔に伸ばす。

「はっ!? ちょっ!」

 カノンは目を瞑ると、じっと動かなくなる。

 ペロッ。

 人差し指は、唇を舐めてソースを拭き取る。

「ほれ、カノンの顔にソースついてたぞー」

 にっしっし、と笑う。
 俺なりの辱めだ。

 こんな姿、周りに見られでもしたら恥ずかしいだろう?
 王女でもあろうお方が、凡人に甘やかされるなんて、プライドズタボロだろ?
 ざまぁねぇぜ!

 顔を覗いてやろうとカノンの顔を見つめてみると。

 ばちんっ!!

 俺の顔が急に右に吹き飛ぶと、爆破されるビルのように崩れ落ちる。
 俺は何事かと口を開ける。
 さっきまで目の前にあったカノンの顔が何故か遠くにある。

 足がすくんでいうことを聞かない。
 初めて、初めてカノンは真剣な顔をして俺を軽蔑した、拒絶した。
 それはネタやお笑いの為じゃない、身を守るために出た最低限の防御反応だった。

「……最低。本当に、最低」

 カノンは赤くなる手のひらを見て、そのまま愚民を見下すかのような目で俺を見つめる。

 悪質な気流を放つカノンは、その雰囲気だけで俺の甘い考えを粉々に打ち砕く。
 黒い何かがカノンを覆いながら、俺の五感すべてに怒りの感情を伝えてきた。

 そして何も言わずにカノンは振り返り、教室に向けて去っていった。

 女々しい姿のまま固まった俺は、先ほど何が起きたか分からずに、ただただカノンがいた方向の天井を見つめていた。

 もぐもぐとエータはバーガーを頬張りながら俺の肩を叩く。

「なぁ、リュート。それはお前が悪い」

 エータは、ゆっくりと最後のバーガーを口に入れると、パンパンと両手のひらを鳴らす。
 俺の肩には、特製ソースが付いていた。

「……」

 やっちまったのか、俺。
 いつものノリのつもりだったのに。
 カノンだったら、叩いた後にバカじゃない! って罵るだけだとなのに。
 なんか、急に変わったような気がするよ、カノン。
 どうしちまったんだよ……。

 ◆◆◆◆◆◆

 どんどんと靴を鳴らしながら、教室に向かっていく。

 意外にも、修羅のような顔はそこにはすでにない。
 リュートはきっと私がブチギれた理由はわかってない。
 そして私もなぜあの時ブチ切れたのかはわからない。

 両手に抱えるベルを撫でて、少しだけ呟く。

「なんで、叩いちゃったんだろう」

 どうせリュートには聞こえない呟き。

 私は下を向きながら、ただベルの頭を撫でることしかできなかった。
 なぜ、自分がリュートを叩いたのか、それはなんとなくわかったのだ。

 期待を裏切られたこと。

「……キスされるかと思った……」

 ただ、それだけ。
 それだけの事。
 キスされた、こんなところで。

 そういう判断で、咄嗟に出てしまった右手がリュートの顔を……気づいた時には叩いてしまっていたのだ。

 ただ、リュートは私のほっぺについたソースを取ってくれようとしただけなのに。

 本当に、私、おかしいわ。
 熱があるみたい。
 顔がまだ熱いわ。
 本当、リュートって……。
 なんで、リュートのことばっかり考えてるんだか。

 ……キスぐらいで叩いちゃダメよね。

 つづく。

「俺は5人の勇者の産みの親!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 快晴シャリラ

    266256さん、読んでいただきありがとうございます!
    今後もどんどん投稿していくので楽しんでいってください笑笑
    エッチな展開がお好きであればどハマりすることまちがいないです!笑笑

    1
コメントを書く