俺は5人の勇者の産みの親!!

快晴シャリラ

第12話 オトナの女の子・テルちゃん♪


 ◆◆◆◆◆◆

「頼むよ、カノン。頼むから、俺がパンティー履いて学校に来てるなんて言うなよ?」

「あなただって、私がディルドを集めてるなんて言わないでよ? 言ったらもう一回天井と挨拶することになるわよ?」

 俺の頭にお餅のようなでっかいたんこぶができる。
 美味しそうに膨らんだそれにみかんを乗せてやりたい。
 そんなくだらない冗談なんて言ってられない、遅刻だ。

「なんでそれ握ってるの! 早くカバンの中に入れなさいよ!!」

 カノンは俺の右手に持つ『31号』をカバンの中に押し込む。

「おい! 俺のだぞ! 大事に扱えよ!」

「もう鬱陶しい! バカじゃないのあなた!」

 靴をコンコンと鳴らすカノン。
 そして、ドアノブを握る。
 外の光がドアの隙間から入り込むと、また1日が始まるのだなと気合が入る。
 なんだろう、すごく気持ちがいい。

 俺の心の中に何かが芽生え始めていた。
 それはなんなのかはわからないが、すごく暖かい気持ちになっていく。
 それは、太陽の日差しが俺の心臓に直接光線を叩きつけたからではない。
 きっと、カノンのおかげなのだ。

「おっはよ! 遅いわよ!!」

 そこには、赤髪のツインテールの女の子が立っていた。
 背が低く、どこからどう見ても中学生くらいの子。
 だがしかし、今は8時半だ。
 もうとっくに中学生は登校を完了している頃だ。

「ん? 友達かよ、カノン」

 外を覗くと、少女が俺に向けて手を振っているように見えた。
 なんだろうと、右手をあげようとした瞬間、カノンは光を閉ざして鍵を閉めた。

「……なんで、あいつがいるのよ?!」

「おいカノン、誰だよ、マジで」

 カノンは焦燥に駆られてドアに張り付く。

「確かにテルから追跡されないように結界を張りながら帰ったはず……!」

 カノンはギリギリと歯を鳴らしながら、ガタガタと震える。
 すると、急に扉が揺れ始める。

 ダンダンダンダン!

「ちょっとカノン! なんでドア閉めるのよ! 開けなさいよ! ねぇ、リュート君! 早く一緒に行こうよ、遅刻しちゃうよ〜!」

 ダンダンダンダン!

「うるさいわねバカ! なんで場所がここだってわかるのよ!」

「ふふ〜♪ それはねぇ〜! 愛の力なのですよっ! ねっ、早く行こうよリュート君!」

 ドアが音を立てて軋む。

「このマンションに入れるわけがないでしょ!だってここ、12階よ!? オートロックを乗り越えてここまで飛んで来たの?!」

「おい、カノン! 誰だよ、喧嘩でもしたのか?!」

「鈍いわね、リュート! こいつが昨日、あなたを殺しかけた犯人なのよ!」

「え? そうなの?」

 俺は考え込むと、指で顎を持つ。
 どんな人だっけ?
 全然思い出せない。

「ねぇ! リュート君! 昨日はごめんね! 私、昨日はどうかしてたわ。でも、もう大丈夫、私がカノンの手から救ってみせるから!」

「あなたが一番危険なんでしょが! テル! あなたいい加減大人になりなさい!!!!」

 テル……?
 あの時の子……?
 なんだか、すげえ悪いことをした子の事しか思い出せないんだが……。

「ねぇリュート君! 私たち、これから結婚して一緒に愛を育んで、たくさん子供を産みましょう! 5人欲しいわ5人!! そんな下劣な女なんて、一回妊娠したらすぐに家に帰るつもりよ! 私なら、何回でも愛せるわ! お願い! 出て来てよ、リュート君!」

 ドンドンドンドン!

 そして、この甲高い声から割り出した答え。
 リュートはポンと手を叩く。

「あぁ、思い出した! モジャモジャの女の子だ!!」

「は?!」

「は?!」

 音が止まる。

 あれ、俺、やべえ事言ったか?

「ねぇ、リュート。そういえば、昨日テルに何をしたのかな? 変態さんなのかな? モジャモジャ? それ、どこの部位なのかな?」

 カノンの目が光る。
 指を鳴らし始めると、まるで魔物のようにジリジリと俺に近づく。

「ちょ! 待てよカノン! テルって子が勝手にやった事だ! 俺からじゃない! なぁ、まてよ、カノン様?!」

「テルに何をしたの? 私を差し置いて?」

 カノンの右手がどんどん歪んで、空気が殺されていく。
 カノンの手のひらに光が集まっていくのが目視できる。
 焼きつくような匂いと焦げ付くような匂い、これは空気が摩擦の匂いなのか?!
 怨念に近い感情を感じ取った俺は鼻水を垂らしながらこう思う。

 やっべ、殺される……!!

「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!」

 ★★★★★★

 私はドアの外で頰を持つと、茹でタコのように膨れ上がる。

「あわわわわわっ! 覚えてたのリュート君! 気絶してたと思ってたのに!!」

 首を横に振りながら、重たく閉ざされた扉の前でブツブツと念仏を唱える。
 リュート君に嫌われるわけないっ!
 私はこんなに可愛いし、嫌われるようなことはしてない!と思うし……。

「大丈夫、嫌われてない。大丈夫、嫌われてない。大丈夫、嫌われてない。大丈夫、嫌われてない。大丈夫、嫌われてない。大丈夫、嫌われてない!!!!」

 そして、私はさらに強くドアを叩く。

「ねぇ、リュート君! 昨日のことは全部夢なの! 私のアソコは確かにツルツルよ! いや、ツルツルがいいよね? きっとそうよ! だから、私、今日ちゃんと全部剃るから、私を嫌いにならないでぇ〜!!!!」

 ドンドンドンドン!!

「ねぇ、私もっと可愛くなるわ! カノンみたいな下品な女よりも、私の方がいいわ! ねぇ、返事してよリュート君! ねぇ! 何されてるの?! 今の悲鳴よね? まってて! 私が助けてあげるから!」

 ドンドンドンドン!!

 出てきて、リュート君!リュート君!!

「うるせぇぞてめえら! 何時だと思ってんだ!」

 鳴り響く怒号。
 私はあまりにもびっくりして、空を見上げる。

 左を向くと、目の下が真っ黒になった成人男性が姿を見せる。

「こっちは二徹明けの朝なんだ……。今ならお前の首ごとへし折ってもいいんだぞ……? オイなんか言えよ!」

 私はその男を見つめると、何かがじわじわと込み上げる。

「び……び……!!」

 ゆっくりと瞳の上に雫を寄せ集める。
 その姿を見た成人男性は、急に我に返って私を見つめる。

「ご……ごめんな、嬢ちゃん? ごめんな? だから、泣かないでおくれ?」

「びっ……びぃ……」

 そういうと、成人男性は右ポケットから飴玉を取り出す。

「飴ちゃんあげっから、ね?」

 それを言われた瞬間、私の涙腺が大爆発した。

「テルは立派な大人だもん!! びぃえええええ!」

「おっ、ちょっ、嬢ちゃん!!」

 ◆◆◆◆◆◆
 

 周りの人々が集まりだすと、成人男性に注目が集まる。

「え、俺が悪いの?」

 ゆっくりと私は、外の様子を見るためにドアを開けると、そこはまた新しい修羅場が出来ていた。

「……あぁ、隣人さん……。お勤めご苦労様です……本当、すみません……」

 ちなみにリュートは、私の紅葉の型をほっぺに作って倒れていた。

 つづく。

「俺は5人の勇者の産みの親!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く