クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

174話 心の整理

 俺……これからどうしよう……
 今の状態のままシェレールに会ったら正直どうなってしまうか分からない。
 どうしよう……一人でどこかに行くか?
 ………それもありだな。
「クロム……みんなに伝えてくれないか?」
「え?」
「少しの間、一人になりたいから旅に出て来るって。」
「……そ、そんな!み、みんな……心配するよ……」
「………でも、どうせこのまま会ってもみんなを心配させると思うし、それなら一旦一人で考え込むのもいいかなって……」
「……………」
「………頼むな……シェレールにもごめんって言ってくれ。」
 これでいい………みんなとは一旦距離をおく必要があるんだ。
 もともと俺は、嫌われもんだ。一人には慣れてる。
 大丈夫、一人でも。
 ………
「じゃあな………」
 俺は、最後にクロムに手を振って去って行こうとする。
「……………………………ダメ………」
「………何がダメなんだ?」
 去ろうと思ったのに……クロムのその言葉に足を止めて聞き返してしまった。
「………竜斗、今さっきから……自分の気持ちに嘘をつきっぱなしだよ!」
「ああ、そうだ。俺は、嘘つき者だからな。」
 たぶん……このシェレールが好きっていう気持ちも………クロムには嘘と見えるんだろうな。
「………だから今の俺にみんなと会う資格なんてないんだよ。あそこは暖かすぎる。たぶん嘘つき者の俺だって許してくれる。そんなのはダメだ。だから……しっかりと自分の気持ちを分かった上でまた会いに行くかも・・しれない。」
「………竜斗……誤解してる……」
「誤解?何を誤解してるんだ?」
「竜斗……シェレールに会いたくない……みたいなこと思ってた………」
「まぁ……確かにそんなこと思ったな。」
「それが……嘘……」
「………は?」
「竜斗が……シェレールに会いたくないって言うのが嘘……なの……」
「………」
 クロムが何言ってるのか分からない。
 シェレールに会いたくないのが嘘?………まぁ、確かにシェレールとはずっと居たから離れるのは寂しいけど……今の状態のまま会ったらおかしくなってしまいそうだ。だから……俺はシェレールに会いたくない。
「また嘘ついた。竜斗……は……シェレールのこと……嫌い?」
「べ、別に嫌いってわけじゃ……」
 シェレールのことは嫌いなわけがない。だが、前まで大好きって言ってたがそれが嘘なんじゃないかって思うと怖くて……
「……竜斗……今から言うことは嘘じゃない……からちゃんと……聞いて……ね?」
「………ああ、分かった。」
「………竜斗は……シェレールのことが好き……これは間違いじゃない……絶対に……たぶんそれは、私よりも竜斗自信が一番……分かってるはず……」
「……でも……」
「竜斗は……シェレールの気持ちが分からないことが嫌で……それから逃げるために……そんな変なことを思ってるだけ……竜斗は……誰よりもシェレールのことが……好き……なの……」
 ドクン!
 心臓が大きく跳ねる。
 なんだ……今のは……
「実際にシェレールに会えば……分かるよ……」
「……でも……今の俺なんか見て……シェレールは絶対に幻滅する……」
 顔もぐちゃぐちゃ……心もぐちゃぐちゃ
 こんな状態なんかで会いたくない。
「大丈夫……だよ……シェレールも……竜斗のこと……大好き……だから……それに……竜斗自身が……1番会いたがってる……でしょ?」
「………ははっ……そうだよな……」
 嘘をついていたのは……俺の気持ち……なんだよな……
「なぁ……クロム……俺、今どんな顔してるかな……泣いてるかな?……悲しい顔してるかな?」
「ふふっ……とってもいい顔してるよ……」
「そうか……」
 今さっきまでザワザワしていた心が今は、だいぶ落ち着いている。
「………竜斗!」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く