俺は5人の勇者の産みの親!!

すべてのコメント

1〜20件 / 全62件

  • ノベルバユーザー281402

    解答ありがとうございます!続きがきになるので、なろうの方に先回りしたいと思います!

    1
  • 快晴シャリラ

    281402さん
    はい!なろうで主に活動しています!
    なろうの方では本日100話を更新してます!
    番外編などもあるので、この作品を気に入ってくださっていたならばそちらも是非読んで見てください!

    1
  • 快晴シャリラ

    ヘベレケさん
    うーん、リュート君よりかは小さいですよー笑笑

    0
  • 快晴シャリラ

    アルさん
    読んでいただきありがとうございます!
    そう言っていただき光栄です!

    0
  • 快晴シャリラ

    パンドラ♩さん
    読んでいただきありがとうございますドラ!笑笑
    テルちゃんはヤンデレですよー笑
    でも、この小説の中では一番人気のキャラなので、これからの活躍も是非見てあげてください!

    0
  • 快晴シャリラ

    刀さん
    確かに、物語ではありますがありえないシチュエーションすぎるのは良くないですよね。
    これからはあまり違和感がないよな物語を作れるように専念したいと思います。

    0
  • 快晴シャリラ

    チェミミさん
    厳しいご指摘ありがとうございます。
    読み返したみましたが確かにそうですね...。
    これからはこのような現実並ばないような事を書くことがないように努めます。
    大変申し訳ございません。

    0
  • 快晴シャリラ

    アズレン最強!さん
    ご指摘いただけきありがとうございます!
    予想の通り、アリア(ヴァンパイア族)は純銀が弱点です!
    書いてあったような気もしますが、もう一度自分で見返して足りない部分を補って行こうかなと思います!
    また、評価頂きありがとうございます!
    100点満点がいただけるようにこれからも精進してまいりますので、今後もよろしくお願いいたします!

    0
  • 快晴シャリラ

    可愛いは正義さん
    そう言っていただけて嬉しいです!
    テルちゃんはエータ君が大好きですからね〜笑
    これからのテルちゃんも是非見てあげてくださいね!
    頑張っちゃいますよ〜!笑笑

    0
  • 快晴シャリラ

    ひらおっ。さん

    あー、片脚立ち!!

    って感じですね笑笑

    0
  • ノベルバユーザー281402

    この作品ってなろうやカクヨムに投稿してたりしますか?

    1
  • アズレン最強!

    矛盾点の報告です。アリアは心臓に杭を打たれても死なず、首を切り落とされても死なないって言っていたにも関わらず、チャルダッシュの斬首で死んでことになっています。もしかして純銀のダガーのみは弱点だったりするんですか?設定が曖昧すぎてよくわかりません。
    感想としましては、面白いですが、細かな設定が少なくて読者が混乱する部分がいくつかあります。そこは作者様の技量で補ってあげたら良いと思います。点数的には100点満点中60点くらいですね。もう少し文章力や描写を加えれば書籍化目指せるんじゃ無いでしょうか?発想力は本当に満点をあげたいです。(すみません、偉そうな文章で)
    それでは、これからも頑張ってください。

    2
  • パンドラ♩

    読ませて貰ってるドラ!最初のリュートとカノンが死んじゃうシーンで、ものすごくグロい話かと思ったけど、エッチな話だったドラね!テルって子、ものすごくヤンデレドラね!これからの展開がすごく楽しみドラァ!!

    1
  • 刀

    くらっしゃーさんに同感だけど、物語だからねww普通にいい話やん

    1
  • アル

    面白い

    1
  • 可愛いは正義

    こんな可愛い女の子と恋ができたらいいのになぁ(*^^*)テルが一番可愛い!

    1
  • 快晴シャリラ

    ぴろるさん
    YouTube rだったらやってましたね笑

    0
  • 快晴シャリラ

    まさまるさん
    実は...男です!
    でないと、こんな話書けませんよ笑

    0
  • チョミミ

    リュートの意味不明な奇行にキュンってするカノンって頭おかしいんじゃないの?

    5
  • くらっしゃー

    一晩でここまでくっつく女とか尻軽かよ。

    1

あなたもコメントを
送ってみませんか?

感想や考察などコメントを残すことで作者・読者間の交流ができたり、作者へのモチベーション向上に繋がります。
ぜひ、作品や作者へコメントを送ってみましょう!